エクストーション 家族の値段

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

エクストーション

 

「エクストーション 家族の値段」

原題:Extortion

監督:フィル・ボルケン

2017年 アメリカ映画 103分

キャスト:アイオン・ベイリー

     バーカッド・アブディ

     ダニー・グローバー

     ベサニー・ジョイ・レンシ

 

医師のケビンは妻ジュールズ、息子アンディと休暇を

過ごすためカリブ海を訪れる。彼らはボートを借り

クルーズへ出発するが、無人島に立ち寄った後、

エンジンの故障でボートが動かなくなってしまうの

だった..。


<お勧め星>☆☆☆半 スリルはあるけれど、なんだか

主人公に同情できない映画です。


海洋アクティヴィティには要注意

 

 

ネタバレしています。

 


extortion=ゆすり、強要
この原題といい、邦題の副題といい、どうもいまいちです。

そうじゃないんです。主人公一家があまりにアホだったん

です。あ、それでも映画のテンポは速く、ハラハラしつつ

同時にイライラもします。
カリブ海へバカンスに出かけて大変な目に遭うのは

「オープン・ウォーター」(2004)。ちゃんとツアーに

参加したのに、現地の船長の適当な人数チェックでサメが

泳ぎ回る海に取り残されてしまう夫婦の姿は何が怖いって

大海原では、誰も気づいてくれないということ。遠くに

大きな船が通りかかっても見えないということ。

「Help!」という声がただただ虚しく響くのみでした。
また「海底47m」(2016)はメキシコを訪れた

イギリス人姉妹がろくでもない「シャークダイビング」に

誘われて、止めとけばいいのに参加しちゃう。当然そこで

起きる出来事は、サメがアターックする連続..いやそうでも

ないか。酸素が不足するんだったな。とにもかくにも中南米

での海洋ツアーは正規に申し込んでも危険だし、甘言に

のって怪しい業者に申し込んだらえらいことになると肝に

銘じてしまいました。多分行くこともないけれど。
しかしこのケビンは妻ジュールズ、息子アンディとの

水入らずの休暇で大失敗を冒すわけです。「金がものをいう」

なんて近所のじいさんに言われたもんだから、最初から

現金をバラまいて、ホテルの部屋をアップグレードしたり、
息子の願いの水上バイクを借りるため「余分に払う」と言う。

 

エクストーション

 

この態度は見ていてとっても不愉快極まりない。観光で

国の経済が成り立っているとしても、観光客と現地の人との

格差が大きすぎるのです。その辺りはスルーして見ていると、

ケビンは怪しい業者にボートを借りてしまう。どう考えても

危険ですよ。現金払い、船は返さなくても保険に入っている

からいい、免許の確認もなし。うまい話には気をつけないとっ!
そして当然のごとく立ち寄った無人島から戻ろうと思っても

エンジンがかからないのです。映画はそこでのサヴァイヴァルか

と思ったら、それはトム・ハンクスの「キャスト・アウェイ」

(2000)で、彼らはそんなことは考えず、なんとか戻ろうと

試みるのです。2晩そこで過ごし、遂に海へ出るけれど、結局

違う無人島に流れ着いてしまう。ここで親切にも地元の漁師が

見つけてくれて...。ここからが本題なんですよ。この漁師の一人は

「キャプテン・フィリップス」(2013)でソマリア人海賊を

演じたバーカッド・アブディ。

 

エクストーション
 

この人は一度見たら絶対に印象に残る俳優さんです。そもそも

金をバラなくのが米国人という考えが根底にあるのに、アホな

ケビンは「僕は医者でお礼はいくらでも払う」なんてペラペラ

話すんです。その後は想像通り、妻子を人質に取られ、大金を

奪われ、さらには海に沈められてしまう。こんな不条理なことは

あっていのかとも思うけれど、その後のケビンの行動はもっと

過激すぎます。

 

エクストーション

 

妻子の命のためには、現地警察もアメリカ大使館員も無視する

というのは、気持ちはわかるけれど全然納得できませーん。

ストーリーもアメリカ映画ではほとんど死ぬことのない子どもが、

現地の子供は死んでしまう。それもこれもケビンのせいなんですよ。

だいたいだね、前もってボートを予約しておかないから
いけないんです。「命の価値は同じ」という言葉が本当に軽く

感じられる映画でした。それにしてもケビンは、殺人(正当防衛?)

やら警官の銃を奪うやら、他人の最新鋭ボートを盗むやらで、

どれだけの罪になったんだろうか。それを知りたかったけれど、

映画は終わっちゃったなあ。なんだかとっても中途半端です。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2799 最後に更新した日:2018/05/27

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM