ハンティング・パーク

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ハンティングパーク

 

「ハンティング・パーク」

原題:Carnage Park

監督:ミッキー・ギーティング

2016年 アメリカ映画 80分

キャスト:アシュリー・ベル

     パット・ヒーリー

     ジェームス・エイバート

     グラハム・スキッパー

 

銀行強盗犯に誘拐されたヴィヴィアンが乗った車が

何者かに狙撃される。強盗犯は殺害され、彼女は命が

助かったかに思われたが、そこに現れたのはガスマスク

姿の人物で...。


<お勧め星>☆☆半 一番の見せ場が暗くて全然見えない!


ヒロインがホラー顔


「未体験ゾーンの映画 2017」の1本で

「ダークレイン」(お勧め)

「FOUND ファウンド」(普通)と見た後での鑑賞です。
冒頭に1978年にアメリカ、カリフォルニア州で実際に

起きた実に奇妙な事件の映画化で...と流れるので、これが

実話ベースなのかと興味津々。そしてホラー映画の定番、

何者からか逃げてくる血まみれの男が遠くからだんだん

近づいてきて、そして狙撃されるのです。狙撃犯が近づいて

さらにとどめを刺すと、その犯人の顔が映り、なぜか

ガスマスク姿。

 

ハンティングパーク

 

ガスマスク姿=「血のバレンタイン」(1981)の殺人鬼を

絶対に思い出します。2009年にリメイクされた

「ブラッディ・バレンタイン」はリメイクでもオリジナルと

また違った楽しさがあって、どちらも超おススメほどでも

ないもののおススメ作品です。なんといってもスピード感が

あるのと、程よくエログロが織り交ぜてあるのです。少しは

お色気があった方がホラーも楽しいというもの。先がわかって

いるのに、そんなところでイチャコチャベタベタしていたら、

ほらもうそこに...というお決まりの流れも、描き方ひとつで

楽しくなると思います。
で、この映画はどうかというと、かなりタランティーノ監督の

「グラインドハウス」(2007)のパクリ感が否めず、いや

多分影響を受けているんだろうなあ。懐かしい色調の画面と

懐かしい音楽をバックに、登場人物のいまいちあか抜けない、

少々間抜けな銀行強盗犯2人が映り、一人は瀕死の重傷を

負っているのに、なぜか笑えてしまうという不思議なシーン

から、トランク内に拉致されていたヴィヴィアンが助手席に

座らされ、追手のパトカーを振り切るために脇道へと向かう

姿が映ります。「サソリのジョー」なんて紹介される強盗

なのに、あっという間に撃ち殺されちゃうの。

この紹介必要かな?

 

ハンティングパーク

 

それと強盗に入るまでのシーンが回想で挟み込まれるけど、

これも必要かな?何が怖いって、連れまわされて、ジョーが

撃たれて、自分も狙われて、ヒーヒーキャーキャー叫びながら、

マスカラが滲みまくったヴィヴィアンの顔です。

怖い、これはまさにホラーです。

あらすじを読むと、あちこちトラップだらけの広い私有地で、

どんどん人が殺害されていくと思ってしまうのですが、
ところがどっこい、たまにトラップにかかった遺体や人物が

映る程度で、それほど危険とは思えないのです。そうそう

保安官が登場するけれど、彼もビッグ・バッド・ジョーと

わざわざ紹介されるものの大して活躍することもないのです。

この際、的を絞って殺人鬼VSヒロインの攻防戦にした方が

絶対に面白かったと思う。

 

ハンティングパーク
 

終盤こそ見せ場があるのかと思うと、暗い、とにかく暗い。

それも内容ではなく画面が暗いのです。地下にある廃坑らしく

迷路のようになっている場所で、ヒロインの悲鳴と効果音と

古いレコード音楽とたまにピカっと光って映る人の姿のみでは、

画面に目をくっつけて見ていてもほぼ何もわからない。

これ、劇場で観た人には見えたんだろうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM