コンフェッション 友の告白

4

JUGEMテーマ:韓国映画全般

 

コンフェッション

 

「コンフェッション 友の告白」

原題:Confession

監督:イ・ドユン

2014年 韓国映画 114分

キャスト:チソン

     チュ・ジフン

     イ・グァンス

     チョン・ジユン

     ファン・チェウォン

 

中学の同級生、インチョル、ヒョンテ、ミンスは

成長した今も大の親友である。しかしヒョンテの

母親が経営するカジノで強盗放火事件が起き、母親が

遺体で見つかり、父親が大やけどを負ってしまう。

ヒョンテは独自のルートで調べるうちに意外な犯人に

たどり着いてしまうのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆半 男の友情を強く感じる男臭い

映画です。

 

 

ネタバレ

 

 

すごくわかりやすいキャラ設定だし、ストーリーも韓国

映画にしては単純なんだけど、ラスト付近だけモヤモヤ

します。あのミンスの携帯音楽プレーヤーは、彼がうっかり

落としていたのかしら?それなら納得がいく。インチョルが

それを盗み、助けを呼ぶと言ったまま、1人で下山したと

考えたヒョンテが全て間違っていたということですね。

そのヒョンテだって、ミンスを置いて下山しようと一度は行動

しているのだから、実は正義感にあふれていると思えた彼が

一番狡猾だったのかもしれないな。

ジョンドン中学の同級生で悪友のインチョル、ヒョンテ、ミンス

は卒業式をすっぽかし、学校から卒業証書と没収された物品を

持ち出して、山に登って記念撮影するんです。

 

コンフェッション

 

尾崎豊の「卒業」を思い出す光景。でもミンスはドジで山から

転落し、頭にけがを負うし、ついでに雪も降り始めるのです。

見つけた小屋で夜を明かして目を覚ますと、インチョルの姿が

ない。それがヒョンテがずっと抱き続けた彼への疑惑の始まり

だったかもしれません。自分がしようとしたことを彼が先に

したのではないかと。結果的にインチョルが捜索隊を呼んで

きたから、3人はちゃんと助かり、成長しても大の仲良しなんです。

 

コンフェッション

 

頭はキレるけれど、ワル知恵の働くインチョルは悪徳保険外交員。

唯一家族を持つヒョンテは正義感あふれる消防士。そして実家の

酒屋を継いだミンスは、相変わらずオツムが弱いまま。

ヒョンテの妻が耳が不自由なことを気に入らない、ヒョンテの母は

彼とは疎遠になっており、その代わりにインチョルが様子を見に

いっては、ついでに保険の契約をとって来るのです。この辺りは

要領がいいなあと思うけれど、他でやっている保険金詐欺をここで

行おうとは、全く考えていなかったはず。だからヒョンテの母に、

悪い話を持ち掛けられても、即答しないんですよ。さらに一人では

そんな勇気も出ず、ミンスを誘うんです。

「みんなが幸せになるんだな」

ミンスは心がきれいな人なんですね。でも上手くいくはずだった

計画が思わぬアクシデントに遭ってしまい、ヒョンテの母は死亡。

父は大やけどを負い、店は全焼するんです。強盗放火殺人事件なら

日本なら重罪で、警察が大々的に捜査するはずなのに、そこは韓国。

警察が捜すのは、そこにあったはずの店と警察署長とのわいろの記録

なんですよ。そんなわけで復讐に燃えるヒョンテは独自のルートで

犯人を捜し、自らの手で決着をつけようと考えるのです。

その過程で3人の友情に少しずつ亀裂が入り、事態はどんどん悪化

していくのを、まるで坂から転がり落ちていくかのように描いて

います。この映画では女性は話にあまり絡んでこず、あくまでも

男同士の絆について映し出されます。

映画内でミンスが泥酔し、嘔吐するシーンは、イ・グァンスが実際に

酒を飲み、演じたとのことで、様々なシーンでリアリティを感じる

のは、そういう細かな作り方に起因しているのかもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
旧知の友という絆で結ばれた3人なのに、良かれと思ってやったことがまさかの結果に。ホントの事なんて言える状態じゃないですよね。ヒョンテのお母さんから持ちかけられた話がきっかけとなると、もっと言い難い複雑な心境。ヒョンテは全貌が明らかになった時、許すことができるのか。もう昔の様な友情は戻ってこないのでしょうか。
  • あちゃ丸
  • 2016/08/21 2:15 PM
あちゃ丸さん。
そうなんですよ。みんなが幸せになるはずだったのに、ちょっとしたアクシデントから、あっという間に3人の心が離れ始めるのです。でも生き残ったヒョンテが実は一番ずるかったのかな?と思ってしまうんです。全貌を知っているのは、亡くなった母親だし、それとて自分の結婚のせいで疎遠になっていたのを、インチョルがかろうじてつないでくれていたのだから。女性があまり登場しない男臭い映画もいいですね。
  • ミス・マープル
  • 2016/08/21 3:17 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
こういう哀しくて救いのない韓国映画らしいのは大好き。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2016/08/28 11:11 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM