ローマ発、しあわせ行き

3

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

 

ローマ発、しあわせ行き

 

「ローマ発、しあわせ行き」

原題:All Roads Lead to Rome

監督:エラ・レムハーゲン

2015年 アメリカ映画 91分 PG12

キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー

     ラウル・ボバ

     クラウディア・カルディナーレ

     ロージ・デイ

     パス・ベガ

 

若い女に走った夫と別れたマギーは、反抗期の

娘サマーとイタリアへやってくる。そこでかつて

親しかったルカ20年ぶりにと再会するが、サマーが

彼の母カルメンと家出をしてしまい...。


<お勧め星>☆☆ 軽い。

ロマンティックでもなんでもない。


全ての道はローマに通ず!?


ジャーン!2012年映画「海の上のバルコニー」で

見たクラウディア・カルディナーレが、再び出演して

います。最初全然分からなかったのですが、終盤

愛しい人と50年ぶりに再会するあたりからは、少し

小ぎれいにするとかつての美しい面影がよみがえります。

 

ローマ発、しあわせ行き

 

ローマ発、しあわせ行き


声がハスキーで色っぽいのよね。
ストーリーは大変都合のいいもので、バツイチのマギーが

悪い男に利用されているアホ娘サマーを連れてイタリアを

訪れると、滞在先の隣の家に、20年前恋仲だったルカが

住んでいるなんて始まり方なんです。ルカがまたイケメン

なんです。20年経ったら、体型やら頭髪やらあれこれ変化も

起きそうなのに、イタリアのモテ男のままなんてずるい。

 

ローマ発、しあわせ行き
 

さらにコメディに仕立て上げるために入れられた幾つかの

エピソードが待ったくツボにはまりません。入国審査で娘が

「誘拐された」と語ったり、未成年で免許もないくせに、

ルカの母カルメンと車で逃走するサマーは、どこまでも憎らしい。

その母マギーに至っては、わが子可愛いさのあまり超過保護だし、

人の話を聞かないし、物事を勝手に自己完結していく。この

早とちりに何度イライラさせられことか。
イタリアの田舎の人が英語を話すのもすごく不思議。逆にマギー

がろくすっぽイタリア語を話せない方が違和感ありまくりです。

何のために若いころイタリアに滞在していたんだろう。

 

ローマ発、しあわせ行き 
 

あ、でもマギー役のサラ・ジェシカ・パーカーのスタイルは

抜群ですね。そして困ったことが起きると、大変都合よく

助けてくれる人が現れるのが幾度もあり、こんな夢物語

見ていられるかよって思っていたら、なんとそのまま終わって

しまいます。それも予想通りに終わり方で、気分は悪くない

ですが、特に何の思いもなく見終えました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM