ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ユダヤ人を救った動物園

出典:IMDb

 

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」

原題:The Zookeeper's Wife

監督:ニキ・カーロ

2017年 チェコ=アメリカ=イギリス映画 127分

キャスト:ジェシカ・チャスティン

     ダニエル・ブリュール

     ヨハン・ヘルデンベルグ

     マイケル・マケルハットン

 

1939年、ポーランド、ワルシャワで動物園を営む

ヤンとアントニーナ夫妻。しかしドイツ軍の爆撃に

より多くの動物を失い、動物園は軍の管理下になる。

夫妻はユダヤ人がゲットーに収容され、劣悪な環境に

置かれていることを知ると、ここを隠れ家にしようと

考えつくのだった。


<お勧め星>☆☆☆ とても良い話だし、

ジェシカ・チャスティンの演技も素晴らしいけれど、

思いのほか心に響きませんでした。


生きるものすべてへの愛情


2頭のホワイトライオン?と眠る母子のうち、

母アントニーナ役はジェシカ・チャスティン。

 

ユダヤ人を救った動物園

出典:IMDb

 

「ゼロ・ダーク・サーティー」(2012)では冷静な

CIA分析官役、

「オデッセイ」(2015)では宇宙船の指揮官役、

「女神の見えざる手」(2016)では有能なロビイスト役

を演じるなど、強靭な精神力を持つ人間を演じることが

多いのですが、今回は「優しさ」を全面に出した人間と

なっています。
それは彼女の声の出し方や表情1つ1つから現れており、

特に「声」は、え?と思うほど細いのです。あくまでも

ヤンの良き妻でありつつ、人々を救うことを使命と考える

動物愛に満ちた女性という感じ。
突然の爆撃から始まる動物園の混乱やその後射殺されていく

動物たちが映るシーンで、まずこの映画を見るのをやめよう

と思ってしまいました。ここで思い出すのが、太平洋戦争中

の上野動物園の象の話です。わたしは幼い頃、祖母からも母

からも聞かされ、そのたびに涙をこぼしたし、今でも

思い出すと涙が出てきます。この話は創作部分が多く、

時間関係も事実とは異なっているということを知った上でも、

やはり何も知らない動物たちが戦争の犠牲になっていくのは、

人間と同じように辛い出来事だと思います。

 

ユダヤ人を救った動物園
出典:IMDb

 

冒頭のパーティーに出席していたドイツ人でヒトラー直属の

動物学者ルッツ・ヘック役は、ダニエル・ブリュール。

映画内で彼が語るように「絶滅動物の繁殖」の実現を考えて

おり、その彼の思惑とヘック、アントニーナの提案が上手く

かみ合って、この動物園は「養豚場」として稼働することに

なります。夫妻は、この養豚場を利用して、ゲットーにいる

ユダヤ人を救い出し、地下室に匿ったうえで別の地区へ

送り出して行くのです。その匿った場所は、動物園の地下室に

ある動物用に檻の中で、つまりゲットーというドイツ軍が

作ったユダヤ人専用の檻の中から、動物用の檻に移動するけれど、

それは「救う」という目的に使われます。

ゲットーは「命を奪う」という目的であるのと正反対です。

そして動物に注いだ愛情と全く同じようにユダヤ人たちに

惜しみなく愛情を注ぎ、慈悲あふれる姿を見せるのです。

 

ユダヤ人を救った動物園
出典:IMDb

 

ピアノを弾くのが合図で、匿われた人々が息をひそめたり、

階上に姿をあらわしたりしますが、突然姿を現すヘックには、

ハラハラするシーンがしばしば見られます。ヘックが

アントニーナに心を惹かれているのを利用する箇所がいくつか

出て来るけれど、あれは事実だったんだろうか。
終盤、収容所に送られる列車に乗り込むユダヤ人の中で

子供たちのあどけない顔、抱っこして乗せて、と両手を差し出す

しぐさを見ると、その先の出来事が分かっているだけに本当に辛い。

 

ユダヤ人を救った動物園

出典:IMDb

 

その時子供たちと共に列車に乗り込むのがユダヤ系ポーランド人

のコルチャック先生。彼が自分だけ助かることを拒否し、

子供たちと楽しそうにおしゃべりしながら移動する姿もまた

胸が痛みました。
コルチャック先生があげた子供の権利
「死についての子どもの権利」
「今日という日についての子どもの権利」
「あるがままである権利」
は今、もう一度確かめて、そして胸に深く刻みたいものです。
少し物足りなさを感じたのは、ナチスドイツ関係の映画があまりに

冷酷非道な内容が多いからでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
こういうのが本当の勇気だろう。
  • 或る日の出来事
  • 2019/01/20 12:11 PM

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3019 最後に更新した日:2019/07/23

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM