もういない

2

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

もういない

 

「もういない」

原題:Assassinee

監督:ティエル・ビニスティー

2012年 フランスTV映画 93分

キャスト:パトリシア・カース

     セルジュ・アザナヴィシウス

     マリエ・ヴィンセント

 

娘エバの20歳の誕生日パーティーの日、

プレゼントの車を用意したものの、娘だけが

戻ってこない。心配した母キャシーが警察に

向かうと、農場で女性の遺体が発見されたと

いう報せが入るのだった..。


<お勧め星>☆☆半 ドキュメンタリータッチで

被害者家族の悲しみ、苦しみをリアルに描いた

映画です。


残された者を大切に


真っ赤のトヨタのビッツが届けられる家。あの車は

この家の娘エバの誕生日プレゼントだとすぐに

わかります。ただ「もういない」という題名から、

この車をもらうべき人間は、つまりエバはここに

現れることはないのだと確信するのです。

 

もういない
 

しかし映画内ではパーティーを楽しむ人々が嬉々として映り、

母キャシー、息子ロラン、別れた夫リチャード、隣家の

エリックたちの笑顔が見られる一方で、農場の土管の中

から女性の脚が2本見えています。この2つがいつ

つながるか、それから犯人は...。
エバが運ばれた病院で持ち物から彼女と確認し、動揺の

あまり財布を落とし、それをマスコミ関係者に拾われて

しまうキャシー。さらに帰宅すると娘の部屋は警察に

よって立ち入り禁止になっています。自分の家なのに入れない

娘の部屋があり、自分の娘なのに会うことすらできません。

そして財布から娘の身元がバレ、大々的にニュース報道される。
事件が起きるたびにその被害者家族が命を失った悲しみ

以上に周囲の好奇の目にさらされ、騒ぎ立てられ、

知られたくもない過去を探られる。逆に被害者家族が

知りたい捜査の情報は一切耳に入ってこない。
幾重もの苦しみを背負わされるのはフランスも日本も

全く変わりないのだと実感します。
そしてストーリーは、容疑者が浮かび上がるものの

真犯人は一向に捕まらず、キャシーは元夫リチャードと

互いを責めあい、さらに互いに自身を悔いる日々を送り

続ける姿が映ります。そこに「生きている人々」の存在が

入り込む余地があるのだろうか。隣家のエリックまでも

容疑者となると、怒りはエリックにぶつけられていきます。

彼らが溜め込んでいく怒りのエネルギーをどうやって

昇華できるのかと見ていてとても辛くなるのです。
さらにキャシーは、自らが全てを知っていると思っていた

エバが幾つも秘密を抱えていたことを知ったときに初めて、

彼女はエバに対し、過干渉すぎたことやエバの価値観を

認めなかったことに気づくわけです。いや、これは

キャシーを責められないと思う。夫が女性を作って家を

出て新しい家族を作っている状況では、子どもだけが

生きがいになるし、またエバが文武両道でかつ美人だった

から尚更エネルギーを注いでしまったんだろうなあ。決して

息子ロランをおろそかに扱ったとはいえないけれど。
そして究極の選択を迫られた時、キャシーはやっと再生の

道を歩み始めるわけです。しかし実際に事件に遭った人

たちでこのように前が向けた人はどれだけいるのだろうか。

いつまでも立ち直れず、そこにい続ける人々だってたくさん

いるんじゃないだろうか。見終わって深く考えてしまいました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM