バイバイマン

4

JUGEMテーマ:Horror

 

バイバイマン

 

「バイバイマン」

原題:The Bye Bye Man

監督:ステイシー・タイトル

2016年 アメリカ映画96分

キャスト:ダグラス・スミス

     ルシアン・ラヴィスカウント

     ダグ・ジョーンズ

     マイケル・トルッコ

     フェイ・ダナウェイ

 

大学生のエリオットは恋人サーシャ、親友ジョンと

一軒の古い屋敷に引っ越してくる。しかしその家は

なんとなく不気味であり、エリオットがナイト

テーブルの引き出しの中に書き殴られた

「言うな、考えるな」
の下に、ある名前を見つけたことから、彼らの恐怖が

始まるのだった。


<お勧め星>☆☆ 全然怖くない。


謎だらけの映画


ジェームズ・ワン監督がベタ誉めというふれこみの

映画だからさぞかし怖いのだろうと思い、ずっと

見たかった作品です。ジェームズ・ワンといえば
「ソウ」(2004) まさか歩き出すとはね...。
「インシディアス」(2010)不可解な音には要注意
「死霊館」(2013)オルゴールも人形も大嫌い
とにかく音と闇と光を巧妙に使い、見ている側の

ゾクゾク感を高めていきます。「ソウ」は少し違う

系統かな。あれは「なぜ」の方が重要だったな。
ところでこの映画を見終わって思わず漏れた言葉が

「あれ?」
映画の元ネタは、ロバート・デーモン・シュネックと

いう作家の「The President's Vampire」の中の短編で

あり、実話というより都市伝説に近い話のようです。

日本でも夏になると稲川淳二さんが話しますよね。

わたしはあれを全然信じていないのですが、怖いから

見ない、聞かないという矛盾した行動をとっています。

だって一人でトイレに行けなくなるかもしれないもん。
始まりはかなり衝撃的なのです。1969年

ウィスコンシン州でラリーという男が

「あの名前、誰かに言った?」と尋ね、友人や隣人を

バンバン射殺していくというもの。どうやら「あの名前」が
キーポイントだとわかります。早っ。

 

バイバイマン
 

そして時は流れ、大学生のエリオットは恋人サーシャ、

親友ジョンと人里離れた場所にある一軒の屋敷に引っ越して

きます。どう見てもこの屋敷は何かがある臭がプンプンする。

都会で家を借りるお金がなくてとか事業に失敗してという

理由で一家で引っ越してくるならわかるけれど、なぜに

こんな大きな屋敷をルームシェアするんだろうなあ。

まあ、ここはスルーします。
引っ越したその晩から、寝室の中の小さなドアが勝手に

開いたり、出入り口のドアが勝手に閉まったり、外で何か

ひっかく音が聞こえてくるけれど、それは予兆にすぎません。

メインは、突然落ちてくる古いコインとナイトテーブルの

引き出しに書かれた「言うな、考えるな」のものすごい数の

文字です。そしてそれが書かれたものをめくると

「バイバイマン」という名前が書きなぐってあるのです。
その名前を聞いてから3人とオカルト女子キム、図書館員

ワトキンスさんが幻覚や幻聴に悩まされ始めます。その

現れ方はひとそれぞれで、いやそれぞれというより、

バラバラすぎる。ウジが這っていたり、咳が止まらなくなったり、

スマホに変な動画が映ったり、意識が飛んだり、目から血を

流す人を見たり..。あまりにバラバラなのであきれ返って

しまう。

 

バイバイマン

 

唯一のつながりは「バイバイマン」の名前だけという感じです。

それと実際に登場する「バイバイマン」らしき人物が怖くない。
残念です。

列車、番犬、コインの3つがどうつながるのかせめてそこだけ

でも説明してほしかったと思います。それと「バイバイマン」

の存在する意味も知りたかった。
Rotten Tomatoesの評論家レビューの1つに

「考えるな、言うな、見るな、バイバイ」とあったのが一番

ウケました。

 

バイバイマン
 

それから1969年に殺人を犯し自殺したラリーの妻役で

フェイ・ダナウェイが出演。低くて凄みのある声は健在です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM