君の膵臓をたべたい

4

JUGEMテーマ:邦画

 

君の膵臓を食べたい

 

「君の膵臓をたべたい」

監督:月川 翔

原作:住野よる

2017年 日本映画 115分

キャスト:浜辺美波

     北村匠海

     大友花恋

     矢本悠馬

     北川景子

     小栗 旬

 

同級生、桜良が膵臓の病に侵されているという

秘密を知った「僕」は、彼女に急接近される。

「僕」はそんな彼女の願いを一つずつ叶えて行くが...。


<お勧め星>☆☆☆ この手の話は好みではないけれど、

やはりそれを実感しました。


誰かとつながること


原作は未読なので、題名の意味は全く分からず、とは

いえそのままの意味ではないと感じながら鑑賞。映画は、

現在高校教師をしている「僕」が、かつて図書委員だった

ことから、老朽化した図書館の建て替えのため、在書整理

の担当になるところから始まります。現在の「僕」役は

小栗旬。かなりくたびれた感じで最初誰だかわからなかった

です。

 

君の膵臓を食べたい

 

この12年後の姿は原作には登場しないらしく、映画では

高校時代の「僕」とヒロイン桜良との姿を、現在の「僕」が

図書整理をしながら回想していくという展開になっています。

しかしながら高校時代の「僕」役が北村匠海でめっちゃ

イケメン。小栗旬もイケメンだけれど、あの濃い顔が成長

するとこんなシュッとした感じになるとは到底思えません。

一方桜良の親友恭子の12年後が北村景子が演じていますが、

こちらはもう綺麗になりすぎている。

 

君の膵臓を食べたい

 

君の膵臓を食べたい

 

このままだと「お鼻整形した?」とまず聞きたくなる。この

辺りは見た目なので話とはあまり関係ありません。
高校時代の「僕」は誰とも関りを持たず、「ネクラ」なわけで、

たまたまクラスの人気者桜良の秘密を知り、それ以降

「仲良し君」と呼ばれて、ほぼ一方的に付きまとわれるのです。

浜辺美波さん、普通。(あくまでも個人の好みです)
難病物にありがちな、涙がちょちょぎれるシーンが連続して

あるわけではないので、個人的には好感触だったのですが、

なぜか心が入り込めないのです。そうだ、この映画の高校時代

には「大人」がほとんど出てこないのだ。「僕」の家も桜良の

家も学校でも「大人」は出てきません。それは敢えてなの

でしょうか。もしかしたら終盤の「泣き」ポイント、その1で

登場する桜良の母親の存在を強めたかったのかしら。

 

君の膵臓を食べたい
 

それからセリフに深い意味を込めた言葉が多すぎて、小説なら

頭に入るけれど、映画の内容をセリフで補ったら、何のための

映像かと思ってしまうのです。
「人に臓器を食べてもらうと魂がその人の中で生き続ける」

的なセリフがばんばん登場し、ふむふむとなるけれど、それが

繰り返されると心に残らなくなってくるのです。
そして「泣き」ポイント、その2に至るまでがまどろっこしいので、

せっかく北川さんが嗚咽を漏らしても、こっちは全然泣けません。

北川さん、泣いてもきれいねえ。(そんなこと思っている場合じゃない)
誰かとつながることが「生きる」こと。その言葉はとても大事

だし、限られた命ですら、思いがけないことで失われることも

あるから、普通の日々を大事にしようという、ごく当たり前の

ことを再確認する感じで、どうもわたしの好みの映画じゃないなあ

と思ってしまいました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
こんばんは
ヒロ之さんのところで、みてみようかなあとコメントされていたので、さっそく鑑賞されたんだーと記事を拝見させていただいたのですが、
いまひとつ?だったようですね

うーん、ミス・マープルさんのいうとおり、
印象付けるためのセリフが何度もでてくると、確かに冷める…
うーんどうしよう。見ようか見まいか。
邦画、泣きものってだけでパス、という気持ちはあるんですけどねえ。
  • maki
  • 2018/01/20 8:23 PM
マープルさんご無沙汰しております。
原作だけ読んで映画は未見ですが、私もヒロ之さんが絶賛されていたのと、原作にない部分も気になって観たいと思ってたところです。
マープルさんはお好きじゃなかったんですね。
私はどうだろう。

お伝えするのが大変遅くなりましたが、gooブログに引っ越しました。
昨年来多忙にしていて、更新が滞ることもありますが、お邪魔できるときにはコメントも残させていただきたいと思いますので、今年もよろしくお願いいたします。
ブックマークさせてくださいね。

  • pu-ko
  • 2018/01/21 2:53 AM
こんにちは!
うわあイマイチでしたか・・・。
すみません、私がかなり期待させちゃったのかもしれません><
何かのネット記事で読みましたが、邦画はダラダラと台詞で説明するのがダメだみたいな事が書かれてましたが、確かにこの作品でもそういう節は見当たりましたね。

色んな映画批評ブログさんの評価を拝見させて貰いましたが、合う合わないの意見が5分5分という感じでしたので、マープルさんの率直な感想も参考になります^^
pu-koさん、お久しぶりです。
わたしの好みではないという感じで映画の好きな友人達には概ね高評価でした。なのでぜひご覧になってください。
わたしの方も多忙でなかなか更新できなかったり、コメントやTBができないのですが、また遊びに行かせていただきます。それとpu-koさんのブログへのコメントはpwが必要なのでしょうか。もしよかったら教えてくださいね。よろしくお願いします
  • ミス・マープル
  • 2018/01/21 4:44 PM
ヒロ之さん、こちらにもありがとう。
いいえ、わたしの映画仲間では多くの人が高評価なのでちょっと肩身が狭いです。すみません。
ヒロインの女の子がいまいちだったせいかも..。やはり難病物は肌に合わないのだと実感しました。
情報ありがとうございました。
  • ミス・マープル
  • 2018/01/21 4:46 PM
makiさん、こんばんは!
多くの方が高評価ですので、是非ご覧になってください。わたしは全然泣けませんでしたが、涙腺崩壊の方の方が断然多いです。(冷血人間みたですよね..)
映画としてはよくできていると思いますので機会があれば見て感想を教えてくださいね!
  • ミス・マープル
  • 2018/01/21 4:49 PM
観ました。
うん、マープルさんが言われておられる通り
ちょっと高校生らしい物言いではなかったかなと思いました。詩的というか小説的とでもいいますか。
そして物語も、やはり泣かせ映画通りの道順で進みましたね
「泣いていいですか」のシーンではうるっときたものの、それ以降のシーンは感動ポイントをぶつぎる形になっちゃってて(結婚式へ急ぐシーンとか)エピローグのタイトル言いは良かったけれども、私も「普通」に感じちゃった次第です
ただ、他の方がせつないとか泣けるという気持ちもわからなくはない「透明感のある映画」だなあというのは感じました
  • maki
  • 2018/01/24 3:42 PM
makiさん、こんにちは。
さっそくご覧になったのですね。感動ポイントが分かりすぎていてややあざとかったけれど、おっしゃる通り「透明感のある映画」であることは間違いないと思います。原作はもっと素晴らしいようです。とはいえ読む気にならないんですけどね(^-^;
  • ミス・マープル
  • 2018/01/25 8:22 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
TBはここにお願い致します。
  • 銀幕大帝αTB受付
  • 2018/01/21 2:58 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM