記憶の夜

3

JUGEMテーマ:韓国映画全般

 

記憶の夜

 

「記憶の夜」

原題:Night of Memory

監督:チャン・ハンジュン

2017年 韓国映画 108分

キャスト:カン・ハヌル

     キム・ムヨル

     ムン・ソングン

     ナ・ヨンヒ

 

二浪中のジンソクは、文武両道の自慢の兄ユソクを

持っている。しかしその兄が雨の晩に何者かに拉致

され、19日後戻って来たものの、その間の記憶が

ない。その日からユソクの様子に変化が見られ、

ジンソクはその秘密を探り始めるが...。


<お勧め星>☆☆ 韓国映画のハズレはあまりない

けれど、個人的にはこの映画は大ハズレでした。


トンネルを抜けるとやはり闇の中


前半は何かがおかしいけれど、それが何なのか、誰なのか

わからず、先の展開を期待してしまいます。
主役のジンソクを演じるのは、カン・ハヌル。少し前に

見たなと思ったら「善悪の刃」(2017)で冤罪で

服役したヒョヌ役を演じていて、端正なルックスなのに、

ふとした瞬間に影がある雰囲気を見せてくれます。

 

記憶の夜

 

そしてその兄ユソク役は「ノーザン・リミット・ライン

南北海戦」(2015)で男前の艇長役を演じたキム・ムヨル。

 

記憶の夜
 

この映画では実際と同じ30分間の海上戦闘シーンが繰り

広げられ、そのリアリティーある映像に手に汗を握りました。
さて、映画は、ある一家の引っ越し風景から始まるのです。

父、母、兄と共に新居に引っ越してきた浪人生ジンソク。

開けてはいけない部屋、そこから聞こえる音、彼が時折見る、
自身が暴行を受ける悪夢。この家に問題があるのか、家族に

問題があるのか、ジンソクに問題があるのか、一切わからない

ままユソクが誘拐されるのです。
そして19日後に突然ユソクが戻って来るものの、誘拐されて

いた期間の記憶が一切ない。が、しかーし、その日から

ジンソクはユソクの行動の違和感を感じ始めるわけです。

あれ?ユソクが引きずる脚が逆。

あれ?こんな夜更けにどこへ行くんだろう。

ところがかなりハラハラする展開の後に「それは夢でした」と

いうシーンがしばしば見られ、これも夢かいな、と思って

いると、おっとどっこい後半はまったく違う展開になります。

いえ、その辺りまで見ると、大体のストーリーが読めてきますが、

いかんせん、大事なところはあまりに短すぎ、どうでもいい

ところは無駄に長いという構成にイライラが増すばかりです。
1つあげると、必死で逃げているのなら後ろを何度も振り返るな、

狭い路地にわざわざ入り込むな、相手が事故を起こしたら、

そろそろとその姿をのぞきに戻るな、ですね。B級ホラー映画

じゃないんだからさー。

 

記憶の夜
 

さらに真相が明らかになってからの展開は、あまりに暗く、

サスペンスというより不幸な者同士の不条理な争いとしか

思えなくなります。涙なんか1滴も出ないんだから。

エンディングの1カットに至ってはさすがにこれはやり過ぎ

だろうと思うばかりでした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM