ライト/オフ

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ライト/オフ

 

「ライト/オフ」

原題:Light Out

監督:デビッド・F・サンドバーグ

製作:ジェームズ・ワン

   ローレンス・グレイ

   エリック・ハイセラー

2016年 アメリカ映画 81分

キャスト:テリーサ・パーマー

     ガブリエル・ベイトマン

     ビリー・バーク

     アレクサンダー・ディペルシア

     マリア・ベロ

 

家族と疎遠になっていたレベッカは、弟マーティンの

「眠れない」という話を聞き、実家に向かう。彼女は

母親の住む実家に「何か」がいることを感じ、一晩

過ごす決心をするが...。

 

<お勧め星>☆☆☆☆ これはすごく怖かった。

暗闇って本当に怖いです。

 

予告編でも十分ドキリとするんですが、本編を見ると

さらに恐怖倍増です。夜一人で見たら、絶対にトイレに

行けなくなると思う。

映画化の元になったyou tubeの映像も一見の価値があり。

登場するおばさんは、映画の冒頭にも出演しています。

 

ライト/オフ

 

〇見どころ

電気がチカチカして消え、暗闇に何かが見える。あれ?と

思ってスイッチを入れて電気をつけると、姿はない。確認の

ため消すと、また何かがいる。それを繰り返すうちに、何かが

すぐそばにいる。あー怖い!

 

ライト/オフ

 

ジェームズ・ワンが製作に加わっているだけあって、音と光と

闇で表す恐怖の世界が映画から伝わってきます。足音、ドアノブ

をガチャガチャする音、床を削る音、点滅する電気スタンド

などは、定番のものでありながら、いつ見ても、聞いても怖いんです。

突然ベッドの下や闇に引きずり込まれていく姿も、わかっていても

怖い。

 

ライト/オフ

 

レベッカ役は「ウォーム・ボディーズ」(2013)の

テリーサ・パーマー。序盤のイケイケ姉ちゃんぶりはかっこいい。

 

ライト/オフ

 

母親ソフィー役は、マリア・ベロで、神経質そうな中年女性の

役がすごく似合っています。

光にもいろいろな種類があって、それを活用した終盤の展開は

見ごたえがあります。

 

●惜しいところ

冒頭に「何か」に殺害されるのが、マーティンの父親なんですが、

レベッカにとっては継父らしい。この家族関係が十分説明されて

いないので、なぜレベッカが家を出たのかもわかりづらいし、

今何をして生活しているのかも全然わかりません。

またイケイケ姉ちゃんが、突然家族思いになっていくのもやや

違和感がありました。

 

とはいえ、恐怖は十分味わえるので、ドキリとするのが好きな人は

ぜひ見てください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
こちらにも。
テリーサが単純に主役はれるようになった事が嬉しかったですね
いっとき、偽クリステンとして非常に似てるときもありましたが、今はもうとっくに区別つきますね
一方は顎姫となりましたし

単純なライトを消すと…の話ではありますけど、なかなか面白かったです
母親の決断は愛ゆえですよね
「たすけて」とあったのは本心だったでしょうから…
  • maki
  • 2017/01/17 3:08 PM
makiさん、こちらにもありがとうございます。
たしかにクリステン・スチュアートと似ていますね。
私の見た映画の中ではテリーサちゃんの方が印象に残っています。確かにクリステンは顎姫だ!
ライトの点滅で何かが忍び寄るというのは、すごく怖かったです。
あの母のメモが母親の本心だったからこそ、あのような決断になってしまったのですね。逃げたと思ったレベッカの彼氏が結構いい人で、そちらの方が驚きました。
  • ミス・マープル
  • 2017/01/17 6:12 PM
こんばんは!
TBありがとうございました。
短編のアイデアが十分に活かされていた作品でしたね。
3分もないものをここまで膨らませるのは簡単な事ではないでしょうし、上手く人物を増やしてちゃんとした物語へと生まれ返させられたのは見事です。
電気をパチパチするだけのワンアイデアなのに、意外と誰も思いつかないものなんですね。
  • ヒロ之
  • 2017/01/17 7:33 PM
予告を見て「これは劇場鑑賞」の方がいいと思って見ましたが、面白かったです。単純な話だけど分かりやすくて、見やすかったのがかえって良かったかもしれませんね。母親の過去に秘密があると、なるほどね〜と。マリア・ベロがあまりにも老けてしまったのが残念でしたがオススメ映画ですね。
  • あちゃ丸
  • 2017/01/17 7:47 PM
ライトオンで、一気に近づいているのを見ると、ウワッと驚きですよね!
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
もとの動画があの程度なのにここまで怖く作れた製作者は凄いと思います。
パチで何かがいる...ってすごく怖いけれど、ラストのオチも含めてよくできていました。
続編はなくてもいいのにね。きっと...ですよね。
  • ミス・マープル
  • 2017/01/18 4:48 PM
あちゃ丸さん。
え〜、劇場鑑賞されたんですね!
わたしは上映されていたのも気づかなかったです。話は人物関係以外は単純で、シンプルに「怖い」映画でした。
確かにマリア・ベロは老けましたね〜。
  • ミス・マープル
  • 2017/01/18 4:50 PM
ボーさん、コメント&TBありがとうございます。
オンオフを繰り返すうちに、突然ガーっと突き進んでくるのは怖いです。
本当に起こりそうな気がします。
  • ミス・マープル
  • 2017/01/18 4:52 PM
明けましておめでとうございます。
本年のどうぞよろしくお願いします。

この作品は内容はともかく幽霊役の女優さんも含めて美女で構成されて
いたうえに彼氏が優しくて気のいいやつだったうえに最後まで
がんばって生き残った点が良かったです。
暗闇の演出も良かったですしやはり脚本がもっとしっかり
キャラ設定を生かしてほしかったところですよね
せつらさん、コメント&TBありがとうございます。
明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします
そうなんですよね。皆さんのレビューを読んで、幽霊役の女優さんが美しいということを知って驚きました。
普通とっとと逃げてしまう彼氏がいい男で戻ってきたし、ラストも万々歳でしたね。人物の説明が不十分なのが残念です。
  • ミス・マープル
  • 2017/01/22 9:04 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
【概略】 離れて暮らす幼い弟から「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられたレベッカは、「それ」の正体を突き止めようとするが…。 ホラー あなたは、二度と電気を消せない…。 全世界【1億5000万回】再生の実在の恐怖映像を、ジェームズ・ワン制作で映
  • いやいやえん
  • 2017/01/17 2:46 PM
評価:★★★★【4点】(11) 低予算ホラー映画に関わらずツボはしっかり押さえてる。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/01/17 6:24 PM
LIGHTS OUT 2016年 アメリカ 81分 ホラー 劇場公開(2016/08/27) 監督: デヴィッド・F・サンドバーグ 製作: ジェームズ・ワン 出演: テリーサ・パーマー:レベッカ ガブリエル・ベイトマン:マーティン ビリー・バーク:ポール マリア・ベロ:ソフィー
  • 銀幕大帝α
  • 2017/01/17 7:26 PM
【出演】  テリーサ・パーマー  ガブリエル・ベイトマン  ビリー・バーク  マリア・ベロ 【ストーリー】 電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マーティンを守るため、レベッカは久々に実家に帰ってくる。二人はたくさんのライトを用意
  • 西京極 紫の館
  • 2017/01/17 10:49 PM
これは結構ドキッとくるし、怖い。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2017/01/17 11:11 PM
ライト/オフ(2016) 原題:Light Out 監督:デヴィッド・F・サンドバーグ 脚本:エリック・ハイセラー 出演:テリーサ・パーマー  / ガブリエル・ベイトマン/ ビリー・バーク / マリア・ベロ 日本公開:2016/8/27 
  • アリスのさすらい映画館
  • 2017/01/18 4:04 AM
明かりが消えると、あいつがいる!
  • 或る日の出来事
  • 2017/01/18 9:04 AM
動画サイトで公開され驚異的な再生数を誇った映像を、『ソウ』『死霊館』シリーズなどのジェームズ・ワンが製作を務め映画化。オリジナルを手掛けた新鋭デヴィッド・F・サンドバーグ監督がメガホンを取り、電気を消すと現れる謎の存在に迫られる姉弟が体験する恐怖を描
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/01/18 3:35 PM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2016年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:81分  原題:LIGHTS OUT  配給:ワーナー・ブラザーズ  監督:デヴィッド・F・サンドバーグ  主演:テリーサ・パーマー      ガブリエル・ベイトマン
  • La.La.La
  • 2017/01/21 6:56 PM
ひとり暮らしのレベッカは、幼い弟から「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられる。 実はレベッカが数年前に家を出たのも、“それ”が原因のひとつだった。 レベッカは脅える弟のために、今度は逃げずに“それ”の正体を突き止めようと決意。 やがて、家族に隠さ
  • 象のロケット
  • 2017/02/05 9:52 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM