クワイエット・プレイス

4

JUGEMテーマ:Horror

 

クワイエットプレイス

 

「クワイエット・プレイス」

原題:The Quiet Place

監督:ジョン・クラシンスキー

2018年 アメリカ映画 90分

キャスト:エミリー・ブラント

     ジョン・クラシンスキー

     ミリセット・シモンズ

     ノア・ジュブ

 

人間が立てる音に反応し襲撃してくる何かによって

世界は滅亡に瀕していた。その中である一家は

「ルール」を守り静かに生活していたが、末息子が

おもちゃの飛行機の音を立ててしまい...。


<お勧め星>☆☆☆半 90分の間、緊張の糸が

切れることはなく、決して怖くないけれどハラハラ

します。


母は強い


音を立てたら、即死。予告編だってめちゃめちゃ怖い

映像が流れていました。音は何一つ立ててはいけ

なかったら、移動するのも無理、くしゃみなんてもって

のほか、じっとしているしかないのだろうか。
と思ったら、裸足で歩く程度なら大丈夫のようです。

ただ、「何」に襲われるのか全く分からず期待値を

上げていたら、この映画鑑賞後の感想でしれ〜と書いて

あるものがあって、「そこは言ってはだめだい、言うなら、

せめてロードショーが終わってからにしてほしい」と

ちょっとぷんすかプンプン。これから見る人のことも

考えてね。「ネタバレ感想」と書いてあるものは、

しっかり保存して、自分が見終わってから読んで、

自分の感想を比べたりできてとても楽しいけれど。
「IT/イット”それ”が見えたら、終わり」(2017)を

超える!なんて書いてあれば絶対に観たくなるという

ものです。どんな怖いシーンがあるのかな、何が

起きるのかな。一度萎えた心を奮い立たせて鑑賞しました。
レディースデイの朝イチの上映。はて、予告編が始まっても

たった一人で座っていましたので、これそ完ぺきに

「クワイエット・プレイス」と思っていると、ぽつりぽつり

と人が入って来たので合計5名にての大スクリーン

独占上映会です。しかし前に「1408号室」(2007)

を本当に一人きりで鑑賞したことがあり、映画の内容より、

劇場の暗闇が怖かった思いが蘇ります。今回は一番後ろの

席だから、何か当たったらそれは「なんだ!」

怖いです。
さて、オープニングから荒廃した街並みが映り、

まるで、環境汚染が進み人間が住めなくなったのか

ゾンビが繁殖した世界かと思ってしまいます。

とにかく、何かの原因でこうなったらしい。そして
無人のスーパーマーケットにある家族がおりまして、

音を立てず、忍び足で移動し、会話は手話で行い、

声は一切立てません。(この家の娘が耳が不自由な

ため家族全員手話ができるらしい)ああ、そんな高い

所のものを取ろうとしたら、落っこちる!ほっ。

ここに飛行機のおもちゃがあるんです。遊びたいよね。

でも電池は抜いて、お店に置いて帰ろうね。でも

優しい娘は弟のためにそっと持ち帰って弟に渡すんです。

それから始まる予告編のシーンです。

 

クワイエットプレイス

 

間に合うか、間に合わないか。近づくパパとぴよろろーんと

間抜けな音を立てる飛行機を持つ息子が交互に映り、ハラハラ

最高潮です。
それから何百日か経ち、またこの家族が映りますが、父と娘に

大きなしこりが残っていることがわかるのです。にこやか

だった娘が不機嫌そうで反抗的になっている。一方パパも

どこか影がある。さらにはママはお腹が大きくてもうすぐ

生まれそう。えっと、ちょっと不思議なのは音を立てては

いけないのに、えっと、まあいいか。
次々に危険が迫り、「何か」の存在も割と早いうちに見られます。

その音がとても不気味なのと、その時の効果音が非常にうまく

使われているので、観ている側は映像の中の人達同様に

「しー」っと言いながらこっそり逃げまくっているような気持ち

になってしまうのです。

 

クワイエットプレイス

 

クワイエットプレイス

 

子役の表情も豊かだし、実生活でも夫婦である

エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキーの息もぴったり

なので、さっと手を差し出す仕草一つにしても本当に心が

こもっているように思えてしまう。超えても超えても

襲い掛かる「それ」を克服できるのか。ハラハラしますね、

怖くないけど。
なにより怖かったのは、地下へ向かう階段に飛び出している

「釘」ですね。あれを踏むんだろうなと思っていたら案の定

踏みました。踏み抜きました。あれは本当に痛いと思う。

でも声を出してはいけないんですよ。声を出さなくても、

言葉がなくても伝えれられることは幾つもあることにも

気づかされる映画でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。 手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす夫リーと妻エヴリン、そして子供たち。 その“何か”は呼吸の音さえ逃さず、誰かが一瞬でも音を立てると、即死とな
  • 象のロケット
  • 2018/10/12 10:01 PM

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2877 最後に更新した日:2018/10/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM