クロユリ団地

5

JUGEMテーマ:邦画

 

クロユリ団地

 

「クロユリ団地」

監督:中田秀夫

2013年 日本映画 106分

キャスト:前田敦子

     成宮寛貴

     西田尚美

     手塚理美

     勝村正信

 

<お勧め星>☆☆ 全然怖くない。雰囲気は

あるんですけどねえ。

 

ネタバレ

 

色遣いや古い団地など雰囲気はあって、中盤までの

ミスリードはうまいなあ、と思います。その辺りまでは

前田敦子さん、結構セリフも聞き取れるし、演技も普通

にできると思っていたら、あたた。

いつの時代に建てられたのかと思うほど古いクロユリ団地

に引っ越してきた二宮一家は、両親と明日香、そして弟の

サトシの4人家族なのです。なぜか古い箱だけが1つ荷物

に混じっていて、?と思うけれど、ここはあとでしっかり

回収されます。通路の電灯が切れかかっているのにいつまでも

交換されないような管理の悪い団地になぜ引っ越してきたのか、

それはホラー映画のお約束の雰囲気づくりでしょうか。

一人ルンルン散歩をする明日香は、公園の砂場で1人で遊ぶ

ミノルという少年と出会うのです。そして家に戻ると、夜中に

案の定隣の部屋から、不気味な物音がします。朝5時半に鳴り

響く目覚まし時計。不思議なことに夜中にお茶を飲みにキッチン

に行くと、なぜか荷物が少ないし、母を呼んでも応答がありません。

さらに毎日繰り返される両親の同じ会話。

「今度はお休みよね」

「大丈夫と思うよ」それ、昨日も一昨日も言ってたよ。

 

クロユリ団地

 

そして明日香はなぜか隣家の篠崎の家に勝手に入って行きます。

おい、なぜに固執する?つかない電灯や、散乱したゴミの山を

映していくうちに、その先に必ずや恐怖映像があると思ったら、

ずばりその通りでしょう!老人が壁をカリカリしたまま、息絶えて

いたのです。つまり、明日香が聞いた音はこの音だったわけで、

明日香大ショーック。その後遺品整理に来た清掃会社の笹原の

助けを借りることになるのですが、明日香がいつ笹原の電話番号を

ゲットしたのか不明です。笹原もなぜにこんな地味な子の話を必死

で聞くのかも不思議だったけれど、まあ、彼の恋人が、自分の

起こした交通事故で植物状態になっていて、彼女の境遇に同情

したのかな?いや、その事実はまだ知らなかったはず。

 

クロユリ団地

 

そして話は進み、明日香の前に「お前、死ぬ」という老人の幻影が

出現すると、もうヒーハー、ヒーハー、大変なんです。よく過呼吸

にならなかったな。実は明日香の家族はバス事故で明日香以外全員

亡くなっており、一人生き残った彼女は、自分を責め続けていると

わかってくるのが後半です。なるほどそれが前半の家族のシーンの

違和感だったのね。また、ミノルも実は13年前に亡くなっており、

その子と親しくなった明日香に身の危険が及ぶということで、笹原

紹介の霊媒師登場。手塚理美さん、頑張るけれど、なんせ霊が強い

のか、当事者がバカなのか、遂に吐血してしまう。終盤付近のお祓い

のシーンと団地のドアを開けるか否かの攻防はスリルが少しあります。

 

クロユリ団地

 

個人的にはチャッキー化したミノルがよかったですね。焼却炉に

張り付いた姿は、なかなか好みの絵です。

そんなこんなで多分頭が完全にイカれた明日香を連れに来た叔父

夫婦に、のんきな警官は「落ち着いたら話を聞きますわ」とか言う。

おい、それより病院に連れて行った方がいいんじゃないの?

霊はものではなく、人の心に憑くと霊媒師が言ってたけれど、その

恐怖があまり伝わらなくて残念です。ヒロイン以外はみんな演技が

上手でした。(うふ)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 

 

 


関連する記事
コメント
Jホラーは世界的にも今や注目されるようになりましたが、これは怖いとは言える範囲じゃないと思いますが・・・。小中学生向けかなと(^_^;)アスカの家族が何か様子がおかしいのは気になってましたが、そこら辺のオチは「シックス・センス」とか「アザーズ」ぽさを感じました。「仄暗い水の底から」とかも子供が出てくると、恐怖感が半減しちゃうかもしれませんね。
  • あちゃ丸
  • 2016/07/15 9:57 PM
あちゃ丸さん。
「仄暗い水の底から」は主演女優の演技力で結構怖かったです。これはねえ。
ヒーハー演技が恐怖を表すと思っていたら大間違いですよね。プンプン!
「リング」「呪怨」は怖かったのに、いまやアイドル映画になってしまいました。
  • ミス・マープル
  • 2016/07/19 3:24 PM
3年経ったら「そういや怖くなかったな」って印象しか残ってないんすが、この頃の成宮君はまだ信頼のおける男の役をやってたのですね。「相棒」以来、一皮剥けたけど剥け方がイビツで善人が似あわなくなった気がします。
  • ふじき78
  • 2016/07/19 9:57 PM
ふじき78さん、コメント&TBありがとうございます。
成宮君の扱いが酷かったけれど、「相棒」のせいで、心の奥は「悪者」なんてイメージがついてしまって残念ですね。
この映画はすぐに忘れるほど、全然怖くない内容でした。
  • ミス・マープル
  • 2016/07/20 11:10 AM
いやあ、しかし
みのる君のCGはひっどいものでしたね
理由付けも甘いし、ここがもっとしっかりしてたら不気味さは感じられたのかもしれないのに。
恋と呪いという対極に感じる花言葉をもつ「クロユリ」、ほんと勿体無い出来です
  • maki
  • 2016/07/20 1:30 PM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
本当にミノル君はすごいCGでしたね。クロユリが時々映るけれどあまりというかほとんど意味がなくて、不気味さを感じさせませんでした。
あの「リング」の監督の映画とは思えませんねえ。
  • ミス・マープル
  • 2016/07/20 4:28 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2013年 日本 106分 ホラー 劇場公開(2013/05/18) 監督:中田秀夫『Chatroom/チャットルーム』 企画:秋元康 出演: 前田敦子:二宮明日香 成宮寛貴:笹原忍 勝村政信:二宮勲 西田尚美:二宮佐智子 佐藤瑠生亮:二宮聡 並樹史朗:二宮武彦 筒井真理子:二
  • 銀幕大帝α
  • 2016/07/16 9:06 PM
なにこれ全然怖くない・・・気の毒なだけ・・・  
  • Akira's VOICE
  • 2016/07/19 3:40 PM
ここでもあっちゃんがセンターで仕切っていた 公式サイト。秋元康企画、中田秀夫監督、前田敦子、成宮寛貴、勝村政信、西田尚美、田中奏生、並樹史朗、筒井真理子、諏訪太朗、手塚 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/07/19 4:19 PM
指切り… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305180002/ クロユリ団地 (角川ホラー文庫)加藤 淳也 堀江 純子 三宅 隆太 角川書店 2013-04-25売り上げランキング : 7156Amazonで詳しく見る by G-Tools クロユリ
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2016/07/19 4:55 PM
『リング』シリーズや『仄暗い水の底から』などの鬼才、中田秀夫がメガホンを取ったホラー。とある団地へと引っ越してきた女性が、そこで続いている変死事件の真相を追ううちに想像を絶する恐怖を体験していくさまが描かれる。『苦役列車』の前田敦子がヒロインにふんし
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/07/19 8:47 PM
評価:★★【2点】(10) 今月末で有効期限が切れる株主優待券が1枚残ってた!
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/07/19 8:49 PM
五つ星評価で【★★あっちゃんの映画だから誉めたいんだけどね】 秋元康プロデュースの映画だから怖い筈がないというのは正論だろう。 恐怖どうこうではなく、それに関係する女 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2016/07/19 9:54 PM
笹原の役立たずっぷりには笑った。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2016/07/19 10:36 PM
【出演】  前田 敦子  成宮 寛貴  田中 奏生 【ストーリー】 老朽化したクロユリ団地へと移り住んできた明日香は、隣室から聞こえる何かを引っかくような音に辟易していた。ある日、鳴りやまない目覚まし時計の音を発端に、隣室で亡くなっている老人を見つけてしま
  • 西京極 紫の館
  • 2016/07/19 10:43 PM
甥っ子と札幌街なか観光の最期の〆に見てきました。甥っ子が見れるような作品で、レーティングもOKなのってこれくらしかなかったというのもあり^; ま、微妙…というのが最初に思った印象でしょうか。途中から物語がかくっとかわってしまったみたいなね。全く怖く
  • いやいやえん
  • 2016/07/20 1:28 PM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM