暗黒街(2015)

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

暗黒街

 

「暗黒街」

原題:Suburra

監督:ステファノ・ソッリマ

2015年 フランス=イタリア映画 135分 R15+

キャスト:ピエルフランチェスコ・ファビアーノ

     エリホ・ジェルマーノ

     ジャン=コーグ・アングラード

     グレタ・スカーアーノ

 

2011年、イタリア与党の議員マルグラーディは、

ある再開発法案の成立を目指していた。その法案には、

利権にありつこうとする政治家やマフィア、教会も

絡んでいたが、彼がある事件を起こしたことで、抗争

へと発展していく。


<お勧め星>☆☆☆半 まさに血で血を洗う抗争の中に

人間の際限のない欲望を感じます。


「取引は今度にしな」


監督は「ボーダーライン」(2015)の続編を担当する

ステファノ・ソッリマ。「ボーダーライン」は「灼熱の魂」

(2010)「メッセージ」(2016)

「ブレードランナー2049」(2017)の

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が製作しており、まさに

「善悪の境界線」の曖昧さを緊張感あふれるストーリーで

描いていました。ベニチオ・デル・トロの凄みのある演技に

酔いしれましたねえ。続編ではさらに非情でかつ無慈悲に

なっているらしいです。
さて、この映画の舞台は、2011年のイタリア、ローマ。

「アポカリプスまで7日」と字幕で出る通り、アポカリプス

(黙示→滅亡、終末)までのたった7日の出来事を描いて

いるのに、中身が本当に濃く、事件が次々と目まぐるしく

起こり続けるのです。
序盤は、人物構成が全く分からず、ただ映像を見ている

しかないのですが、始まってすぐに、未成年のコールガールが

ドラッグ中毒死。その場にいた大物政治家マルグラーディと

もう一人のコールガール、ニンニの行動が、彼が成立を目指す

ウォーターフロント計画の1つの法案とどう関係してくるのか。
このマルグラーディが終盤に検察関係者に向かって放つ言葉が
「司法なんて、くそくらえ。」
権力を持つと人間は万能だと勘違いしていくものなのですね。

 

暗黒街

 

その権力がいかにもろい土台であることすら忘れてしまう

らしい。とりあえず登場する人物は悪い奴ばかりです。

時折映り込む夜のローマの限りなく美しく、そこで

繰り広げられる数々の暴力が全く対照的に映し出されて

いきます。

 

暗黒街

 

暗黒街

 

暗黒街

 

昔気質の一匹狼「サムライ」、マフィアの父を持った

アウレリアーノ、ジプシー集団という見ての通りの悪い奴と、

政治家、教会という表向きは人々のために動くはずのメンツ、
その間を右往左往するチンピラなどが、アポカリプスに近づく

につれて、窮地に追い込まれ、死人が出ていきます。
映像がモノクロっぽく、ノワール・アクションの雰囲気を

醸し出し、音楽もシーンにぴったりのものが流されます。

全てが金のために動いていることが人間の醜さをあぶりだし、

見ていてとても気分が悪くなるのですが、多かれ少なかれ

世界はこんな感じなのだろうと思ってしまう。少し気に

なったのは、皆危険な身の上なのに護衛がいなかったり、

いたとしても弱かったり、自宅が無防備すぎること。まあ

それを抜かすと、大変見ごたえのある映画でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM