IT イット ”それ”が見えたら終わり。

2

JUGEMテーマ:Horror

 

it

 

「IT イット ”それ”が見えたら終わり。」

原題:IT

2017年 アメリカ映画 135分 R15+

原作:スティーブン・キング

監督:アンドレス・ムシェッティ

キャスト:ジェイデン・リーベラー

     ビル・スカルスガルド

     フィン・ウルフハード

     ジャック・ディラン・グレイザー

     ソフィア・リリス

 

1988年10月、ビリーの弟ジョージーが雨の日

突然姿を消す。彼の住む町デリーでは、子供が行方

不明になる事件が頻発しており、同時にビリーや

友人たちは恐ろしい「それ」を目撃するようになるの

だった..。


<お勧め星>☆☆☆☆ 音と映像の両方ですごく怖い

けれど、ラストはなぜか心が温まる内容です。

 

一番怖いものは今も同じか?


原作はスティーブン・キング。1000ページ超の小説で、

必死で読んだもののすっかり内容を忘れています。また

27年前に映画化された作品は未見。なのでほぼまっさらな

状態で鑑賞しました。実は同時期公開されていた

「ジグソウ:ソウ・レガシー」を先に選んでしまい、やっぱり

こちらも見たいと遅れて鑑賞。
監督は「MAMA」(2013)のアンドレス・ムシェッティ。

あの映画では空白の5年間姉妹を育てたものは誰か?が

分かったときとラストは切なさを感じつつ、映画全体では、

音と突然姿を現す何かにはドキドキさせられまくりでした。

 

it
 

この映画でも、少し言葉がもつれる兄ビリーがつくった舟を、

大雨の日水の流れる道路へ浮かべに行った弟ジョージーが、

いつどうなるのか、最初からドキドキさせられます。流れる

ような映像が、排水溝に舟が吸い込まれたとき、突然止まります。

 

it
 

ちなみに踊るピエロことペニーワイズ役はビル・スカルスガルド

というイケメン俳優さんで、メイクで全くの別人に変わって

います。
そして1年後、例のビリーは友人たち集まって遊ぶものの、

自他ともに認める「ルーザーズ」であり、不良のヘンリーたち

からしょっちゅういじめられているわけですよ。これ同級生かしら。

 

it

 

こんな不良のオヤジが保安官ってねえ。この田舎町では役に立つ

大人は誰一人としておらず、逆に子供たちを虐待したり、過保護に

したり、ビリーのように弟の話をしただけで叱られるという悲しい

生活を送っています。ここに「恐怖」が存在するんです。その

「恐怖」が誰も同じではなく、またおそらくは成長すれば解決

されるような代物なのですが、それはとにかく怖い。
わたしは子供の頃何が怖かったんだろうか。これって真剣に

考えないと思い出せないし、もしかしたらすっかり記憶から

抜け落ちているかもしれません。わたしが怖かったのは

「ミイラ人間」とかいうテレビ番組じゃなかったかな。姉が

ミイラの動きを真似してはわたしを泣かしたもんだ。くそう。

そうだ、姉はゴキブリが怖いのだ。へへん、そんなもの平気だーい。

とか言っているからいつまでもゴキブリの対処はわたし専門に

なっているじゃないか。ここでもくそう。

 

it
 

登場人物の家庭環境はかなり駆け足の説明なので、もう少し

細かくてもいいかなと思います。しかしながら本筋がこの

「ルーザーズ」がいかに「ペニーワイズ」に立ち向かうかという

過程が中心なので、ポイントが絞ってあって良いのかもしれません。
同じスティーブン・キング原作の映画「スタンド・バイ・ミー」

(1980)と同じでその時期だけ繋がっていた友情を描いて

いて、結構切なくもなります。
ただ終盤はたたみかけるようなシーンの連続なのでスリル満点。

これは観てよかった映画です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
イット・イズ・ア・ピエロ。
  • 或る日の出来事
  • 2018/01/06 8:58 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM