ヒメアノ〜ル

4

JUGEMテーマ:邦画

 

ヒメアノ〜ル

 

「ヒメアノ〜ル」

監督:吉田恵輔

2016年 日本映画 99分 R15+

キャスト:森田 剛

     濱田 岳

     佐津川愛美

     ムロツヨシビル

 

清掃会社でバイトをしている岡田は、先輩安藤が

思いを寄せる相手ユカの働くカフェに向かう。安藤

に頼まれ、ユカと話しをするうちに、彼女がカフェの

客にストーカー行為を受けているらしいと知り...。

 

<お勧め星>☆☆☆ うーん。全編に漂う暗い雰囲気と

絶望感は後味の悪さを残します。

 

特にV6のファンでもないので、森田剛がどんな役を

しようと気にしませんが、この映画の森田役はしんどい。

 

〇見どころ

森田剛演じる森田正一のよどんだ瞳が、社会の底辺に

存在し、その存在すら忘れ去られているような人間を

物語ります。ピッタリなんだよね。脱力した歩き方や

話し方が。それでいてスイッチが入るとすごい行動を

起こします。

 

ヒメアノ〜ル

 

そして同級生、岡田役の濱田岳と職場の先輩安藤役の

ムロツヨシの掛け合いは、まるでコントを見ているようです。

しかしその甘っちょろい日常はあっという間に恐怖に変わって

いくのがジェットコースターのように素早く映し出されていきます。

 

ヒメアノ〜ル

 

まさかこの可愛い佐津川愛美佐津川愛美演じるユカが、岡田を

好きなんてね〜。この恋愛シーンは少し笑っちゃう。

 

ヒメアノ〜ル

 

●惜しいところ

設定というか根底にあるのが高校時代の陰湿なイジメであり、

それがなぜ今連続殺人を犯すほどのエネルギーとなったのか、

とてもわかりづらいです。原作の漫画を読む気にはならない

からいいけれど。高校を卒業してからの森田の空白の期間の

説明が少しほしかったと思う。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


関連する記事
コメント
こんばんは!
タイトルが出てから雰囲気が一変する辺りが演出的に凄くいいです。
ヤンチャな森田くんがサイコキラー役にピッタリでした。
自分的には衝撃過ぎて見入っちゃう程の面白さを味わえたんですけど、2回は観たくないかなぁ、疲れますこれは。
  • ヒロ之
  • 2017/02/28 9:20 PM
濱田さんて、年齢不詳だからどんな役も演じられちゃうのがすごいなあと思いました。基本は善人役が多いですがね。昔の事が未だに忘れられず、極端な行動に出てしまうのって、やはり精神的に追いつめられちゃっている感じですね。似たような事件が現実に起きている時代だから、ちょっと怖いですね。
  • あちゃ丸
  • 2017/02/28 10:29 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
タイトルが出るのがかなり後でしたね。
そうか、そこから雰囲気が変わっていたんですね。森田君のやさぐれ感がこの役にぴったりでした。
彼は宮沢りえさんと本当に付き合っているのかなあ、なんてことばかり考えていました。
  • ミス・マープル
  • 2017/03/01 8:07 AM
あちゃ丸さん。
この映画は濱田さんとムロツヨシのコントのような話から始まって、突然がらりと雰囲気が変わります。森田剛がこの役にぴったりなんですよね。空虚な目をしてだらだら歩く。そこに潜む狂気が怖いです。でも2回は見たくないなあ。
  • ミス・マープル
  • 2017/03/01 8:19 AM
何故、いま?
と言うより表立っていないだけで、ずっと続いていたんでしょうなあ。
  • ふじき78
  • 2017/03/02 12:07 AM
ふじき78さん、こんにちは。
そうか、何かしらしでかしていたのが、恋をして、それが叶わなかったから爆発してしまったのでしょうか。
あの感情のない森田にも恋心があったのでしょうか。そこもよくわからなかったです。ただ単に自分のものにしたかっただけなのか。
  • ミス・マープル
  • 2017/03/02 4:47 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2015年 日本 99分 サスペンス/コメディ R15+ 劇場公開(2016/05/28) 監督: 吉田恵輔 『純喫茶磯辺』 原作: 古谷実 脚本: 吉田恵輔 出演: 森田剛:森田正一 濱田岳:岡田進 佐津川愛美:阿部ユカ ムロツヨシ:安藤勇次 <ストーリー> ビル清掃会社の
  • 銀幕大帝α
  • 2017/02/28 9:17 PM
「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)。同僚の安藤(ムロツヨシ)に、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(
  • beatitude
  • 2017/03/01 8:54 AM
 前半はラブコメ、後半は緊迫した暴力映画となる問題作。森田剛がアイドルとは思えない、狂気の連続殺人犯を演じているうえ、ラストの着地が素晴らしく、見終わった後も強い印象が残る作品です。  作品情報 2015年日本映画 監督:吉田恵輔 出演:森田剛、濱田岳、
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2017/03/01 9:29 AM
公式サイト。古谷実原作、吉田恵輔監督。森田剛、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介、山田真歩、大竹まこと、濱田岳。タイトルは小型のトカゲ、ヒメトカゲのことで強者の餌食に ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/03/01 9:46 AM
2016/05/28公開 日本 R15+ 99分監督:吉田恵輔出演:森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ めんどくさいから殺していい? STORY:普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2017/03/01 1:12 PM
ある種のジャパニーズホラー。いや、これがホラーでなくてなんなのだろう?サスペンスなどと軽々しい表現は使いたくない。でも、最初は普通の邦画という気持ちで鑑賞していた。濱田岳とムロツヨシの力量に負う所が大きいと思うが。いかにも邦画的な。一風変わった間合い
  • ここなつ映画レビュー
  • 2017/03/01 1:21 PM
【出演】  森田 剛  濱田 岳  佐津川 愛美  ムロツヨシ 【ストーリー】 普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田と再会
  • 西京極 紫の館
  • 2017/03/01 10:45 PM
とんでもない映画だ! あんなラストを見せられちゃ、それまでの感情を全て否定してしまいたくなるではないか!コミカルラブストーリーが残忍なシーンのスパイスとなって展開して ...
  • こねたみっくす
  • 2017/03/01 11:52 PM
▲公式HPからひったくってきた「私の好きな人岡田さんです」の佐津川愛美ちゃん。ジャニーズ・ガードが固くて画像少ないんだよね。 五つ星評価で【★★★吉田恵輔らしくキッ ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2017/03/02 12:08 AM
ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2017/03/03 12:41 AM

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2618 最後に更新した日:2017/06/26

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM