15時17分、パリ行き

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

15時17分、パリ行き

 

「15時17分、パリ行き」

原題:The  15:17 to Paris

監督:クリント・イーストウッド

2018年 アメリカ映画 94分

キャスト:アンソニー・サドラー

     アレク・スカラトス

     スペンサー・ストーン

 

幼なじみで親友のアンソニー、アレク、スペンサーは

ヨーロッパ旅行でパリに向かう高速列車の中で、武装

したテロリストに遭遇する。彼らはけがをした乗客を

救護しつつテロリストと対峙することになってしまう

のだった。


<お勧め星>☆☆半 予告編でハイライトは流れていますが、

それ以外の部分が大半を占めているので、かなり予想と

違う展開でした。


神に導かれた道


当事者たちが映画内で同じ役を演じているということで

話題になった作品です。監督はクリント・イーストウッド。

俳優としてはもちろんのこと監督としても素晴らしいことは、

どの映画を観ても感じます。最近のものでも
「ジャージー・ボーイズ」(2014)

「アメリカン・スナイパー」(2014)

「ハドソン川の奇跡」(2016)

はどれをとっても絶対に観る価値のある映画ばかりです。
また2008年映画「チェンジリング」「グラントリノ」は

私の中で心に強く残る映画に含まれています。共和党支持の

イメージが強く、わたしもメル・ギブソンのような熱心な

支持者かと思っていたら、実は政治的に穏健中庸と自称して

いるそうです。製作映画を観てもドンパチ、アメリカ万歳!

という単純なものではないことからも伺えます。特に

「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006)は

日米双方からの視点での硫黄島での戦いを描き、日本からの

視点である「硫黄島からの手紙」では日本人俳優を起用し、

日本について限りなく正しく描写されていて、全く不快に

感じませんでした。

 

15時17分、パリ行き
 

さてこの映画は1人のテロリストを列車内で取り押さえ、

ものすごい数の武器や弾薬を奪ってその行為を阻止する緊迫

した映像が予告編で流れていました。しかし実際は、映画の

終盤に事件が起こるのみで、大半は彼らの少年時代の様子、

学校を卒業後の姿、能天気に遊びまわる久しぶりの再会の

ヨーロッパの旅の様子が映り続けます。そこに時折入り込む

のが、事件当日の映像。この3人の少年時代の様子が終盤を

引き立てているかというと、個人的にはそう感じず、
先の展開が分かっているだけに、学校では問題児だった3人は

サバイバルゲームが大好きだった。年を経てもその友情は

変わらず、一緒に旅行をし、たまたまその列車に乗り込むまでを

延々と見せられるのです。

 

15時17分、パリ行き

 

学校に何度も呼び出される母親やら、転校や父親の元に引き取ら

れることでバラバラになる3人の姿も映り、それでも友情は

続いたということを言いたいのかなと少しダレます。

 

15時17分、パリ行き
 

終盤の事件での対応が上手かったという理由を示すために、

軍隊での訓練風景も映しますが、そこもなんだか中途半端です。

落ちこぼれ→一発逆転 地元の英雄のみならずフランスや

アメリカでの英雄へ という構図が最初からわかってしまいます。

まあ、実在の人物で現存している人たちを描くのだから仕方ない

かもしれない。
列車内で遂に事件が起きた時、3人以外にも手助けをする大柄な

男性がいるけれど、そこはスルー。なんだろう、せっかく終盤

ギリギリまでとっておいたシーンなんだから、もっと緊迫感を

覚えるはずなのに、それが全然起こらないんです。
テロの阻止のためには「危機に瀕した時行動すべき」という言葉は

正しいように思えるけれど、それをしたがために命を落とす人も

たくさんいるわけで、その「行動」の意味もあまりに大雑把な説明

にしか理解できず、なんとも納得のいかない映画でした。
少年時代から軍人を目指していたスペンサーの部屋にはってあった

「フルメタル・ジャケット」(1987)のポスターや

クローゼット内の大量のモデル銃を見た時は、少しゾクリとして

しまったのは確かです。戦争で傷ついた人を助ける前に戦争を

しないという考えを持つことの方が大事なんじゃないだろうか。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM