ハドソン川の奇跡

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ハドソン川の奇跡

 

「ハドソン川の奇跡」

原題:Sully

監督:クリント・イーストウッド

2016年 アメリカ映画 96分

キャスト:トム・ハンクス

     ローラ・リニー

     アーロン・エッカート

     クリス・バウア

 

2009年1月15日、USエアウェイズ1549便の

機長サリーは、バードストライクによる両エンジン停止

から、ハドソン川への不時着を決行する。一躍英雄に

なった機長だったが、原因調査委員から、他空港への

帰還も可能だったと指摘されるのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆☆☆ 文句なく満点。巧みな構成で

短い時間に濃い内容を描いています。

 

 

ネタバレしています。

 

 

 

英雄が一夜にして犯罪者と疑われるパイロット関連の映画は

「フライト」(2012)を思い出します。しかし今映画は

ずっと上を行く内容になっています。

 

ハドソン川の奇跡

 

〇見どころ

原因調査を行うNTSBの聞き取り調査風景から始まり、無事

ハドソン川に不時着したものの、サリーの判断が正しかったのか、

という思いがけない疑念を抱かせる映像、記録、コンピューター

でのシュミレーション結果。フラッシュバックするのは、彼が

操縦する旅客機がビルをなぎ倒しクラッシュするシーンで、

サリーがいかに疲弊していたか、ストレスを感じていたかが、

見る側に伝わってきます。

 

ハドソン川の奇跡

 

そして幾度となく映し出されるバードストライク前後の映像は、

少しずつ内容を深く掘り下げていき、乗務員の的確な指示、

その指示に概ね従った乗客、即座に駆け付けた連絡船、NYPD、

全員の避難を確認するまで機内をチェックした機長の姿が

ドキュメンタリーのように映し出されます。

 

ハドソン川の奇跡

 

マニュアル通りに機長をサポートする副操縦士ジェフ役の

アーロン・エッカートの演技も素晴らしい。さらに管制官と

コックピット内のやり取りも次第に内容を膨らませ、緊迫した

状況を再現します。これがまさに無駄のない映像で描かれるのです。

 

●惜しいところ

ありません。

 

ハドソン川の奇跡

 

サリーの妻ロリー役のローラ・リニーも、押しかけるマスコミに

ストレスを感じつつ、ヒステリックになり過ぎない演技で、

目立ちすぎることはありません。

コンピューターでのシュミレーションは、バードストライク後、

最寄りの空港に戻ることを想定し、17回練習したものであり、

突然の事故にどう判断するか、それは考慮されていないのです。

もちろん乗客乗員が無事だったから万歳、というわけにはいかない

大事故だったわけで、その原因調査に感情移入してはいけないと

思います。ただ机上で計算されたものが必ずしも「正解」であると

信じることは、とても恐ろしいことでもあると実感するのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
機長が考える事は、まず乗客者を無事に助ける事だと思います。ただ、いくらベテラン機長でも一歩間違えればとんでもないことに・・・。彼が短時間で決断した勇気に脱帽です。そして運転テクニックだけじゃなく、その時に様々な要素が奇跡につながったのでしょうね。イーストウッドも沢山の映画を作ってますが、いつも着目点が鋭いですね。
  • あちゃ丸
  • 2017/01/23 8:09 PM
あちゃ丸さん。
イーストウッドの映画に外れはありませんね。
この映画は短い時間にうまくすべてを詰め込んでいると思います。むだがありません。
機長だけのスキルではなく、様々な奇跡が重なったということが実感できます。すごくよくできた映画でしたね!
  • ミス・マープル
  • 2017/01/25 1:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュ
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/01/24 11:43 AM
問われた判断の是非 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki 原作: 機長、究極の決断  「ハドソン川」の奇跡 (C.サレンバーガー著/静山社文
  • 風に吹かれて
  • 2017/01/24 11:53 PM
いやー、シンプル。
  • 或る日の出来事
  • 2017/01/29 11:58 PM
2009年1月15日、極寒のニューヨーク。 160万人が住むマンハッタン上空850メートルで航空機事故が発生。 機長チェスリー・“サリー”・サレンバーガーは制御不能という状況ながら、高速で墜落する70トンの機体をハドソン川に着水させ“乗員乗客155名全員無事”という奇
  • 象のロケット
  • 2017/02/05 9:49 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM