尋問

4

JUGEMテーマ:洋画

 

尋問

出典:IMDb

 

「尋問」

原題:Visaaranai/Interrogation

監督:ヴェトリマーラン

2015年 インド映画 118分

キャスト:ディネシュ

     サムティラカーニ

     アナンディ

     ムルガドス

 

尋問

出典:IMDb

 

タミル州出身のパンディは友人ムルガン、クマール、

アフザルと公園で寝泊まりしながら小さな店で働いて

いる。ある日彼は店に来た警官に突然逮捕され、他の

3人と警察署で身に覚えのない泥棒の罪を認めるように
暴行を受けるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 陽気で勧善懲悪のインド映画を

イメージしていると全く異なる重い内容に驚きます。


生きるために人を殺す


118分の映画の中に3つのストーリーが盛り込まれて

います。
1つはタミル、ナードゥ州からアーンドラ、ブラデーシュ州、

グントゥーラに出稼ぎに来ているタミル語しかわからない

パンディ、ムルガン、クマール、アフザルが泥棒犯に仕立て

上げられ、自白を強要されて酷い暴行を受ける話。
2つめは、タミル、ナードゥ州の大物政治家たちの会計監査を

するKKが、警察官ムットヴェール主導で拘束され、彼以外の

警察官に拷問を受ける話。
3つめは、裁判官への必死の訴えで釈放された例の4人のうち

3人が再び警察署に戻り、そこからKK拘束の手伝いと警察署の

掃除を始めてからの話。
1つめと2つめの流れから3つめにつながるわけですが、実話は

1つめのみで、裁判所で釈放を言い渡され、ただ一人故郷の村で

車を降りたクマールが、その後、当時の体験談を「Lock Up」と

いう小説に書き上げています。

しかし、インド国内では事件を「片付けること」が優先され、

「真犯人」ではなく「犯人」を作り上げることが普通に行われて

いるそうです。そこには言語、宗教が混在する以上に、今なお

存在する「カースト制度」を認めなければなりません。序盤に

パンディが心を寄せるシャンティという警察官の家のメイドが、

あざだらけの腕をしていることからも予測できます。

 

尋問
出典:IMDb

 

そして突然拘束された4人が「認めろ」と言われ、殴られ続け、

水責めを受け、逆さづりにされるという拷問を受けます。

「何を認めるのですか」と尋ねただけでも再び暴行を受けるの

です。

 

尋問
出典:IMDb

 

1000万ルピー泥棒犯を見つけないと、自分の地位が危ういと

上司から叱責される警察官は、その上司がさらにその上司から

責められていることをとっくに知っているし、それがインドの

階級制度なのだろうと思ってしまう。そこには利権、縁故も絡み、

金も行き交っているのです。そんな複雑な情況の中で何も

わからないまま拘束された4人が不遇でなりません。
裁判所で、何とか裁判官に「拷問によって自白を強要された」

ことを認めてもらい(この裁判官が英語を話す)4人は釈放されます。

しかし村へ送ってもらう途中、クマルの下車の後、3人は

ムットヴェール警察官のある仕事を手伝い、その後警察署の掃除も

任せられるのです。

彼らがあまりに純真で人を疑わないことが全て裏目に出ていくのは

大変つらい。ムットヴェールには裁判所での通訳をしてもらった
という恩義もあったからで、そのお礼をしたかっただけなのです。

そもそも言葉がわからないのですから、警察署で話していること

などわかるはずもないのに。
恩を返そうと良心に従って行動したら、それがどんどん悪い方向に

向かってしまったと言ってしまうのはあまりに不条理ではない

でしょうか。
終盤、発砲による流血シーンがあり、そこだけ白黒に変わり、

スロー映像になります。そして闇の中に響き渡る2発の銃声で

エンドロールを迎えるのです。無音のエンドロールを見ながら

何を思い浮かべるか。
「生きるために人を殺すことなんてできない」という人間としての

普通の考えを踏みにじるのもまた人間なのだと実感しました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM