禁断のケミストリー

4

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

 

禁断のケミストリー

 

「禁断のケミストリー」

原題:Better Living Through Chemistry

2014年 イギリス=アメリカ映画 92分

監督:ジェフ・ムーア

   デヴィッド・ポザメンティア

キャスト:サム・ロックウェル

     オリヴィア・ワイルド

     ミシェル・モナハン

     ベン・シュワルツ

     レイ・リオッタ

 

義父の薬局の店長を務めるダグは、妻や息子から

バカにされ、まじめだけが取り柄の男である。そんな

彼が薬を配達した先で、エリザベスという美女と

出会ってしまう。

 

<お勧め星>☆☆☆ 退屈ではありませんが、大笑い

するほどでもなく、ラストも凡庸で普通のコメディです。

 

主役の気弱で妻カラに頭が上がらないダメ男ダグ役は

サム・ロックウェル。

 

禁断のケミストリー

 

彼は妻の父が経営していた薬局の店長をしているものの、

妻は父親の言うなりだし、一人息子イーサンも、彼の言葉に

耳も貸しません。明らかに問題行動を起こしているのに妻は、

「あなたがしっかり話をして!」と言うし義父は、

「男らしくなれば変わる」などと言う。

めちゃくちゃイラつくけれど、気弱なダグは言い返すことも

なく、ひたすら薬局の仕事に精を出すのです。とはいえ、ここ

でも店員ノアの仕事まで押し付けられて、残業して薬を配達

することになります。でもこの時、金持ちのロバーツ家で、美人

のエリザベスと出会うわけですよ。

 

禁断のケミストリー

 

オリヴィア・ワイルド演じるエリザベスが、ちょいと誘惑する

けれど、生真面目なダグは、しっかり薬を届けて帰宅。

この2人が再会するのは、カラの自転車仲間に無理やりつき

合わされて、サイクリングした後の店でのことです。自転車の

インストラクターをし、ツール・ド・ウッドベリーの連続覇者の

カラの速さについていけるはずもなく、ダグが到着したころには

散会しており、そこで夫にすっぽかされたエリザベスを見つける

のです。寂しい者同士...。

「あなたはわたしに自由と癒しを与えてくれるわ」

あれま、物は言いようで、クソ真面目のつまらない男もこういう

風に褒めることができるわけだ。ついでに薬依存症の彼女の入れ

知恵で、ドラッグ入り鎮痛剤やら向精神薬やら使ったら、世の中

バラ色!これはいけませんね。この後に落とし穴がありますね。

いえ、ないんですよ。すっかり自信がついたダグは、息子からも

信頼されるし、最強ドラッグによって、ツール・ド・ウッドベリー

で、なんと優勝してしまいます。この辺りの自信に満ち溢れていく

ダグの表情をサム・ロックウェルが上手く演じています。

そしてエリザベスの悪魔の囁き

「夫ジャックは心臓が悪いの。薬の量で死んじゃうかも」

を聞き、ジャックを亡きものにした後、2人で駆け落ちしようと

決意しますが、薬物取締局がやって来たリ、イーサンの学校での

「父親が来る日」に参加したりとあれこれしているうちに、店員

ノアが薬物の過剰摂取で店内で死亡してしまうのです。これで

今までのダグの違法行為はチャラ。ついでに駆け落ちもなし。

自分の店に名前を変え、義父にへつらうことをやめたダグの姿でend。

うーん、ブラックコメディなら、実はカラもダグを亡きものしよう

としていたとか、エリザベスはダグをだましていたとか、違う展開

の方がおもしろかったのに。

ラストにこの映画のナレーターをしていたジェーン・フォンダが

ダグの薬局を訪れ、ビデを買っていくところはおかしかったな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


コメント
まじめな人ほど、ハマってしまうと暴走してしまうわけですね。不倫に走り薬漬けになるし、今までにない幸せを感じたのでしょうね。ラストは都合良すぎますが、男として、父として、夫としての威厳が持てるようになったのは良かったかも?しれませんね。
  • あちゃ丸
  • 2016/09/10 10:25 AM
あちゃ丸さん。
まあおもしろいんですが、ちょっと下品だし、都合よく話が進みすぎるのが難点ですね。
登場人物の個性が強いのにそれほど生かされていない気がしたなあ。ダグの変貌はすごいですよ!
  • ミス・マープル
  • 2016/09/10 11:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM