アメリカン・ドリーマー 理想の代償

4

JUGEMテーマ:洋画

 

アメリカン・ドリーマー

 

「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」

原題:A Most Violent Year

監督:J・C・チャンダー

2014年 アメリカ映画 125分 PG12

キャスト:オスカー・アイザック

     ジェシカ・チャスティン

     デビッド・オイェロウォ

     アレッサンドロ・ニボラ

     アルバート・ブルックス

 

1981年、ニューヨークで石油輸送会社を経営

しているアベルは、新参者でありながら急速に

業績を伸ばしてる。しかし、トラックが襲われ、

石油を盗まれる事件が頻発し、さらに検事局が

彼の会社の不正を訴追しようとし始める...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 なかなか硬派な映画ですが、

見ごたえがあります。

 

2つのシーンが交互に映るオープニング。石油運搬の

トラックの運転手が何者かに襲われ、トラックを強奪

される。それと多分大金が入ったアタッシュケースを

2つ持つ男女が何かの契約に向かう。

 

アメリカン・ドリーマー

 

ダブルのコートが時代を物語ります。乗っている車も当時の

型なのでしょう。成功を収めているらしい男女はメルセデス

に乗っており、新たな住居、それも豪邸を入手したことからも

伺えるように、この移民の夫妻はまさしく「アメリカン・ドリーム」

を手に入れたようなのです。

ストーリーが進むうちに理解できてくるのが、このアベル・モラレス

が、石油運搬業への新参者であり、他者エリアへ進出し、

顧客を奪って業績を伸ばしてきたということです。それも

クリーンな手法であり、同業者の妬みや恨みを買っていても

気にも留めません。

1981年のアメリカは、ラジオのニューㇲで聞こえるように、

経済が低迷し、治安も悪化していた時代。そうか、前年には

ジョン・レノンが殺されていたな。大きな不満が鬱積した時期

であり、この灰色がかった映像がよく似合います。映画内で

地下鉄の車内が映りますが、そこにいるのは、仕事にあぶれ

住む場所もないような人々が、表情もなく座っているのです。

アベルは、元ギャングのボスの娘アナを妻に持ち、アンドルー

という老弁護士だけが信用できるという立場にあります。

 

アメリカン・ドリーマー

 

大体成り上がってきた者には、「出る杭は打たれる」方式で、

なにがしかの嫌がらせを受けるものです。アベルの会社の

トラックは頻繁に襲われ、何者かに石油を奪われ続けています。

一方で事業拡大のために、ユダヤ系住民の土地を買収する話を

まとめてきており、それが冒頭のアタッシュケースというわけ

です。悪いことは続くもので、検事局が彼の会社に目をつけ、

来週訴訟を起こすと言うし、新居に何者かが侵入したり、

玄関先に銃がおいてあるという脅迫めいた事態も起きています。

それが誰なのか一切分からないから怖いんです。同業者の雇った

者かもしれないし、ただ金が欲しいだけの相手かもしれない。

ここで結構肝が据わっているかのように感じるのはアナであり、

それはジェシカ・チャスティンの勝気そうなルックスがバッチリ

あっています。新居で娘の誕生日会をしていると、検事局が

家宅捜査にやって来ます。

 

アメリカン・ドリーマー

 

その応対をするアナのかっこいいこと。アベルは不正を嫌い、

高潔とまでいかなくともクリーンであり続けるけれど、そんな

甘ちゃんが、追い詰められたとき、強奪されたトラックを必死で

追い、犯人に銃を突きつけます。この追跡シーンは派手さは

ないものの見ごたえがあるのです。なんだろう。長いコート姿で

走り続ける姿が、リアリティにあふれているというのでしょうか。

イースト・リバーの土地を入手するための金を融資する銀行から

突き放された時、彼はどうするのか。

「最も正しい道」を選択してきた男が、ラストに土地を得ると、

検事は「協力」を申し出るのです。そうか、力を持つものは

司法をも動かせるのか、などと考えると、目前に迫ったアメリカ

大統領選挙で、クリントン氏のメール問題を、FBIが調査中止、

再調査、再び中止と目まぐるしく変わるのも、なにかきな臭く

感じてしまいます。相手はもっと胡散臭いけれどね。

移民として成功しようと同じように考えていたドライバー、

ジュリアンの絶望は、多くの移民が味わってきたものなのでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


関連する記事
コメント
今晩は、
アメリカンドリームってのは資本主義でのサクセスかと思っていたら
非暴力を貫くお話しでしたねぇ、
アクション的なものを期待してましたが
非暴力をメッセージにしていたとは、ミス・マープルさんじゃないけども本日中に決まるだろうアメリカのトップの1人になるお方がCardだったらメッセージになるんだろうけど・・・
  • morkohsonimap
  • 2016/11/09 1:15 AM
morkohsonimapさん、コメント&TBありがとうございます。
アメリカンドリームを描きつつ、ただの成功物語ではなく、独特の内容になっていました。
残念なことに大変暴力的な方がトップになってしまいました。今のアメリカ国民の気持ちが、周りが思っていたよりも鬱屈としていたようですね。
  • ミス・マープル
  • 2016/11/10 2:12 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
TSUTAYAさんの新作の棚のジャケットの女性の胸元の半乳に目がいって 手にとって見たら英語表記ではあるもののなんとジェシカ・チャスティンではないですか 男の役者の名前には馴染み ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2016/11/09 1:10 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM