否定と肯定

3

JUGEMテーマ:洋画

 

否定と肯定

出典:IMDb

 

「否定と肯定」

原題:Denial

監督:ミック・ジャクソン

2016年 アメリカ=イギリス映画 110分

キャスト:レイチェル・ワイズ

     トム・ウィルキンソン

     ティモシー・スポール

     アンドリュー・スコット

 

アメリカのホロコースト研究家デボラ・リップシュタットは、

自分の著書で、ホロコースト否定論者のアーヴィングを攻撃

したことから、彼によってイギリスの裁判所に名誉棄損で

訴えられる。彼女は弁護チームを結成し、アーヴィングの

嘘を暴いていくが..。


<お勧め星>☆☆☆☆ 事実は1つだけれど、真実はいくつも

あって、そこに嘘が混じる恐怖を体感します。


同じ土俵に乗ってはいけない


この映画は、今まで何作品も見て来たナチスドイツ関係の

映画の中で最も胸が痛くなる内容でした。それは

「ホロコーストはなかった」

と大きな声を上げる人々の存在を知ったからでしょうか。

そしてその一人であるアーヴィングというイギリス人歴史学者の

手法が、既視感のあるものだったからかもしれません。

1994年、アトランタのエモリー大学でホロコーストについて

講義を行うデボラのもとに、突然一人の男が入ってきて大きな声

で質問をするのです。その男こそデボラが書いた

「ホロコーストの真実」
という本の中で攻撃を受けたアーヴィングです。彼は彼女の

「ホロコースト否定論者とは討論しない」

という立場を利用し、その映像をビデオに収め、ネット上で

「尻尾を巻いて逃げた」

などとさらなる攻撃をするのです。彼女がターゲットになった

理由は、もちろん本で彼を攻撃をしたこともありますが、

彼女自身がユダヤ人であり、女性だったことも大きく影響しています。
「ホロコーストの存在」は生存者の証言や数多くの文書、研究で

確固たる事実だと信じていたし、これからも疑いようのない事実と

受け止めていきますが、アーヴィングのような論法で

「ガス室はチフス蔓延を防ぐ消毒室だった」

「ヒトラーはユダヤ人を救った」

と変えられることもできると知り愕然としました。

 

否定と肯定

出典:IMDb

 

彼は他の裁判では生存者に対し、極めて侮蔑的な質問を投げかけ、

「恥」を与えることもいとわない人物なのです。この役を演じる

ティモシー・スポールが本当に嫌らしい男で、話し方一つを

とっても軽蔑に値するのです。上手だなあ。深く考えると、論理が

破綻している内容もその声の大きさに惑わされて、それに煽られて

「正しい」と信じてしまう人が出てくるのもとても理解できます。

 

否定と肯定

出典:IMDb


デボラはランプトン弁護士たちをチームにして、イギリスで

起こされた名誉棄損裁判に立ち向かいますが、イギリスの法廷は、

被告側が立証義務があるのです。つまり訴えを起こした側の内容が
正しくないと証明していくのは被告側にあるということ。ここが

ずる賢いアーヴィングの作戦でもあるんですね。デボラは自らが

口を開き、そして生存者の証言で「ホロコーストの存在」を主張

しようと考えるけれど、ランプトンたちは裁判と被害者の気持ちは

別と考え、アーヴィングの著書の嘘を暴いていくことで裁判を

進めることを主張します。

 

否定と肯定

出典:IMDb

 

この時のデボラがあまりにヒステリックだし、アメリカ人と

イギリス人との「違い」というものが随所に見られます。

自己主張の強いアメリカ人と奥ゆかしいというか悪く言うと

世間体を気にし過ぎるイギリス人という感じかな。
ただこのランプトンたちの方法は大きなポイントでもあると

思うのです。反ユダヤ主義の歴史曲解者と同じ土俵で争ったら、

言葉尻をとらえられ、次々に追求をされてしまうことは目に

見えています。デボラはここは歯を食いしばって良心を他人に

委ねるんです。
ところが裁判官が終盤に発する

「信念に基づく発言なら詐欺師とは言えない。つまり故意に

歴史を歪めて論じているのではない」

という言葉もある意味納得します。だからこそこの表現の自由の

悪用と嘘と説明責任の放棄によって論じられる、極めて大きな

声の人達の言葉には決して頷いてはいけないと実感します。

確実に起きていた事実をなかったことにはできないのです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM