ダブル・リベンジ 裁きの銃弾

5

JUGEMテーマ:アクション映画全般

 

ダブル・リベンジ

 

「ダブル・リベンジ」

原題:Montana

監督:モー・アリ

2014年 イギリス映画 108分

キャスト:ラース・ミケルセン

     マッケル・デヴィッド

     ミシェル・フェアリー

     ズラッコ・ブリッチ

 

ボスニア紛争時、仲間に妻子を殺害されたディミトリは

復讐相手がいるロンドンでその時を待っていた。彼は

ギャングの下っ端で働くモンタナという少年を救い、

その少年に戦い方を教えていくが...。

 

<お勧め星>☆☆ 何とも微妙な内容です。ストーリーは

散漫だし、アクションも地味。

 

主役のディミトリ役はマッツ・ミケルセンの兄

ラース・ミケルセン。この味わい深い顔立ちはこれまでの

苦労を集約しているかのようです。

 

ダブル・リベンジ

 

原題は、彼が窮地を救ったギャングの下っ端で働く黒人の

少年の名前「Montana」。邦題はどう見ても後付けで、

2つの復讐劇とわかるのは、映画がだいぶ進んでからのこと。

冒頭のボスニア紛争時、仲間の民兵に妻子を殺害された男の

復讐をメインにするのであれば、その仇が今やロンドンで

ギャングのボスをしており、そのボスの座を狙う手下の動きや、

汚職警官とつるむ姿、ドラッグ中毒の姉を持つジェスとモンタナ

との恋話などは不要。

 

ダブル・リベンジ

 

まずロンドンで起きる悪人ばかりを狙った連続殺人の意味が

よくわからない。多分、紛争時民兵だった連中が身を落として

いるのだろうけれど、その事件解決をせかす本庁から来た

女性警部補と汚職警官との対立も、なんか必要ない気がするな。

そして見どころである格闘シーンも、死体になった姿は手際よく

殺されたかのように見えるのに、ディミトリは、片足が義足

なので、スムーズに動けないんですよ。限りなくのろい格闘と

いう感じです。特にサウナでの格闘は、「イースタン・プロミス」

(2007)のヴィゴ・モーテンセンの足元にも及びません。

ディミトリがどうやってモンタナの素性を調べ上げ、彼を救い、

礼儀や格闘などを教える気になったのかもよくわかりません。

トレーニングシーンは、おふざけが入っているので、達成感が

ないし、実際体の小さいモンタナは、格闘が強くなっていません。

どうせ飛びかかって来るのに、「殺す価値もない」と父を殺した

相手にとどめを刺さず、襲われてから発砲って...。そこはさっさと

ズドンでしょうが。

孤高の男の復讐劇にした方がずっと面白かったと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


コメント
どうも、タイトルがあるきたりだし、キャスト陣も地味。銃を構えるポーズもバシッとキマってないし3流の匂いがしますね。予告で見ましたが、J・チェンがウィル・スミスの子供に教育するパターンに似ているな・・・と感じちゃいましたね。
  • あちゃ丸
  • 2016/10/12 10:48 PM
あちゃ丸さん。
「コロンビアーナ」の少年版のようですが、それよりも話は散漫。大体このモンタナを指導しようと思いついた経緯がわからないのです。
アクションものろいし、銃撃戦というより、サイレンサーで一方的に撃つだけといった感じ。
まあ普通に見れましたが。
  • ミス・マープル
  • 2016/10/13 8:45 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM