ザ・サークル

4

JUGEMテーマ:SF映画 一般

 

ザ・サークル

 

「ザ・サークル」

原題:The Circle

監督:ジェームズ・ボンソルト

2017年 アメリカ映画 110分

キャスト:エマ・ワトソン

     トム・ハンクス

     ジョン・ボイエガ

     カレン・ギラン

 

巨大SNS会社「ザ・サークル」に入社したメイは、

新プロジェクト、「シー・チェンジ」を装着第一号

となる。SNS内でフォロワーが激増し、社内でも

有名になったメイだったが、それにより両親や
友人マーサーが脅威にさらされてしまう事態に

陥ってしまい...。


<お勧め星>☆☆半 大風呂敷を広げた割には、展開が

平坦で、ありきたりに感じてしまいます。


秘密はうそとは全く違う


原作はデイブ・エガーズの同名小説「ザ・サークル」で、

その世界観が映画内で再現されているものの、人物設定

やストーリーがやや異なり、特にラストは全く違っている

とのこと。ネットでチラ見したけれど、原作小説を読み

たくなりました。
水道会社のコールセンターで派遣社員として働くメイには、

難病を患う父親とその介護に追われる母親がいて、生活は

決して楽ではないのです。序盤に父の治療費の件で話を

する親子が映り、あまりに高額な治療費を補うための大きな

医療保険には入っていないことが伺えます。そこへ大学時代

のルームメイト、アニーが幹部として勤務するザ・サークル社

の面接の話を持ってくるのです。これは何としてもゲット

したい仕事であり、その面接での受け答えだってバッチリ。

この面接風景に何か意味があるのかと思ったけれど、これ

以降の話とそれほど結びつかない気がしています。とりあえず
「変な会社」というイメージを持つはず。

 

ザ・サークル

 

例のアニーは早口でまくしたて、世界中をろくに寝ないで

飛び回り、会議に明け暮れている。何やらサプリメントで

栄養を摂っているらしいけれど、やけにハイなんです。

 

ザ・サークル
 

さらには会社のトップ、ベイリーが登場すると、まるで

新興宗教の教祖様をあがめるかのように、一言一言に歓声が

沸き、大拍手が起き、立ち上がってほめたたえる。やだ、

めっちゃ気持ち悪いじゃないの。
かつて会社の同僚に会員制の生活用品販売を勧められたことが

あったけれど、その時の開口一番が

「高級車に乗りたいと思いませんか」

だったことを思い出しちゃった。なんでも毎週勉強会をして
会員を増やす方法を話し合っていたらしいけれど、数年して

たまたま訪れた病院でその子が看護師をしていてびっくり。

確か看護師を辞めてその仕事に没頭していたと思うんだけどなあ。

どうなったんだろう。
ベイリーの語る話は確かに筋が通っているかもしれないけれど、

人と人がリアルにつながっている社会にそれを使うことは、

ものすごくやっかいなことを招くのは想定内のことです。

そういう映画はは幾つも見てきたし、そこから引き出される

結論は大体同じものになっていたはず。つまり「個人の透明化」

は犯罪や悲劇を救う反面、それを一極に集中させたとき、

それを利用して監視社会システムを作ることはあまりにも

容易いということです。

 

ザ・サークル
 

映画内では自ら引き起こした事故を「シー・チェンジ」に

よって救われたメイは、そのカメラを自分で装着し、その

効果をアピールする第一号となるのです。もうね、自信満々

なんですよ。会社内を歩いていてもみんな友人で声をかけて

くるし、世界のあらゆる国の人が彼女のことを気にかけて

くれる。自信満々で歩き、生き生きと輝くメイには、それに

ついての「疑問」を持つことすらないのでしょう。
そう、自分の家族や知り合いに何かが起きるまでは。

SNS内で人気があったとしてもそれは実生活で人気がある

ことと必ずしもイコールではない。そんなこと誰だって

わかっているのに、誰かに認められると嬉しいし、逆に誰かに

否定されると悲しみ、怒る。相手がどこの誰かもわからない

のにそう思うことがおかしいと気づくべきなんですよね。
メイの友人マーサーに起きた悲劇は、スマホを持って目的の

人物を追い回したり、災害現場を映し続けたりする人々と

重なって、もう既にこの片鱗を見せているじゃないかと

思ってしまう。そして何か悲劇が起きても、それを次の

サービスにつなげて金儲けしていこうと考えることの浅ましさ

も実感します。というようなありきたりの結論が描かれ、

そしてラストがなんとなーくモヤモヤしているので、いまいち

楽しめなかったなというのが感想です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM