平方メートルの恋

4

JUGEMテーマ:洋画

 

平方メートルの恋

出典:IMDb

 

「平方メートルの恋」

原題:Love per Square foot

監督:アーナンド・ティウーリー

2018年 インド映画 133分

キャスト:ヴィッキー・コウシャル

     アンギラ・ダール

     アランクリタ・サハイ

     ラトナー・パークタ・シャー

 

両親と同居の銀行員のサンジェイは自分の家を

持つことが夢である。一方、同じ銀行員のカリーナは

金持ちの婚約者がいるものの、彼の家に同居するのでは

なく、自分の家を持ちたいと願っている。この二人が

ひょんなことで知り合いになり、新婚夫婦向けの家を

購入し、それぞれの部屋を持つことを考えるのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 インドにこんな映画があったのね〜

というようなラブリーな内容です。


サプライズは夢を与えるものでなくっちゃ


まさかあり得ないと思うのですが、あり得てしまうのが

この映画で、主人公のサンジェイは、銀行の上司ラシ

(夫がいる)と絶賛不倫中。といってもオフィス内で

キスするくらいですが、他にもサンジェイはカリーナと

なんと電車内でキスするシーンが出てきて、もうアッと

驚いてしまいます。「バーフバリ」での唇と唇が触れそうで

触れないという寸止めシーンの連続を思い出すと潔いったら

ありゃしない。但しリアルなベッドシーンは出てきません。

そこままだまだでございます。
鉄道アナウンサーなんて職業が存在するのを初めて知った

けれど、その職をもうすぐ定年で終えようとしている父を

持つサンジェイは、その社宅に両親と暮らしているのです。

自分の部屋すらなく、そこへ叔父さんが転がり込んできて

「プライバシーはどこ?」の世界ではありません。トイレ

だってゆっくり入れやしない。社宅の屋上に上って、前に

そびえたつ高層アパートを見ては「欲しい」と願い続けて

いるわけです。ムンバイは13億人が暮らし、物価は安い

けれど住宅事情はかなり酷いようです。家賃は世界トップクラスで、

ムンバイの物価は安いにもかかわらず、家賃は日本よりも
はるかに高く、建物が古いものも現役で、いたんでいるものも

高額で貸されているそうです。古い家でも最低家賃月30万円、

中心部の良い家だと家賃が100万円以上にもなると聞くと

庶民には高嶺の花としか思えません。サンジェイがローンを

組もうとして断られるのも月々の支払いが月給のほとんどを

占めてしまうからなのです。
一方のカリーナは大きな屋敷に両親と暮らすサムという婚約者が

いるけれど、結婚したら自分の家を持ち、家事は半々でしたい

という夢を持っています。このカリーナが母親と暮らす自宅も

ボロいにもほどがあるほどのボロ家で、上階の住民が動くと

天井から埃が降ってくる有様です。

 

平方メートルの恋
出典:IMDb

 

この二人がひょんなことで知り合い、「新婚夫婦向けのアパート」

を申し込む計画を立てるわけです。これは抽選だけれど、

当選すればローンが組めるし、自分の家が持てるという。つまり

家のために「偽装結婚」をしようと考えるのです。ところが

二人が序盤に絶対に惹かれ合っているなと気づいてしまうから、

また胸がキュンキュンします。偽装がいつ本物に変わるか、いや

もう変わっているけれど、尺から考えて幾つの難関があるだろうか

などと想像するとワクワクしちゃう。
まず第一の難関は、「結婚証明書」が必要なこと。

それはサンジェイが電車の中でスリを通じて知り合った男性が

公証人だったからラッキーです。このスリ事件の犯人も

「家賃の支払いのため」という理由だったことはそれほどムンバイ

では住宅事情が悪化しているのだなとまたまた実感します。

そして次の難関は、手付金のために退職金を前借りしようとラシに

話すと、夫が留守なのをいいことに無理やり関係を...。あれは

あったのかなかったのか。

三つ目の難関は互いの家の宗教の違いです。これはサンジェイの

家がヒンドゥー教でカリーナの家がキリスト教ということで

まだよかったのかもしれません。ヒンドゥー教とイスラム教であった

ならばもう少しややこしくなったとも思えます。この辺りは

宗教がらみの事件を調べるとすぐにわかります。

結局もっとも大きな障害になったのは、ラシとのあの一夜で、それが

結局後半の展開につながっていきます。

 

平方メートルの恋

出典:IMDb

 

それにしてもカリーナもラシもものすごくきれいなんです。インド

映画の女優さんはきれいな人ばかりだけれど、他のインド映画に

比べてスタイルがすらりとしているのも特徴的です。こんな二人から

好かれるサンジェイったら!!いや彼もなかなかのイケメンですよ。
「家は私のもの」というカリーナに対し「家のために結婚する」と

答えるサンジェイのその言葉の意味は、前半の思いとは全く異なり、

深い愛情が込められていたと感じました。それにしてもヒンドゥー教式の
結婚式のド派手なこと。

あんなにぎやかな式だったら、みんな踊って歌って飲んで食べて

大暴れしたくなりますね。(やってみたい)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3019 最後に更新した日:2019/07/23

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM