パッドマン 5億人の女性を救った男

4

JUGEMテーマ:洋画

 

パッドマン

出典:IMDb

 

「パッドマン 5億人の女性を救った男」

原題:Padman

監督:R・バールチ

2018年 インド映画 140分

キャスト:アクシャイ・クマール

     ソーナム・カプール

     ラーディカー・アープテー

     アミターブ・バッチャン

 

最愛の妻ガヤトリが生理中、不潔な布で処理をし、家の

外で生活するのを見て、ラクシュミは、女性用パッドを

プレゼントする。しかしそれはあまりに高額であり、

妻に断られてしまう。手先の器用なラクシュミは自分で

パッドを作ることを思いつくのだったが..。


<お勧め星>☆☆☆☆半 1人の男性の一途な思いに感動

するとともにさりげない大人の恋愛も楽しめます。


男として楽しむには女性的な面も必要


インド映画らしく華やかな結婚式のシーンから始まり、

歌と踊りと極彩色の衣装で楽しませてくれます。毎日

作業所に出勤するラクシュミのためにお弁当を持たせ

(「めぐり逢わせのお弁当」(2013)で見たあの

お弁当箱と同じ)シャツをズボンの中に入れてあげるのが

ガヤトリの日課なのです。

 

パッドマン

出典:IMDb

 

しかし月に5日だけ離れ離れにならなければなりません。それが

毎月訪れる月経で、その間女性は、布切れで処理をし、家の外の

部屋で隔離されたような生活をするわけです。そこには

ヒンズー教の法典「マヌ法典」の条文が根強く存在し、生理中は

「外出できない」「学校を休む」という差別的な問題と

「不衛生な布を使う」「病気の恐れが多い」という健康的な問題を

女性に課しています。映画内で何度も「恥」というセリフが

出てくるように、生理中は「恥じる身の上」であり、

「恥を抱えて生きるより病気で死ぬことを望む」
とまでガヤトリは言い放つのです。

中学生の頃修学旅行に行った先輩が帰ってきたときに

「○○って生理中にお風呂に入るのよ。汚い」

と言ったことを思い出しました。とても意地悪な先輩で苦手だった

けれど、その言葉を聞いて修学旅行の時生理中だったら嫌われる

のかなと心配したものです。全然汚くないのにね。
ラクシュミが生理用ナプキンを作ろうと考えたのは、市販のものが

あまりに高いのと最愛の妻ガヤトリが不潔な処理で病気になることを

恐れたからだけなのです。しかし家でも親戚でも村でも「変態」
「狂っている」「呪われている」とまで責め立てられ、夫を愛する

ガヤトリさえも彼がみんなに侮辱されることに耐えきれず、遂に

実家に連れ戻されてしまいます。ラクシュミの一途な思いはある意味
執着しすぎているようにも思え、郷に入ったら郷に従え的に

暮らしたらいいのにとさえ思ってしまいます。しかし今ある問題を

解決するためには、それに立ち向かう人間が存在しないと物事は

一つも前に進みません。どんなに不快でも波風のない生活を望むか、

その不快を打ち消すためにエネルギーを使うかは本人次第。

 

パッドマン
出典:IMDb

 

ラクシュミは幸いパリーという進歩的な女性と出会い、彼女の

アイデアで失敗を成功に変えていきます。パリーの父がインド

工科大学の教授だったことも本当にラッキーなことでした。

パリーの存在は女性には女性の力が必要なものもあるという

側面も描かれており、なぜラクシュミがあれほどまでに女性に

拒否されたのかも明確に示されているのです。さらに女性たち

の置かれている極めて低い地位を高めていくために、「仕事」

というものも与えます。「夫がいないと生活できないから」

ではなく自分の力で金を得るという行動を知るきっかけにも

なるのです。
今やもう過去の遺物のような言葉「男らしく」「女らしく」

ですが、男性ができることと女性ができることは全く同じ

ではなく、それぞれが互いの特性を理解し、尊重し合うことが、

社会の進歩にも繋がるのではないのかなと思っています。

それは単なる性別上の問題ではなく「男のくせにビービー泣く

なんて」や「女のくせに意見を言うなんて生意気だ」という

画一的な考え方は『時代遅れ』だと言いたいのです。これ

いつまで言わないといけないんだろう。
映画ではパリーとの淡い恋愛模様が描かれていますが、あの

部分はフィクションだそう。でもあの二人の空港でのシーンは

本当に心に残りました。それは互いの未来のため、本来の目的

のために前に進むということを意味しているのだと思うと

大変気分がいいです。でもちょっと胸が痛みました。
ラストは大団円の歌と踊りで大盛り上がり。しかし邦題の

「5億人の女性を救った男」は間違っているぞ。まだ普及率は

低くてこれからもっと努力が必要なのだから。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM