リベンジ・トラップ 美しぎる罠

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

リベンジ・トラップ

 

「リベンジ・トラップ 美しすぎる罠」

原題:Return to Sender

監督:フォアド・ミカティ

2015年 アメリカ映画 94分

キャスト:ロザムンド・パイク

     シャイロー・フェルナンデス

     ニック・ノルティ

 

有能なナース、ミランダは、友人の紹介と勘違い

した男にレイプされる。犯人ウィリアムは捕まるが、

彼女はなぜか彼に面会を求める手紙を送り続けるの

だった。

 

<お勧め星>☆☆ ロザムンド・パイクは怖い。

でももう少し丁寧な説明がないとねえ...。

 

ナースのミランダは超潔癖症らしく、自分専用の

ボールペンでないとサインすら嫌がるし、同僚ナンシー

が、お菓子を食べた手でつかんだ受話器なんか、汚物

扱いです。でもそれに何か意味があるのかというと、

よく分かりません。

オペ専門のナースを目指すミランダは実は、人を切る

ことに快感を覚えるのではないか?と思うのは、序盤に

ステーキを喉に詰まらせた男性の首にナイフを刺して救う

シーンを見てからです。さらにミランダの母は彼女の

目の前で亡くなっていて、父ミッチェルはそのことを

気にしているけれど、家族間、特に母親と何があったのか

全然分かりません。ミッチェル役のニック・ノルティは

さすがの貫禄です。

 

リベンジ・トラップ

 

そしてブラインド・デートの日、その相手ケヴィンと勘違い

して家に招き入れた変態男に、なんとミランダはレイプされます。

 

リベンジ・トラップ

 

このシーンは短いながらロザムンド・パイクの表情で何が

起きたか想像できるというもの。その後の放心状態の彼女の

演技は、本当に素晴らしいです。でも一番怖いのは、彼女が

冷たく本心を言い放つシーンですかね。笑えば可愛いし、

すませば美人、そして心底怒ると、無表情になる、そんな

七変化が見られます。

ただ、邦題からすっかりネタバレしているんだけど、ミランダは

当然ウィリアムに復讐を計画しているんです。それがまことに

回りくどい。

 

リベンジ・トラップ

 

刑務所に収監された犯人ウィリアムに面会を求める手紙を

書き続け、遂に面会できると、まるで彼に心を寄せているか

のようのふるまうミランダ。実はレイプの後遺症で手の震えが

止まらず、オペ専門ナースの道は閉ざされてしまっています。

一方の変態男ウィリアムは

「俺と一度関係を持つと忘れられなくなるんだ」

なんて、同房で多分彼が暴行した男性に自慢げに言うの。

バカじゃないの?ただとても小賢しいウィリアムは、模範囚で

すぐに仮釈放されるのです。

「修復してもらわないと」

ミランダはミチェルに、ウィリアムの存在を問い詰められると

答えます。

原題の「Return to Sender」は、刑務所のウィリアムに宛てた

手紙が受け取られず、家に戻ってくるときに押されている文字で

あり、それは当然、他の意味、つまりミランダの心の修復も

意味するのは、当然のこと。

甘ーいレモネードが甘すぎたのは...。ラスト付近は突然ホラー

映画並みの恐怖を味わえますが、それもこれもすべて

ロザムンド・パイクの演技力によるものでした。ミランダに

ついて過去に遡って丁寧に描いたらもっと面白かったのに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
ロザムンド・パイクにつきる作品でしたが。
レイプ犯に対する彼女の行動原理はわからんでもないですが遠望なる復讐ですよね
大抵は避けるものですが
敢えて相手につっこんで骨を斬るには皮を相手に斬らせる原理ですか
女は恐いってことですよね
ニック・ノルティ年取っちゃいましたね
  • morkohsonimap
  • 2016/11/12 4:19 AM
morkohsonimapさん。
コメント&TBありがとうございます。
レイプ犯に対する復讐があまりに長い計画なので、ちょっと違和感がありました。それと彼女の過去の家族関係が描かれていなかったのが惜しかったです。
多分なにかあったのよね。
ニック・ノルティはおじいちゃんになっていましたね。確かに。
  • ミス・マープル
  • 2016/11/12 9:07 PM
実際の話、このヒロインが病んでいただけで、
もしこんな目に女性があったとしたら、
とてもじゃないけど面会とか無理だと思います
彼女の異常性が良く出ていた演技は見事だったと思います
  • maki
  • 2016/11/14 3:45 PM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
その通りです。実際は思い出したくもない記憶だし、10年も面会に行って、その後あんな行為に及ぶとは、普通の神経じゃできませんね。
ロザムンド・パイクの演技につきましたね。
しかし怖かった。
  • ミス・マープル
  • 2016/11/14 4:06 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
邦題からレイプリベンジの映画だとわかってしまいますよね しかし、出演がロザムンド・パイクってことなので レイプリベンジ映画を観る観客の望むようなエログロ描写はない ってこ ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2016/11/12 4:12 AM
【概略】 ある日、自宅を訪ねてきた謎の男にレイプされてしまった看護師・ミランダ。心身に傷を負った彼女は、刑務所に収監されたレイプ犯に手紙を送る。やがて男の下へと面会に行き…。 スリラー 題名でリベンジ物だってわかっちゃうじゃないですか。だから
  • いやいやえん
  • 2016/11/14 3:42 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM