エル・クラン

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

エル・クラン

 

「エル・クラン」

原題:El Clan

監督:パブロ・トラペロ

2015年 アルゼンチン映画 110分 PG12

キャスト:ギレルモ・フランチェク

     ピーター・ランサーニ

     ジゼル・モッタ

     フランコ・マシニ

     リリー・ポポビッチ

 

1980年代のアルゼンチン。軍事政権下で要人に

あったアルキメデスは、政権交代により職を失い、

誘拐ビジネスに手を染める。彼は仲間と共に、長男

アレックスも仕事を手伝わせていたが...。


<お勧め星>☆☆☆ ジャケットのようなコミカルな

雰囲気は感じません。


見返りを求めずに、正しいことをせよ


アルゼンチンはまたまた地球上の位置が分かりませんね。

南米のこの辺りです。

 

エル・クラン

 

サッチャー首相時代のイギリスとフォークランド紛争が

起きたことくらいしか記憶にありません。2001年には

通算6回目の債務不履行国となり、経済状況が極端に悪化

したようですが、今は安定しているとのこと。こんな話は

日本ではほとんど耳にしません。
そしてこの国は1976年にビデラ将軍による軍事クーデターが起き、

より強固な軍事政権が生まれたものの、例のフォークランド紛争で

見事に失敗。文民統制へと移行しつつあった時代の事件なのです。

なので映画内で幾度となく「時代は変わったんだ」とか

「いやまだあの時代はやって来る」などと口走るのも納得できます。

 

エル・クラン


映画の主人公はアルキメデス・プッチオ一家。アルキメデスは

かつて軍の要職にあったもののその職を失い、富裕層を狙った

誘拐、殺人ビジネスを実行しているのです。彼には教師をする

妻と娘2人、息子3人がいて、直接手伝っているのは、

ラグビーの花形選手で長男のアレックスのみ。

 

エル・クラン

 

犯罪一家を描いた映画は「アニマル・キングダム」(2010)

を思い出すけれど、あれは祖母を頂点にしたものすごく悪い

犯罪者一家なのに一家の結びつきはとても強く、それが冷たい

恐怖として伝わりました。一方このプッチオ一家はというと、

なんかのんびりしているんですよね。ラテンのノリというか、

事件に手を貸すことに罪悪感を覚えるアレックスも結局次も

手伝ってしまうし、自宅の2回に被害者を監禁しているのに、

気づかずに過ごす娘たちもやや不思議。さらにさらに、誘拐方法や

身代金の要求の仕方が毎回ワンパターンで、絶対に警察に

ばれていると思うけれど、それは実力者を知っているから

見過ごされてしまうという当時の混乱した状況を物語ります。

また直接的な描写はあまりないので、残酷さを感じさせないし、

逆になぜにPG12指定かと思ってしまう。WOWOWだからかな。
実際の事件もその内容より、その事件を生み出した当時の政治的な

混乱やこれに全く気付かなかった周囲の人々について注目が

集まったようで、映画内でも毎朝家の前の舗道の落ち葉を掃き、

近所の人とにこやかに挨拶するアルキメデスの姿が幾度となく映ります。

 

エル・クラン


序盤から家族の映像の中に挟み込まれる、アレックスとモニカが

拘束されるシーンや一家のもとへ警官隊が踏み込むシーンを見ると、

結末はうすうすわかるのですが、その多くは字幕で流されると

いうもので、そこは多少なりとも映像で見たかったところ。
父親アルキメデスに反抗できなかったアレックスの姿は非常に

もどかしく、その彼に恩着せがましい発言をする父親への怒りは

あのようになるわけですね。
「見返りを求めずに、正しいことをせよ」
はアルキメデスの書斎に貼られた紙に書かれていたそうで、

彼は出所後弁護士になったというから、お国柄の違いって

凄いなと実感してしまう。犯罪映画としてはそれほど面白く

なかった気がします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
感想はしばらく経って咀嚼してから書くか、ノリで書くか。迷ったが、ノリで書く方が相応しいように思う。ノリというか、勢いというか。ポップな音楽に乗って、あれよあれよと起こる身代金誘拐事件。首謀者は一家の主人、父だ。そしてこれが家族の生業であり日常なのだ。
  • ここなつ映画レビュー
  • 2017/09/26 3:26 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM