マジカル・ガール

5

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

マジカルガール

 

「マジカル・ガール」

原題:Magical Girl

監督:カルロス・ベルムト

2014年 スペイン映画 127分 PG12

キャスト:バルバラ・レニー

     ルシア・ポシャン

     ホセ・サクリスタン

     ルイス・ベルメホ

     イスラエル・エルハルデ

 

白血病で余命わずかな娘アリシアのために、失業中の父

ルイスは、彼女が大好きな「魔法少女ユキコ」の衣装を

購入しようと考える。しかしそれは高額であり、ひょんな

ことで関係を持ったバルバラをゆすることを考えつくが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 題名と内容が全く異なっていて、

かなりミステリアスな部分の多い映画です。

 

映画内で流れる「魔法少女ユキコ」のテーマ曲は、

長山洋子さんのデビュー曲「春はSA-RA SA-RA」と知り

驚きました。元々この歌を知らなかったけれど、昭和の

アイドルの歌という感じです。

 

〇見どころ

三部構成になっていてまず「世界」では、不況で教員の職を

失ったルイスと白血病で余命いくばくもない娘アリシアの

日常生活が映ります。彼女の夢をかなえるため、大好きな

「魔法少女ユキコ」の衣装を購入しようにも高額過ぎる。

日本円で90万円よ〜。

 

マジカルガール

 

でもどうしても買ってあげたいルイスが貴金属店のガラスを

今まさに割ろうとしていると、上からゲボが降って来るんです。

このゲボつながりでバルバラと出会うルイス。ふと気づくんだけど、

バルバラって冒頭に学校で教師に対し、ちょっとマジックを見せて

いたな。ここも肝心なんです。

そして二部の「悪魔」では、そのバルバラと精神科医の夫との

きわめて危うい夫婦関係が描かれます。バルバラはどう見ても

普通じゃないと思う。さらに彼女と関係を持ったルイスから金を

ゆすられ始めると謎の仕事をするわけです。

 

マジカルガール

 

この「謎の仕事」が何なのか、一切語られず、映されず、その仕事の

後のバルバラの姿でそれを想像するだけであり、妄想が膨らみます。

そして第三部の「肉」では、冒頭の教師ダミアンが刑務所から出所する

シーンから始まります。

 

マジカルガール

 

「バルバラに会うのが怖い」そう語るダミアンとバルバラはかつて

何があったのか、そしてそれが刑務所暮らしとつながっているのか、

そこも一切語られず、再び憶測をするわけです。

ルイスが序盤に携帯電話を忘れがち、という癖も終盤にうまく生かされ、

唐突に部屋の電気がつくと、例の歌が流れる...。

細かいところまでもう一度見直したい映画です。面白かった。

 

●惜しいところ

ジグゾーパズルが1ピースだけなかったことの意味が分からなかった。

結構真剣に見たのになー。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
素晴らしい映画ですよね
あの格好でスタンバっていた娘、
魔法少女ユキコのテーマソングがかかった瞬間とあの目力に感極まりました。
本当の意味でのマジカルガールは、娘ではなくバルバラなんでしょうね
  • maki
  • 2017/04/26 7:01 PM
初めまして。いつも楽しみに見ております。
この映画は色々と気になる所があって良かったですね。
ダミアンを使役するバルバラと、ルイスを(実質的に)使役するアリシアという2人のマジカルガールの戦いという考察に感銘を受けた覚えがあります(だとするとMagical Girlsというタイトルになりそうなので怪しいですが)。
パズルが1ピース足りないのは、ダミアンの人間らしい心が最後まで埋まらないことの比喩だと思いました。ラストのダミアンの手品が何を意味するのか(下僕の反逆?)が気になります。
  • maori
  • 2017/04/26 10:42 PM
日本のアニメを使うなら「ひみつのアッコちゃん」とか「魔法使いサリー」とかありますが「魔法少女ユキコ」ですか。初めて知りました。しかも長山洋子さんのデビュー曲とは!娘を思う父の気持ちは分かりますが、そこから話が展開していくのが面白そうですね。ただ普通の話じゃなく何ともミステリアスな展開に。一回じゃ分からない映画ですね。
  • あちゃ丸
  • 2017/04/27 8:33 PM
makiさん、こちらにもありがとう。
暗闇からパッと電気がついたら長山洋子のあの歌です。
スタンバってた少女の表情が悲しかったですね、
バルバラがマジカルガールだと知ったのはこのシーンの後でした。謎の多い映画ですがおもしろかったです。
  • ミス・マープル
  • 2017/04/30 5:20 PM
maoriさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ダミアンとバルバラの関係がはっきり描かれていなかったんですが、おそらくはマジック以上のものがあったのでしょうね。
そうか、あの1ピースはダミアンの心が埋まらないことの比喩だったのかー。確かそれを序盤にルイスが拾っていた気がするんですが。そのあたりも含めてもう1回見たいところです。
よくできた映画で題名と内容がミスマッチなのもよかったですね。
  • ミス・マープル
  • 2017/04/30 5:23 PM
あちゃ丸さん。
長山洋子さんは今は演歌歌手ですが、アイドルで売り出した時の歌のようです。全く知りませんが、昭和の香りがプンプンしました。なかなか面白い映画で結構残酷なところもあるので是非どうぞ。
  • ミス・マープル
  • 2017/04/30 5:24 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
日本の魔法少女アニメにあこがれる少女とその家族がたどる、思いがけない運命を描いたスペイン映画。独創的なストーリーや全編を貫くブラックユーモアが話題を集め、スペインのサン・セバスチャン国際映画祭でグランプリと観客賞を受賞するなど、高い評価を獲得した。監
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/04/26 7:18 PM
マジカル・ガールというか、魔女?
  • 或る日の出来事
  • 2017/05/02 7:27 AM

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2603 最後に更新した日:2017/05/29

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM