アナベル 死霊人形の誕生

4

JUGEMテーマ:Horror

 

アナベル

 

「アナベル 死霊人形の誕生」

原題:Annabelle:Creation

監督:デビッド・F・サンドバーグ

2017年 アメリカ映画 110分 PG12

キャスト:ステファニー・シグマン

     タリタ・ベイトマン

     ルル・ウィルソン

     フィリッパ・パークルサード

 

自宅を孤児院として提供するというマリンズ家に

6人の孤児とシスターがやって来る。孤児の一人で

足が不自由なジャニスは、到着した晩から、その家

の不気味さに気づくのだったが..。


<お勧め星>☆☆☆☆ ああ、怖かった。

もう絶対に怖いんだから!


ビーはアナベルの愛称


2014年公開映画「アナベル 死霊館の人形」の

前日潭なのですが、その映画は2013年公開の

「死霊館」のエピソードの前日までの話であり、

2016年には「死霊館 エンフィールド事件」が

公開されています。「死霊館」シリーズが霊能力者

ウォーレン夫妻が手掛けた事件を描いているのに対し、

「アナベル」シリーズはその人形にまつわるエピソード

を辿っていくというもの。個人的には

「アナベル 死霊館の人形」は一番評価が低く、自分の

メモを見返すと、単体では怖いけれど、前年公開の

「死霊館」があまりにインパクトが強く、やや肩透かしを

感じたと書いてある通り、怖いと言えば怖いものの

ストーリーにほころびがあった気がします。
ところが今作はとにかく不気味なんです。オープニングが

明るいものほど終盤の恐怖大というパターンの典型ですね。

 

アナベル
 

人形作りをしているサミュエルとエスター夫妻(エスターと

いう名前も怖い)は一人娘ビーを事故で無くして12年。

孤児たち6人とシスターを家に招きいれることにしたのです。

 

アナベル

 

またこの家が大きくて豪華なのに、様々な仕掛けがあるんです。

孤児の1人ジャニスは足が不自由であるがゆえ、そこに

たまたま設置してあった階段の昇降機を使う。これがまた

まどろこしいスイッチの入り方だし、動きもぎこちなくて

いつ止まるかわからない感じです。さらに開けてはいけない

部屋がある。その上、いるはずの妻エスターは一向に姿を

現さないし、夫を呼ぶのにチリリンと鈴を鳴らします。

鈴ってこの間見た「ジェーン・ドゥの解剖」を思い出す

じゃないの!そして序盤から登場するのが例の人形です。

 

アナベル
 

いろいろな謎を見せながらそれを一つ一つ説明する映像が

流れつつ、静寂のあとの大きな音、光が点滅し消えた後に

突然起こる出来事は心臓がバクバクしっぱなしでした。
「アナベル」人形...そもそも「アナベル」の名前の由来を

知るとこれから起こる恐怖の出来事(知っているけれど)が

頭をよぎります。とにかくものすごく怖いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3060 最後に更新した日:2019/10/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM