バーフバリ 王の凱旋

4

JUGEMテーマ:アクション映画全般

 

バーフバリ

 

「バーフバリ 王の凱旋」

原題:Baahubali2  The Conclusion

監督:S・S・ラージャマウリ

2017年 インド映画 141分

キャスト:プラバース

     アヌシュカ・シェッティ

     ラーナー・ダッグバーティ

 

マヒシュマティ王国の王に指名されたバーフバリは、

クンタラ王国の姫デーヴァセーナを見初めてしまう。

しかし従兄のバラーラデーヴァの企みにより、

バーフバリは王の座を奪われた挙句、その命まで

狙われることになるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆☆ 体中から熱気が沸き上がる

感じです。絶対にパワーをもらえる映画です。


みんなで叫ぼう「バーフバリ」


「伝説誕生」に続き10分休憩をはさんで「王の凱旋」

を鑑賞。

 

 


ネタバレしているかもしれません。

 

 


「伝説誕生」のラストがバーフバリの最も忠実だった

部下のカッタッパがバーフバリを殺害したとシブドゥに

語ったところで終了。え?え?なんでこうなったの?

それは見ないわけにはいかないでしょう。
丁寧に冒頭3分で「伝説誕生」おさらい的なシーンが

出ますので、「王の凱旋」のみを見ても大丈夫。でも

前に書いた通り、人物の顔と名前、そしてその背景を

知るにはやはり「伝説誕生」から見るといいと思います。
そうそう気になって調べたのですが、バーフバリ役の

プラバースは189cm、85kgで役作りのため30kg

筋肉をつけ、バラーラデーヴァ役のラーナー・ダッグバーティ

は192cm、95kgと25kg筋肉をつけたそうです。

あれがものすごい体として私の目を楽しませてくれたの

ですね。

 

バーフバリ
 

薄々というか最初からわかっていたけれど、シブドゥの

父はバーフバリでこの2人はプラバースが演じているので、

どうやって区別をつけたらよいかというと、それは

ものすごく簡単。カッタッパや叔父のビッジャラデーヴァ

の髪や髭が白いか黒いかでわかります。でもそんなに気に

するほどストーリーはややこしくないので絶対に間違わない

と思うんだけど。
戴冠式を前にカッタッパと旅をするバーフバリがクンタラ王国

の姫デーヴァセーナに恋し、身分を偽ってその国に仕えるシーン

がコミカルに描かれ、姫の兄クマラのイノシシ狩りを手伝う

(いや手伝ってはいない。手柄をクマラに与える)バーフバリ

の動きは、隣の席の男子たちが体をゆすって大笑いするほど

でした。

 

バーフバリ

 

2人が「永遠の愛」を誓いマヒシュマティ王国まで船で

移動するのになぜか空を飛んでいるのかって?だって神様の

お話だもの、あたりまえじゃない。
そして雰囲気ががらりと変わるのが、マヒシュマティ王国に

到着してからのこと。ものすごく悪知恵の働くバラーラデーヴァ

やその父で叔父のビッジャラデーヴァによって、バーフバリ

は王位を奪われてしまうのです。「王位」をとるか「恋」を

とるか。まるでイギリスでの「王冠をかけた恋」エドワード8世

を見るようです。いや違う。こちらは軍を率いる任務を与えられ、

それをしっかり全うしようとするんです。叔母であるシヴァガミ

への愛は揺るがないのに、シヴァガミは目も合わせてくれない。

ちょっと奥さん、これは嫁姑問題みたいじゃないですか!

「あんた、家より妻を取ったから、二度と家の敷居をまたがせ

ないわよ。口もききません」の勢いです。(これもだいぶ違う)
さらにバラーラデーヴァの嫉妬と猜疑心はとどまることを知らず、

デーヴァセーナを陥れようとしてそれを救ったバーフバリを

2人もろとも王国から追放することをシヴァガミに決断させたり、

遂には彼の命すらも狙おうと考えるわけです。骨肉の争いほど

醜いものはないけれど、こちらは一方的に悪が決まっているから

超簡単。難解なヨーロッパ映画だとあれとあれが繋がっていて、

こちらはあれとも繋がっていてなんてことになりかねず、

見終わってからネットで調べる羽目になります。こいつのクズ度は

「伝説誕生」よりも数倍アップしており、それは彼こそシヴァガミの

実子であり、同じような体格で同じような武術を身につけたのに、

人民から一向に慕われないという違う意味での「嫉妬」も加わった

せいかもしれません。こいつは実母であるシヴァガミすらも

利用するという徹底的な「ワル」なんですよ。
自らの出生の秘密や父母の復讐のため、(あ、ちなみに母

(デーヴァセーナ)はバラーラデーヴァに25年間幽閉されて

います。可愛さ余って憎さ100倍にもほどがある。)シブドゥは

立ち上がり、反乱軍と共にマヒシュマティ王国へ攻めていくわけ

です。

 

バーフバリ

 

何十人敵が来ようと、1本の剣で戦えるし、どんなに傷ついても

立ち上がります。それは父がかつてデーヴァセーナと戦った

ように華麗かつ非現実的な姿なのですが、それもすべてすんなり

受け入れられる、まさにこれぞバーフバリの姿と思えるのです。
「勧善懲悪」が徹底しており、悪い奴はとことん叩きのめされて

いくのも爽快です。とにもかくにも圧倒的な戦闘映像と音楽、

極彩色の衣装、幻想的なシーン全てにおいて大満足の映画でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


関連する記事
コメント
こんにちは。

バーフバリ熱が冷めやらず
札幌の「伝説誕生」「王の凱旋」の2作連続絶叫上映に行ってきたのですが
いやもう素晴らしかったですね!
やはり大スクリーンだと迫力も違うし
音が腹に響くし
みんなバーフバリ!と叫ぶわで拍手するわで
最高に楽しかったです
しばらく私はバーフバリにはまってそうです

ところでまたもと言われそうですが
引っ越しました;
新しいブログについてはURL欄に記述してあります。はてなブログになります。
理由についてはもう前のWordPressブログに書いてある通りとしてしかいえないのですが、
リンクの張り替えと整理をお願いできますでしょうか。
そうそう、あと、1か月半ほど「ブログ名をもとに戻します」お知らせも張ってあったのですが、ご覧になられていなかったようですね。簡単に言ってしまえば、古い知人が「いやいやえん」で検索して探してもらえるように、元のブログ名に戻しますってことでした。
マープルさんのブックマークには、私の昔のブログだけで2件の登録があります。(幻燈シネマとキネマびっけ)
申し訳ないのですが宜しくお願い致します
  • maki
  • 2018/03/11 2:30 PM
こんばんは。
何度も済みません;
お手数をおかけしますが
リンクの変更をお願いできますでしょうか。
URL欄に記述してあります。FC2になりました。
申し訳ありません、よろしくお願い致します。
  • maki
  • 2018/03/14 10:05 PM
makiさん、遅くなって申し訳ありません。
最近書くだけの日々になっています。
さっそく更新しますね。お気にかけていただいてありがとうございます。
  • ミス・マープル
  • 2018/03/15 8:35 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM