ユリゴコロ

5

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ユリゴコロ

出典:IMDb

 

「ユリゴコロ」

監督:熊澤尚人

2017年 日本映画 128分 PG12

キャスト:吉高由里子

     松坂桃李

     松山ケンイチ

     佐津川愛美

     清野菜名

 

カフェを営む亮介の婚約者千絵が突然姿を消す。一方

彼は余命わずかな父親の押し入れから「ユリゴコロ」

と書かれたノートを見つけ、その内容に衝撃を受けつつ、

むさぼるように読むのだった。


<お勧め星>☆☆☆ 前半と後半の雰囲気が全く変わり、

個人的には前半の方が好きです。


ユリゴコロはよりどころ


熊澤尚人監督の映画と言えば「おと・な・り」(2009)

が最高、いやそれしか見ていません。都会のアパートの

隣同士に暮らし、その音だけで互いの存在を知り、心を

通わせていくという、とても静かでおしゃれな映画でした。

隣に岡田准一君が住んでいたら、もうサイコー!
さてこの映画の原作は沼田まほかるさんの同名小説です。

 

ユリゴコロ

出典:IMDb


カフェを営む亮介は末期がんで余命わずかな父がいるものの、

千絵という可愛い婚約者がいてそれなりに幸せな日々を送って

いるのです。しかしその千絵が突然、本当に神隠しに合ったか

のように姿を消してしまいます。そこで初めて気づくのです。

彼女についてほとんど知らなかったことを。これだけでも話が

できそうなのに、本筋はそこではありません。亮介がひょんな

ことで父の部屋の押し入れの中の段ボールに入っていた

「ユリゴコロ」と書かれたノートを見つけたことから始まるのです。

前半は、なぜかどうしてもそのノートの内容の先を読み漁りたい

亮介と、そのノートに書かれた狂気に満ちた内容が実写と

して出てきます。とにかく残酷なのと血の量が大層多いので、

血が苦手な人はここで脱落すると思います。

 

ユリゴコロ

出典:IMDb

 

このノートに登場する美紗子役の吉高由里子さんの何も感情の

宿っていないような空っぽな瞳と彼女の友人みつ子役の

佐津川愛美さんの明らかにイカれているのがわかってしまう

大きな瞳がとても対照的です。佐津川さん、大丈夫かしら。
みつ子のリストカットのシーンは、音が「グググ」と聞こえ、

血が流れる腕がアップになると、思わず「痛い!」と口走ってしまう。
「ユリゴコロ」は幼い時に美紗子を診察した医師が

「この子は心のヨリドコロがないね」

と言ったのを聞き間違えたことらしい。それでも「ユリゴコロ」

というものが存在しそうな気がしてしまうのです。
「言葉を発するために安全な場所にいるという気持ち」それが

美紗子は、人形への虐待行為から人間への攻撃へと変化していく

わけです。情け容赦のない行為の連続を映像で見せられると、

このまま映画はどういう方向に向いていくのだろうと思って

しまいます。読んでいる亮介の心の中にも何かが目覚め、幸せを

呼ぶと言っていた百足を残酷に踏みつぶし、肉のミンチを狂った

ように作り続けます。

 

ユリゴコロ

出典:IMDb

 

しかし美紗子が洋介と知り合い、ぎこちなく関わりながら少し

ずつ心を通わせていく過程は、見ていると本当に幸せを感じて

しまいます。ある理由で性的不能になった男と人と関わるのを

嫌い、娼婦となった女がいかにして2人の生活を築き上げていく

のか。そしてこの内容が書かれたノートを読んでいる亮介との

関係もすぐにわかってしまいます。

 

ユリゴコロ
出典:IMDb

 

千絵の行方を知っているという細谷という女性の存在。そして

引っ付き虫と言われる草の実。クライマックスは美紗子と洋介が

初めて結ばれるシーンじゃないだろうか。「蛇にピアス」

(2008)では大胆なヌードを見せてくれた吉高さんも今は何も

見せません。それどころか引っ付き虫で覆われています。まあいいか。

そしてそれ以降後半になると話の流れが変わり、愛にに満ち、

涙を流すシーンが多く、それも時間が長く、やや冗長にも感じ

られます。もちろん納得のいくラストではあるけれど、原作で

どうしても確認したいことがいくつかあって、その1つが女1人で

ヤクザの男たちを殺せるか、ということなんですよね。偶然が

呼んだ奇跡ということで片付けてもいいのかしら。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
原作は去年の11月に読んだ。映画は、しっかりできていたとは思う。
  • 或る日の出来事
  • 2019/05/07 11:26 PM

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3029 最後に更新した日:2019/08/18

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM