ジェーン・ドゥの解剖

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ジェーン・ドゥの解剖

 

「ジェーン・ドゥの解剖」

原題:The Autopsy of Jane Doe

監督:アンドレ・ウーブレダル

2016年 アメリカ映画 86分 R15+

キャスト:エミール・ハーシュ

     ブライアン・コックス

     オフィリア・ラビボンド

 

バージニア州の田舎町で遺体安置所を営むトミー

の元に嵐の晩、若い女性の遺体が運び込まれる。

彼は息子オースティンと共に通常通り解剖を

始めるが、その体内の異常さに驚くのだった。

そして...。


<お勧め星>☆☆☆☆ もう超絶怖い。最近観た

映画の中では群を抜いています。


17世紀 ニューイングランド


ジェーン・ドゥというのは人の名前ではなく、

身元不明の遺体につけられる名称だと初めて知り

ました。オープニングから凄惨な事件現場が映り、

そこで現場検証を行う幾人もの警察官があちこち

出入りし、そして地下で土に埋められた若い女性の

遺体が発見されるのです。警察官が動く部屋、廊下、

床、壁にはもうべったりと血のりがついていて、

何が起きたのかわからないけれど、とりあえず数名が

亡くなったことがわかります。うん、このくらいは平気。

一方ティルデン遺体安置火葬場では、トミーと息子

オースティンが、これまた焼けただれた遺体の検死解剖を

行っているのです。ポップな音楽を流し、ノリノリに動く

オースティンを見ると、慣れって怖いなあと思ってしまう。
かつてテレビドラマで「きらきらひかる」というのが

ありましたが、あの映像なんてちゃんちゃらおかしいくらい

優しいものに感じられます。でもあの漫画原作のドラマは

面白かったです。深津絵里ちゃんが若かったなあ。

 

ジェーン・ドゥの解剖
 

そしてこんな場所にわざわざ入り込むのがオースティンの

恋人エマで、あろうことか「遺体を見てみたい」なんて言う。

そこで彼女は遺体の脚につけてある鈴についての説明を

受けるわけです。「死んでいることの証明」というその鈴は、

昔の風習のままだという。つまり鈴が鳴ったら生きている

わけですね。(ここ強調)

 

ジェーン・ドゥの解剖
 

この鈴の音が一瞬でも可愛いと思ったら後半必ず後悔するし、

絶対にこの鈴が使われると確信してしまう。
さらに安置所が自宅の地下にあるのですが、その部屋に行く

までの通路の角にあるミラーが、これまた不気味なんですねえ。

わざわざトミーやオースティンをミラー越しに映したりして、

少しずつ恐怖の世界に引き込んでいきます。

 

ジェーン・ドゥの解剖
 

さあ、エマとデートに行こう!と思ったら、例の遺体が運び

込まれてきます。暴風雨だし、晩だし、それなのに

「明朝までに検死報告を」と求められ、トミーは「あいよ!」

と引き受けます。
「明日にすれば良かった」いえ「明日にしても同じだった」の

です。ここからそのぱっと見は美しい遺体を手順を踏んで

検死解剖を行うのですが、1つ1つのことがあり得ないこと

だらけなのです。ここはかなりリアルなので、グロ映像が

苦手な方はお勧めできません。ああ、そもそも最初から

すごいのでその時点で脱落した方がいいと思います。
終盤、ラジオが混線し、不気味な歌詞の陽気な歌が流れ、

安置所のドア、ジェーン・ドゥの遺体とオースティン、トムの

表情が次々に映り、電灯が点滅すると、恐怖はマックス。
さらに鈴も聞こえてきます。鈴の意味を思い出すと、ゾクゾク

しまくること間違いなし。最後までその恐怖は連続し、最初は

こんな映画とは思わなかったと感じてしまいました。

怖いのが好きな方にはお勧めです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
こんばんは。

これは怖かったですよね。
私も久々におっそろしいホラーだと思いました
ひたひたする感覚は、ハリウッドホラーとは違うもので、あとで監督を知って、直球のアメリカホラーではなかったのかと感心した次第です
  • maki
  • 2018/03/24 9:22 PM
あと、すみません
今気が付きました。
リンクのブログ名が間違っています。
直していただければ幸い…。
「いやいえん」→「いやいやえん」です

さっきのコメント時に一緒にかければよかったですね(><)
  • maki
  • 2018/03/24 9:26 PM
makiさん、申し訳ありません。
さっそく直しますね。
この映画は怖かったです。何が怖いって逃げようのない恐怖です。一人で晩には見られませんね。
  • ミス・マープル
  • 2018/03/28 4:44 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
おもしろかった!
  • 或る日の出来事
  • 2018/05/16 7:13 AM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3060 最後に更新した日:2019/10/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM