クリムゾン・ピーク

4

JUGEMテーマ:Horror

 

クリムゾン・ピーク

 

「クリムゾン・ピーク」

原題:Chrimson Peak

監督:ギレルモ・デル・トロ

2015年 アメリカ映画 119分 R15+

キャスト:ミア・ワシコウスカ

     ジェシカ・チャスティン

     トム・ヒドルストン

     チャーリー・ハナム

     ジム・ビーバー

 

小説家志望で富豪の娘イーディスは、父が事故死

した後、イギリス人トーマスと結婚してイギリスに

移住する。しかし彼の屋敷では不気味な物音が響き、

さらに彼女の体調も悪化してくのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆半 美しい音楽と映像の中に入り

込む真っ赤な血が、とても印象深いです。

 

「パンズ・ラビリンス」(2006)同様にゴシック・ホラー

という感じで、特に怖いシーンはないのですが、独特の

形状の幽霊を冒頭から登場させ、映画の奥底に不安材料を

敷いていきます。主役のイーディス役はミア・ワシコウスカ。

そして彼女があっという間に恋に落ちてしまうイギリス人

准男爵トーマス役は、ロキことトム・ヒドルストンです。

 

クリムゾン・ピーク

 

クリムゾン・ピーク

 

どこか母性本能をくすぐる表情が女性を虜にするのでしょう。

そしてトーマスの姉ルシール役は、強い女が似合う

ジェシカ・チャスティン。この映画でもつよーい女を演じて

います。

「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」とイーディスが幼い頃、

コレラで亡くなった母親の幽霊が言うんですが、それが「いつ」

のことなのか教えてくれないから、イーディスはただの幽霊が

見える変わり者小説家志望の女子に育ってしまうのです。

彼女を慕う医師アランをよそに、イギリスから来た胡散臭い

トーマスに強く惹かれるイーディス。危ない香りがプンプン

します。当然父は、彼と娘の仲を認めるはずもないのですが、

何者かによって頭を洗面台にバンバン打ち付けられて亡くなる

のです。このシーンをはじめとして、頭や顔を傷つけるシーンが

結構見られ、そこはリアルすぎて、思わずひえ!となってしまう。

 

クリムゾン・ピーク

 

さらに父亡き後、トーマスと結婚し、イギリスの彼のお屋敷に

住むことになるんですが、これがまた年代物の超ボロ屋敷。

天井は朽ち果てて雪が降っているんです。雪の中にたたずむ古い

屋敷にはヴァンパイアでもいるかのように思います。しかし

ここはやはり幽霊なんだな。到着早々、何かの物音やさっと横切る

影を見るとイーディスは、かなり不安になるのです。おまけに怖い

姉ちゃん付き。イギリス人なのでお茶ばかり勧めるし、それを

飲むとなぜか体調が悪くなります。雪の下から採掘する石炭が

真っ赤で、「クリムゾン・ピーク」の意味をトーマスの口から聞くと、

やっとイーディスは、母の警告を思い出すわけです。一方のアランも

トーマスについて調査し、イギリスへ参上。ストーリーはベタなん

ですが、出演者の演技と衣装、建物の雰囲気、そして物悲しい音楽で

最後まで飽きることなく見られます。特に「大鎌」が登場した時は、

さすがに怖かったな。もっと怖いのは、ルシールVSイーディスの

タイマンですけどね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
ギレルモ・デル・トロ監督ならではのドロドロした未知の世界という、ホラーというよりかゴシックに近い映画ですね。なので恐怖感は少ないと思いますが、薄気味悪さの中にある美しさも表現したかったのではないでしょうか。新妻になるのは食料の調達のためなのですかね?この姉弟は夫婦のような関係なんでしょうね。
  • あちゃ丸
  • 2016/10/13 8:13 PM
こんばんは!
デル・トロ監督だからこその恐怖演出でしたね。
彼ならではの怖さは日本人にも通用すると思います。
他の監督の幽霊描写はどうにも馴染めないものが多いですが、日本を愛してくださるデル・トロ監督だからでしょうか、彼が考える幽霊造詣は和製的でもあって妙にゾクゾクさせられますよ。
  • ヒロ之
  • 2016/10/13 9:02 PM
あちゃ丸さん。
おっしゃる通りゴシック・ホラーという感じです。衣装や建造物にも凝っていますし、音楽もクラッシック調でした。
妻は食べられるのではなく、ただ金を奪われて命を奪われるんです。その幽霊がイーディスに見えるから怖い思いをするわけで、他の人には見えていないみたい。姉弟は、それ以上の関係なですよ。
  • ミス・マープル
  • 2016/10/15 8:38 AM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
そうか、和製ホラーに似ているから雰囲気のある映画になっているんですね。
映像が美しいので、恐怖よりもそちらに目が行ってしまいました。ただ殺され方は結構グロいですよね。
大斧が出てきた時はひえーとなってしまいましたよ。
  • ミス・マープル
  • 2016/10/15 8:40 AM
今晩は
デル・トロらしい演出で、映画会社のオープニングのロゴから血の彩りを施されていて
映画の始まる前からもう映画に世界観に引き込まれていきました
幽霊の造形が我々の認知してる造形とはちょい違ってましたが
血の彩りを意識してたようですが、思ったより怖くもグロくもありませんでしたが
没落貴族のさびしさ侘しさを雪が赤との対比と共に映像として表現していたのでしょうか
  • morkohsonimap
  • 2016/10/17 2:39 AM
morkohsonimapさん、こんにちは。
最初からデル・トロ監督の雰囲気が漂う映画でしたね。クリムゾン・ピークの意味があんなに後にわかるとは、亡くなった母親の予知能力はすごかったんですね。
確かに幽霊が、日本のそれとはかなり違っていましたが、敢えてはっきり見せない怖さを感じました。いえ、全然怖くなかったんですがね(^-^;
  • ミス・マープル
  • 2016/10/17 9:03 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
CRIMSON PEAK 2015年 アメリカ 119分 ホラー R15+ 劇場公開(2016/01/08) 監督: ギレルモ・デル・トロ 『パシフィック・リム』 製作: ギレルモ・デル・トロ 脚本: ギレルモ・デル・トロ 出演: ミア・ワシコウスカ:イーディス・カッシング ジェシカ・チ
  • 銀幕大帝α
  • 2016/10/13 8:57 PM
6月3日にリリースの最新作、 前日の昼過ぎにはGEOさんにはフライング導入される、 TSUTAYAさんだとフライングではあるが、夕方になるということで GEOさんに行って棚に並んだ瞬間にBlu-ray ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2016/10/17 2:33 AM
小姑に負けるな 公式サイト http://crimsonpeak.jp 監督: ギレルモ・デル・トロ  「ヘルボーイ」 「パンズ・ラビリンス」 「パシフィック・リム」 20世紀初頭のニューヨークで、富
  • 風に吹かれて
  • 2016/10/18 11:51 AM
ホラーというよりサスペンス?
  • 或る日の出来事
  • 2016/10/20 8:56 AM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2641 最後に更新した日:2017/08/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM