愛しき人生のつくりかた

5

JUGEMテーマ:洋画

 

愛しき人生のつくりかた

 

「愛しき人生のつくりかた」

原題:Les souvenirs

監督:ジャン=ポール・ルーブ

2014年 フランス映画 96分

キャスト:ミシェル・ブラン

     アニー・コルディ

     シャルタン・ロビー

     マチュー・スピノジ

     ジャン=ポール・ルーブ

 

夫を亡くしたマドレーヌを気遣い、息子ミシェルは

弟たちと相談して、彼女を老人ホームに入れる。しかし

自宅が勝手の売却されたことを知った彼女は姿を消し、

孫息子ロランが行方を捜すが...。

 

<お勧め星>☆☆☆☆ 粋なコメディ映画です。葬儀が

3回出てきますが、全てが明るい道のりの始まりになって

います。

 

〇見どころ

基本的にコメディ映画っぽく、実際は沈痛であるべき人の

死を、「喪失」ではなく「再生」のきっかけに使っている

ところがとても上手です。周りの人々の行動や発言がクスリと

笑えるもので、不謹慎ながらそれほど悲しく感じません。

 

愛しき人生のつくりかた

 

ゆうちょ銀行を定年退職したミシェルと妻ナタリーの心の行き違い。

 

愛しき人生のつくりかた

 

坊主3兄弟のような揃いもそろって頭髪が薄く、優柔不断な性格を

持つマドレーヌの息子たちが決めた、彼女の老人ホーム入所。

周りを見れば、とても会話できる相手などいないし、食事は老人食。

ああいやだ。

 

愛しき人生のつくりかた

 

そして孫息子ロマンのルームメイト、カリムも憎めないアホです。

なぜに冷めたラビオリと熱いコーラを飲むんだろう。ロマンと

同じく恋人募集中のカリムの姿は最後まで笑わせてくれます。

 

●惜しいところ

短い映画なので特にないです。

 

「現在がダメなら過去を思い出せ」

そうか、未来ばかり考えている年頃を過ぎた人々には、そんな

言葉がふさわしいのかもしれませんね。オープニングとラストで

墓地を間違えて走っている若者の姿が、誰かわかるととても幸せな

気分になります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
フランス映画は、どの映画もオシャレに見えてしまいます。国民性なのかな?悲しいシーンも少しコミカルに演出したり、お涙ちょうだい的なシーンには作らないのですね。マドレーヌも老人施設で隠居生活だなんて「冗談じゃないわ」と思い出の旅がしたくなったのでしょうか。そういう時間の過ごし方も素敵ですね。
  • あちゃ丸
  • 2017/03/16 7:46 PM
あちゃ丸さん。
この映画はお勧め!
フランス映画らしい自由な男女の在り方を描きつつ、親子、夫婦、そして新しく出会う相手との交流などが短い時間に詰め込まれています。
息子3人がいずれも優柔不断でマドレーヌの潔い心の方が好感を持ちましたね。
  • ミス・マープル
  • 2017/03/17 5:05 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2658 最後に更新した日:2017/09/17

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM