カメラを止めるな!

3

JUGEMテーマ:邦画

 

カメラを止めるな!

 

「カメラを止めるな!」

監督:上田慎一郎

2017年 日本映画 96分

キャスト:濱津隆之

     真魚

     しゅはまはるみ

     長屋和彰

 

人里離れた森の奥の廃施設でゾンビ映画を撮影

していたクルーの前に本物のゾンビが現れる。

しかし監督はリアルを追求するため撮影を強行する

のだった..。


<お勧め星>☆☆☆☆ 思いがけない展開とラスト

には笑いと涙があふれ...いや、涙は出ませんがジーン

ときます。


護身術習おうかな


映画でネタバレしていけないものはたくさんある

けれど、わたし個人では

「シックス・センス」(1999)と

「エスター」(2009)

は「げ・ん・き・ん」と思っています。それは

何年経っても、まだ見ていない人の前で話しちゃ

いけない。それをペロリと話す人とは未来永劫絶交

したい気分になります。まさかその中にこの映画が

入るとは思いませんでした。
大体の雰囲気は様々な情報源から伝わってきており、

見ないようにしていても、ネットニュースの見出しに

デカデカと載ってわかってしまったこともあります。

でも核心部分やストーリーは一切見ないで鑑賞しました。
始めのうちは胃の中で直前に食べたばかりのたこ焼きが

逆流しそうな映像の連続で、その中にちょっと「ん?」

と思ってしまうものを感じます。とりあえずヒロイン役

の秋山ゆずきさんが魅力的です。
特にべっぴんさんというわけではないけれど、なんかいい。

ホットパンツ(死語かしら)から伸びる健康的な脚や、

下から延々とお尻を映し続ける映像にはどうしても目が

釘付けになります。
「よろしくでーす」
あとは映画監督日暮の娘真央役の真魚さんが個性あふれる

演技を見せてくれます。グイグイ相手に迫る雰囲気は自然

なものとしか思えません。この映画のヒットをきっかけに

大手芸能プロダクションに入ったそうで、人生どう転がるか

わからない、強く願うと道が開けるのだなとも思う。彼女が

わたしと出身地が同じなのもうれしい限りです。
他にも個性的な俳優さんが出演しており、彼らがほとんど

無名な人(わたしは誰も知りませんでした)ばかりなのも

すごいと思います。ここに有名な俳優さんが一人でも入って

いたら、すりこまれたイメージでその人を見てしまうだろうし、

映画のストーリーに没頭できない気がします。低予算ゆえに

逆に良い結果を生んだのかもしれません。
このような実のない感想ですが、とにかくこの映画は前情報

なしで観て、自分で確認するのが一番だと思う。そしてラスト

にジーンと感動すると、この映画の良さを実感し、そしてまた

観たくなるんじゃないかな。
わたしももう1回観たいと思っています。ツボにはまると

お腹の皮がよじれるほど笑えてくるのでご注意を。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
アイデア、構成が、低予算に合った快作といえそう。
  • 或る日の出来事
  • 2018/09/19 6:03 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM