アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち

5

JUGEMテーマ:洋画

 

アイヒマンショー

 

「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」

原題:The Eichmann Show

監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ

2015年 イギリス映画 96分

キャスト:マーティン・フリーマン

     アンソニー・ラパリア

     レベッカ・フロント

 

ナチスドイツでホロコーストを指揮したアイヒマンが

敗戦から15年でアルゼンチンで拘束、イスラエルで

裁判を受けることになる。イスラエルのTVプロデューサー、

ミルトンは、アメリカからカメラマン、レオを呼び、

一流のチームでその裁判をテレビ放送しようと考えるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 なかなかよくできた映画です。

 

監督は「アンコール!!」(2012)の

ポール・アンドリュー・ウィリアムズ。この映画は、

アイヒマン裁判を全世界に放送しようと計画した人々の姿を

記録映像と撮影映像をうまく組み合わせて作られています。

 

アイヒマンショー

 

〇見どころ

イスラエルのTVプロデューサー、ミルトンに呼ばれた、

アメリカ国内で吹き荒れる赤狩りの嵐で仕事がないレオと

いう一流のカメラマンのそれぞれの私生活を少しずつ描きながら、

核心のアイヒマン裁判撮影までの苦労、そして実際の裁判時の

苦悩、葛藤などが次々に映し出されます。テレビ報道はある程度の

見立てがあるわけで、レオがアイヒマンに求めるリアクションが

一切得られないことへの焦燥感が強く伝わります。報道する側が

ほしい映像が事実は異なっていても、それが撮れたら、世間に

公開するんだろうな。このあたりも丁寧に見せてくれます。

 

アイヒマンショー

 

●惜しいところ

この実際の写真からもわかるように、アイヒマン裁判は、結果ありきの

ショーであり、新国家を進むイスラエルの国家のユダヤ人のために

行われた見世物なのです。そこに一切触れないのはやや一方的かな。

それは見た人が考えることなのかもしれません。

 

とはいえ、ファシズムはどこにでも存在する。誰もがファシストに

なりうる。理性の喪失が狂気への道。全て納得できる言葉であり、

「顔のないヒトラーたち」(2014)でも同じようなメッセージが

伝えられました。それでも同じ道を進もうとする人々がいるのを、

理性ある者が全力で止めるべきなのでしょう。

 

アイヒマンショー

 

レオの宿泊したホテルの女主人の腕にも番号がありました。過去を

語ろうとする口を封じてはいけないのです。いつまでも過去の

負の遺産にとらわれてはいけない?いやそれを語ることで正しい道を

進めるのです。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
ナチス・ドイツをテーマにした映画は沢山ありますね。
当時の映像も混じっているのですか?モノクロ映像だとリアルティありますが、俳優もアイヒマンに少しでも似る様に努力されたのでしょうね。マスコミは視聴率のために注目を集めるのに必死かと思いますが、当事者やユダヤ人の人々は嫌なことは忘れたい気持ちで、口を封じて誰にも言えないのでしょう。でもこれを風化させては、やはりいけないのですよね。
  • あちゃ丸
  • 2017/04/20 9:29 PM
あちゃ丸さん。
本当にナチスドイツを描いた作品は多く、いろいろな視点から映画が作られていますね。これはアイヒマンの裁判をテレビ放送する側の視点なのですが、いろいろ考えさせられます。戦争の罪は決して消えることはないし、忘れてしまってはいけないのですよね。
  • ミス・マープル
  • 2017/04/23 3:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2586 最後に更新した日:2017/04/25

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM