ローズの秘密の頁

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ローズの秘密の頁

 

「ローズの秘密の頁」

原題:the Secret Scripture

監督:ジム・シェリダン

2018年 アイルランド映画 108分

キャスト:ルーニー・マーラ

     バネッサ・レッドグレーブ

     エリック・バナ

     ジャック・レナー

     テオ・ジェームズ

 

アイルランド西部の町で取り壊される予定の

精神病院の患者の転院が始まっていた。グリーン

医師はその中のローズという患者の再評価を行うが、

彼女がしたとされる赤ん坊殺しについて疑問を

持ち始める...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 愛が強すぎた?いや強すぎる

愛などない。愛の強さを測る尺度も存在しないと思う。


愛を込めて見たものは真実


映画を見ていて先が全く読めないものは、ものすごく

ワクワクするけれど、予定調和の世界にとどまった場合、

だいたい「ま、普通だね」か

「ちっ、見るほどでもなかったね」と思ってしまうことが

多いです。それはサスペンス要素が含まれた映画の場合

特に感じられるのですが、この映画は後者であるにも

かかわらず、わたしの心の琴線に触れてしまったような

気がします。
映画の根底には、アイルランドという国の宗教、カトリックが

大多数を占めていることと、その戒律の厳しさ、そして

1940年代の田舎町での女性差別の状況、さらには

第二次世界大戦におけるアイルランド国内での対立と様々な

ものがあり、ここはやや複雑すぎると感じます。

冒頭、取り壊し予定の精神病院に入院しているローズが

映ります。

「わたしは赤ん坊を殺していない」

と聖書に書き続けたローズの若い頃はルーニー・マーラ、

年老いてからはバネッサ・レッドグレーブが演じ、
その演技力で、ストーリーのほころびも全く気になりません。
アイルランドで未婚の女性が妊娠した際、身内の恥として

強制的に収容させた施設の存在は

「マグダレンの祈り」(2002)

で描かれていました。厳しいカトリックの教えにより、教会が

運営するマグダレン・ホームに収容し、矯正と称して重労働を

課し、生まれた子供は3年後に養子に出されてしまう。

彼女たちの身の上を知ると胸が痛くなりました。
さて、この映画でも戦禍を逃れて叔母の住む田舎町にやって

来たローズの窮屈すぎるほどの日常が描かれていきます。

だいたい、突然都会から移住してきた若くてきれいな娘が

いれば、憧れと嫉妬と好奇心の的になるのは当然のこと

かもしれません。あ、これ、今でも田舎であるよね。

噂好きな人々が、狭い世界で噂だけで一日を終える社会が

存在し、それが楽しくて仕方ないという人たちっているんです。
他に楽しみがないから仕方ないとは言わせない。他に楽しみを

探しなさい。そうすればもっと人生が楽しくなるからね!

 

ローズの秘密の頁
 

ローズの若い頃の話と現在グリーン医師の聞き取りでわかって

来る内容が少しずつ重なり合っていきます。この時に映る

アイルランドの重苦しい雲とその下に広がるのどかな田園風景や

冷たそうな海、さらにはレトロな車や建物は、BGMとして

流れる美しい音楽と共に目を楽しませます。特にローズが

ピアノで奏でる「月光」は、かつてマイケルのために弾いた

ことを思い出しているのを強く感じられるほど、ゆっくりと

静かに心に響くのです。

 

ローズの秘密の頁
 

ローズは田舎町の神父ゴーントにも気にいられ、町の男たち

にも気にいられ、それが「遊び女」のように噂されてしまい、

結局森の中に追いやられるのです。そこで英国空軍の

パイロットであるマイケルと再会するのはかなり出来過ぎた話

だし、マイケルが、町では「敵」とみなされていた「英国軍」

に入隊したこと、そもそも禁酒ホテルが存在する町で酒屋を

営んでいたことなど、もう幾重にもはりめぐらされた
ロミオとジュリエットの世界。そこで2人がギリギリまで純愛を

貫くのも、もどかしいからこそ愛おしい。

 

ローズの秘密の頁

 

そしてもうわかっていたけれど、例の赤ん坊はマイケルの子供

なんですよね。その後、ローズが強制的に収容された

聖マラギ精神病院での仕打ちは目を背けたくなるほどでした。

これが切れ切れに入り込み、今のローズの頭の中でも鮮烈な

恐怖としてよみがえることが伺えるのです。
ローズが赤ん坊を殺したのかどうかは、薄々わかってきます。

とにかく何のひねりもなく、そこに到達していくのも逆に

すんなり受け入れらるのはなぜだろう。
考え直すと焦点がややボケ気味のような気もします。しかし

40年という月日を一挙に取り戻す瞬間のローズの仕草には

心を打たれるはずです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2877 最後に更新した日:2018/10/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM