デッドプール

6


デッド・プール

「デッドプール」
原題:Deadpool
監督:ティム・ミラー
2016年 アメリカ映画 108分 R15+
キャスト:ライアン・レイノルズ
モリーナ・バッカリン
エド・スクレイン
T・J・ミラー
ジーナ・カラーノ

元特殊部隊の傭兵だったウェイドは、悪者を痛め
つけては小遣いを稼ぐ日々を送っている。彼には
バネッサという恋人もでき幸せの絶頂にいたが、
末期ガンに冒されていることを知るのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ もう笑いの連続。派手な
映像と洒落た音楽で楽しかったです。


「X-MEN」のスピンオフ作品とのことですが、その
シリーズはほぼ見ていないので、全くの未知のキャラ
として鑑賞しました。ちょいちょいつながりがわからない
ところがあっても、テンポのいいストーリーと、破天荒
でおバカキャラがすっかりはまっているライアン・レイノルズ
の演技が楽しかったです。ライアン・レイノルズは「リミット」
(2010)でそこそこ良かったのに、「グリーン・ランタン」
(2011)でずっこけてしまったので、この映画の評判が
上々できっと喜んでいることでしょう。(勝手に思う)
「第四の壁」をいきなり超えて、観客に語り掛けるシーンから
始まり、デッドプールが例のいでたちで、道路上を大暴れする
シーンへと怒涛の突入です。


デッド・プール

コロッサスとネガソニックが、彼を止めに来ると、鋼鉄の体の
コロッサスに、デッドプールは両手&片足をへし折られちゃう。
ついでにその隙にせっかく捕まえた目的の相手、フランシスを
取り逃がしちゃうし。でもデッドプールの体は再生するので、
手首を切り落として逃走します。「127時間」のネタバレって
そのものずばりじゃん。
彼がどうしてこんな姿になったのかとか、なぜフランシスを追う
のかは、時折入り込む回想シーンでつながっていくのです。


デッド・プール

元特殊部隊の傭兵をしていたウェイドは、ちょっと悪い奴を痛め
つけては、小遣いを稼いでいると、バネッサなんて可愛い子と
出会います。2人の不遇な幼少期の不幸自慢対決も、酷すぎて
笑えてしまう。なんやかやでプロポーズに成功するも、彼は
末期がんだとわかってしまうのです。衰弱して死んでいく姿を
彼女に見られたくない、とウェイドは
「ガンを治し、誰もが妬むような能力を持たせる」
という超おいしい話に飛びつくのですが、それを主宰しているのが
フランシスなのです。フランシス役は「トランスポーター
イグニション」(2013)のエド・スクレイン。


デッド・プール

エンドクレジットで「so cool」と出る通り、かっこいいです。
彼の相棒らしきエンジェル役は「エージェント・マロリー」
(2011)のジーナ・カラーノで、さらに一層からだが大きく
なった気がします。ネガソニックだってぶっ飛ばせちゃう。
スロー映像で銃弾が体を撃ち抜くシーンや、派手に血しぶきが
飛びまくり、腕も足も頭もぶっ飛ぶ映像も、全然怖くない。
でも結構リアルだから血の苦手な方は要注意です。
銃だけでなく、背中につけた2本の刀を使っての立ち回りも
見事で、最後まで飽きることなく見られました。字幕がかなり
ソフトになっているらしく、本当はすごい下ネタを言っている
というのもちょっと興味をひかれましたね。






  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


コメント
楽しい映画でしたよね、
XーMENのスピンオフキャラのようですが
そんな事関係なく楽しめる映画でした
第四の壁なんて一杯破ってる映画もたくさんありますが
こいつは話
輪をかけて観客にうるさいほど話しかけてと言うか、説明までしてくれちゃう
シモネッタは英語がネイティブ並みに理解できると、面白さも倍増するのでしょうけども
ヒーローがヒロインを助けると言う王道のプロットをシモネッタでコーティングしただけの映画なんですが、続篇を期待しちゃいますよね
  • morkohsonimap
  • 2016/06/02 7:54 PM
スピンオフですか。このキャラは知りませんでした。日本ではR15ですが、アメリカはR17らしいからもっと規制が厳しいんですね。ジョークを交えながらの切り株映画っぽいのでしょうか?予告を見る限りではあまり感じられませんが。このキャラを知らなくても、テンポ良く見られると劇場鑑賞した甲斐がありますね。タイトルが「ダーティ・ハリー5」からきているとは知りませんでした。
  • あちゃ丸
  • 2016/06/02 8:53 PM
マープルさんおはようございます。

どんどん大袈裟で複雑化していくヒーロー映画に対するアンチテーゼとしての単純化。いわゆるヒーロー映画をメタ化したアンチヒーロー映画として非常に面白かったですね。どうやら字幕よりも吹き替え版のほうが過激なようですよ。そっちでもっかい観るのも手ですよね。
  • スパイクロッド
  • 2016/06/04 9:32 AM
morkohsonimapさん、コメント&TBありがとうございます。とにかく面白いの一言に尽きました。第四の壁というのは、あとから気づくほど普通に話しかけてきましたね。
そうそう字幕で表現できない英語を理解できたら、楽しさ倍増だったのに〜。
実はストーリーは王道ものなのに、おまけにグロいのに、続編をものすごく期待します。
またやらかしてくれそうで楽しみです。
  • ミス・マープル
  • 2016/06/05 7:18 AM
あちゃ丸さん。
スピンオフといわれても、そもそも「X-MEN」をほとんど見ていないし、このキャラは地味目のものだったらしいです。
アメリカではR17ですか?
グロさと言葉の汚さの連発だからでしょうね。
劇場で見ると本当に語り掛けてくるようでしたよ。
題名が「ダーティーハリー5」からきているんですか。それは初耳です。さすが、あちゃ丸さんだ!
  • ミス・マープル
  • 2016/06/05 7:22 AM
スパイクロッドさん、コメント&TBありがとうございます。
まさにその通りです
スケールが大きくなるばかりのアメコミヒーローをアンチヒーローとして描いていて面白かったです。
吹き替え版の評判がいいようなので、もう1回見てみようかな。
あそこは何て言ってたのかな?というシーンがいくつもありましたね。
  • ミス・マープル
  • 2016/06/05 7:24 AM
数々の映画ネタに笑い、
ヒュー・ジャックマンのお面には爆笑でした。
アメコミ映画は、シリアスなのよりコミカルな方が好きです。
風子さん、コメント&TBありがとうございます。
自虐ネタも多く笑いっぱなしでした。
マスクをとったらヒュー・ジャックマンのお面って。最初から用意していたのね。
アメコミ映画は「キル・ビル」が一番好きだったけれど、これが一番に変わりました。
  • ミス・マープル
  • 2016/06/08 8:10 AM
こんにちは。
台詞が面白かったです。
吹き替えで見ましたが、字幕よりも過激で中々の楽しさでした。
再生能力があるってのはいいですよ。
ほぼ不死身な状態ですから無茶しても許されるてのが可笑しさをも生み出してました。
  • ヒロ之
  • 2016/10/09 4:27 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
吹き替えの方が好評のようですね。字幕はピー言葉はソフトに変えられていたので、一生懸命聞いている英語とはかなり違う翻訳になっていた...と思う。
いろいろな映画のパロディもあってとても楽しめました。
  • ミス・マープル
  • 2016/10/10 10:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
6月1日から公開なのですね、TOHOシネマズチェーンでの公開ですが 6月1日って水曜日だよね、ってことで1日の映画の日だったのね、水曜日だしレディースデイ ってのもあるのかな、ウイ ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2016/06/02 7:45 PM
自作のマスクで暴れる憎めない奴キティちゃんとワム!が好き 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/deadpool6月1日公開 かつて特殊部隊の有能な傭兵として活躍したウェ
  • 風に吹かれて
  • 2016/06/03 11:46 AM
映画『デッドプール』の感想とイラストです。ネタバレはしておりません。クソ無責任ヒーローが下ネタと過激なバイオレンスを披露しながら第四の壁を突破する。これは高度にメタ化 ...
  • 映画を観たからイラスト描いた
  • 2016/06/04 9:27 AM
元特殊部隊の隊員から傭兵に転身した男が、 末期癌を宣告され、治療の為、人体実験の被験者となる。 ミュータント化し驚異的な治癒能力を手に入れるが、 身体がケロイド化。復整手術させる為、施術者を探すが... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)
  • cinema-days 映画な日々
  • 2016/06/16 6:58 AM
今更ながら「デッドプール」なのである。評判が良いのは知っていたが、なんだかんだで観る機会を逸し今日まで来てしまった。元々が別にライアン・レイノルズ好きではなかったというのも一因かもしれない。だが、ライアン・レイノルズは予想以上であった。セクシーでイケ
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/09/20 5:26 PM
DEADPOOL 2016年 アメリカ 108分 アクション/ヒーロー/コメディ R15+ 劇場公開(2016/06/01) 監督: ティム・ミラー 製作: ライアン・レイノルズ 製作総指揮: スタン・リー 出演: ライアン・レイノルズ:デッドプール/ウェイド・ウィルソン モリーナ
  • 銀幕大帝α
  • 2016/10/09 4:04 PM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2016年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:108分  原題:DEADPOOL  配給:20世紀フォックス  監督:ティム・ミラー  主演:ライアン・レイノルズ      モリーナ・バッカリン      エド・ス
  • La.La.La
  • 2016/10/10 11:13 AM
下品でくだらないだけれど、面白い。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2016/12/27 11:44 PM
監督:ティム・ミラー 出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T・J・ミラー、ジーナ・カラーノ、ブリアナ・ヒルデブランド、レスリー・アガムズ、カラン・ソーニ、ジェド・リース、スタン・リー、ステファン・カピチッチ、カイル・キャ
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2017/02/10 8:10 PM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM