二つの真実、三つの嘘

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

二つの真実、三つの嘘

 

「二つの真実、三つの嘘」

原題:Proxy

監督:ザック・パーカー

2013年 アメリカ映画 130分 PG12

キャスト:ジョー・スワンバーグ

     アレクサ・ハビンス

     クリスティーナ・クリープ

     アレクシア・ラスムッセン

 

妊娠9か月のエスターは暴漢に襲われ死産して

しまう。その後セラピーで知り合ったメラニーと親

しくなるが、彼女が事故死したと話す子供と

ショッピングモールにいるのを目撃してしまう。


<お勧め星>☆☆☆ 現実と妄想が入り乱れ、先の

読めない内容になっています。


注目されたい心


この映画を見てまず頭に浮かんだのが

「代理ミュンヒハウゼン症候群」。子どもなどに傷害行為

をし、周囲から自分の看護ぶりを認めてもらいたい欲求に

かられる精神疾患で、日本でも時折事件として報道されます。
とはいえこの映画での第一のヒロイン、エスターはそう

ではなく、「妊婦」ということで周囲から注目され、優しく

されることの喜びを感じ、精子バンクで妊娠した女性なのです。

この人がまた幸薄そうなルックスなんだなあ。

 

二つの真実、三つの嘘

 

帝王切開後の体を鏡に映すけれど、かなりリアルでありつつ、

少しも色気を感じないヌードです。
一方、彼女がセラピーで知り合った第二のヒロイン、メラニー

は、子供が誘拐されたとか、交通事故で亡くしたなどと語る

ものの、実際には夫も子供もいる幸せな家庭のはず。夫は

社長の御曹司でありお金はあるが、仕事人間かつ我が子と

同じくらい子供っぽい..と思う。結局メラニーも「孤独」を

感じているんだけれど、それは普通ではなく、

「子どもを亡くした母として同情されたい。注目されたい」と

いうものなのです。ここ、かなりイカれていますよ。

 

二つの真実、三つの嘘
 

エスターはレズビアンで、恋人アニカがいるけれど、なぜか

行きずりの男たちと関係を持ってしまう。う〜ん、やっぱり少し

おかしいか。
エスターは一方的にメラニーにシンパシーを感じ、それを拒絶

されると、彼女の自宅に侵入するという暴挙に出るのです。

そこで起こる恐怖の出来事は、まずバスルームのドア越しに

聞こえる水音、物音から始まり、ショットガンで撃ち抜かれる

エスターの飛ばす血しぶきがスロー映像となってゆっくり目に

入ります。

 

二つの真実、三つの嘘

 

血の1滴1滴が、ゆっくり頬に額に腕に壁に飛んできます。

2回目の銃撃の後は、撃たれたエスターの姿は映らず、そこに

飛んできた物体で彼女の姿が想像できるという怖さ。

すごいんです。
時折入り込む妄想が現実と入り乱れ、え?と思う瞬間がいくつも

ありましたが、それがラストシーンまで続くとは思わなかった

です。さあ、どうなったんだろうか。
そして邦題の2つの真実は何で、3つの嘘は何だろうか。なかなか

興味深い内容でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2730 最後に更新した日:2018/01/22

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM