1944 独ソ・エストニア戦線

4

JUGEMテーマ:洋画

 

1944

 

「1944 独ソ・エストニア戦線」

原題:1944

監督:エルモ・ヌガネン

2015年 エストニア=フィンランド映画 99分

キャスト:クリスティアン・ウクスクラ

     カスパール・フェルベルク

     マイケン・シュミット

     ヘンリク・カルメット

 

第二次大戦末期、ドイツ親衛隊エストニア隊は、ソ連赤軍

の猛攻に遭っていた。そしてカールはソ連軍のエストニア人

ユーリによって射殺されてしまう。ユーリは、カールが持って

いた手紙を宛先の人物に届けるのだが...。

 

<お勧め星>☆☆☆☆ 地味な映画ですが、戦争の不条理さを

丁寧に描いています。

 

1939年独ソ不可侵条約が締結されていたのに、ナチスドイツは

1940年、ソ連に併合されていたエストニアを軍事占領します。

そして敗戦色の濃い1944年、ソ連赤軍がエストニアのドイツ軍に

攻撃をする。このエストニアはこの辺り。

 

1944

 

いわゆるバルト三国と呼ばれ、1991年にソ連から独立後、

EU、NATOにも加盟し、極めてIT関係に強い国になっています。

しかし第一次大戦時にはドイツ軍側として戦い、勲章をもらった

人々が、ソ連による併合後処刑されたり、第二次大戦では、

ナチス親衛隊軍、ソ連赤軍と、同じエストニア人でも分かれて戦った

経緯があったのです。

この映画の戦争シーンはCGは一切なく、本物の火薬を使って爆発

させたそうで、ドンパチ、ドッカーンに派手さはないものの、

リアルな恐怖を感じます。

 

1944

 

〇見どころ

ドイツ親衛隊エストニア隊と呼ばれながら、誰一人

「ハイル、ヒトラー」

と言いません。そこにはヒトラーのために戦う人間は誰も

いないのです。そして侵攻してくるソ連赤軍にとっては、彼らは

「敵」そのもので、互いを容赦なく攻撃するのです。何かいつも

手紙を書いているカールが主役かと思ったら、彼は赤軍のユーリに

よって射殺されます。このどちらもエストニア人なのです。

 

1944

 

1944

 

ユーリはカールの胸ポケットに入っていた例の手紙を宛先に

届けるとそこにいたのは美しいカールの姉。

 

1944

 

ユーリは彼女に心を惹かれるけれど、彼女から、カール以外の

家族はソ連赤軍’ヨギ’の指示で全員検挙されたことを聞くのです。

ユーリの名前は、ユーリ・ヨギ。彼は自らの罪の深さ実感し、

平時であったら彼女と普通に出会い、デートをしただろうと、

手紙を書くわけです。この姉をめぐる人々の決して重ならない

人生が、極めて短い時間に描かれていきます。エストニア人と

して生きたくても赤軍を裏切ることは、即強制収容所送りを意味し、

それは自分以外の家族の運命も左右するのは、「チャイルド44」

でも書かれていました。それが「ソ連の力」と口にする赤軍の大佐。

「戦争が人を殺した」というのは容易いけれど、罪なき人が罪を感じ、

罪深い人はそれを感じない、という姉の言葉は胸に刺さります。

映画内で前日にはドイツ親衛隊エストニア隊兵士に手料理をふるまった

農民夫婦が、翌日はソ連赤軍のエストニア人兵士に、何も気づかず

料理をふるまいます。そして、すべてを悟った時の表情が頭から

離れません。

 

●惜しいところ

特にありません。ここでの戦いを知らない人には是非見てほしいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


関連する記事
コメント
エストニア自体があまり聞かないので、そう言った戦争があった事も知りませんでした。
しかも味方同士で戦っていた時は、驚いたでしょうね。戦争からは何も生まれない。ユーリも戦争がなければ、カールの姉さんと幸せな人生を送っていたかもしれませんが、救われないラストは切ないですね。
  • あちゃ丸
  • 2017/02/07 5:06 PM
あちゃ丸さん。
ヨーロッパ諸国から見れば、日本は極東と言われるように、こちらからもヨーロッパは遠く感じるし、歴史もあまり知りませんよね。
戦争で犠牲になるのは、ごく一般の市民であり、それを指揮する人は安全な場所にいるのですね。本当に不条理です。
  • ミス・マープル
  • 2017/02/08 9:08 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM