ウィッチ

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ウィッチ

 

「ウィッチ」

原題:The Witch

監督:ロバート・エガース

2015年 アメリカ映画 93分

キャスト:アニヤ・テイラー=ジョイ

     ラルフ・アイネソン

     ケイト・ディッキー

 

1930年、アメリカ、ニューイングランド。

聖書の解釈の違いから村を追われたある一家が

森の近くに居を構える。しかしある日長女が

あやしていた末息子が姿を消したことから、一家

の中に様々な疑惑が生まれていくのだった。


<お勧め星>☆☆☆ 宗教色が濃くとても不気味な

映画です。


17世紀、ニューイングランドときたら..


冒頭から陰鬱な画面が映り、何やらある一家が

宗教関係のトラブルで村を追い出されるはめに

なるのがわかります。一見すると信念が合って

頼りになりそうな父親ウィルと神経質そうな

母親ケイト、そして子宝一家には6人の子供たちが

いるわけです。
17世紀、ニューイングランドと検索するとすぐに

ヒットするのが「魔女裁判」であり、この映画も

原題通り「魔女」絡みであることは確実ですね。

もう怪しいにおいがプンプン漂う場所に住みつく

わけです。

 

ウィッチ
 

6人の子供のうち長女トマスン役は「スプリット」(2017)

のヒロイン、アニヤ・テイラー=ジョイ。この映画でも

体を張った演技を見せており、絶叫クイーンと呼ぶに

ふさわしいほどの悲鳴も上げてくれます。そして長男ケイレブ、

双子の妹弟マーシーとジョナス、赤ん坊のサムといるのですが、

このサムはトマシンが子守りをしている一瞬のすきに姿を

消します。おーっと一方でウルトラ不気味な映像が映っていますね。

あれですよ、やっぱりあれですよ。
元々長女を好んでいなかったらしい母親はさらにトマシンに冷たく

なるし、双子はやけにうるさい。

 

ウィッチ

 

森自体を不気味に映しつつ、双子の聞き分けがない姿を

見ているとそれが不協和音となって、心にズンズン響いて

きます。この一家に何かが迫っている、いやもう手が届いて

いるのか。その上、作物を育てるのも狩りもめっちゃ

下手くそなウィルは家長というだけで家族を支配しているの

です。閉鎖された空間での肉親が互いを信じなくなること

ほど怖いものはないですね。

 

ウィッチ
 

ケイレブとトマシンが唯一まともだと思っていたけれど、

そんなケイレブに訪れる不幸。それは少年から少し大人に

なろうとした一瞬のすきを突いたものではないでしょうか。

このケイレブ役の少年の演技もすごいです。
ラスト付近は暗闇の中の恐怖からたたみかけるように夜が

明けてからの恐怖に変わります。あの場所が、いや、村を

離れた時から、この出来事は予測できたものだったかも

しれません。
リンゴ=白雪姫で使われた
黒山羊、カラス、黒うさぎ=アレには欠かせない
非常に宗教色の濃い映画でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM