ヘル・フロント 地獄の最前線

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ヘルフロント

出典:IMDb

 

「ヘル・フロント 地獄の最前線」

原題:Journey's End

監督:ソウル・ディブ

2017年 イギリス映画 108分

キャスト:サム・クラフリン

     エイサ・バターフィールド

     トビー・ジョーンズ

     トム・スターリッジ

     スティーブン・グレアム

 

1918年春、フランス北部でドイツ軍と睨み合う

イギリス軍スタンホープ大尉率いる部隊へローリー少尉

が赴任する。ローリーは旧知のスタンホープとの再会を

喜ぶが、戦場はあまりに過酷なものだった。


<お勧め星>☆☆☆半 戦争の現場での悲惨な状況を若い

将校の視線で描いています。


攻撃計画と夕食の献立


第二次世界大戦前やその戦争中の状況を描いた映画は数多く

見てきましたが、第一世界大戦についての映画はほとんど

見たことがありません。1914年7月28日から

1918年11月11日にかけて連合国(フランス、イギリス、

ロシア、日本、イタリア、アメリカ、ベルギー等)と

中央同盟国(ドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン等)

が交戦したもので2000万人近い犠牲者を出した戦争です。
1930年映画「西部戦線異常なし」ははるか昔テレビの

ロードショーで見た記憶があり、そこでのリアルな戦場の

描き方にただただ恐怖を覚えただけでした。

「大いなる幻影」(1937)

「武器よさらば」(1957)
「レッド・バロン」(2008)は題名のみ知っているだけで

未見です。
この映画は第一次世界大戦末期、1918年3月のドイツと

膠着状態にあるイギリス軍の姿を描いています。鍋の蓋のような

粗末なヘルメットをかぶり、ぬかるんだ塹壕に隠れている

イギリス兵はいつ侵攻してくるかわからないドイツ軍を

「ただ待っていた」のです。この「待つ」という行為がいかに

人間の心をむしばんでいくか、それはアルコールに溺れた

スタンホープ大尉に始まり、かすかな物音に体を震わす兵士にまで

現れています。夜昼の区別なく緊張を強いられ、帰還命令が

出されることはなく、怪我をして担架に乗った時にようやく

故郷に戻れるという絶望的な状況は、戦争の違う側面を映して

いるようにも思えるのです。

 

ヘルフロント
出典:IMDb

 

そしてそのスタンホープ大尉率いる部隊にラーリー少尉が

志願してやって来ます。ここはセリフでしか語られませんが、

ラーリーは大佐の甥であり、スタンホープは彼の家に仕える

身の上で、彼の姉マーガレットと恋仲だったようなのです。昔は

3人でよく遊んだと語るローリーの言葉を遮っていく

スタンホープは、今の身の上を知られたくないらしい。派手に

戦果をあげて昇進した過去とは違い、今は塹壕にこもり酒浸りで

指示を下すだけの日々を送っているからです。

 

ヘルフロント

出典:IMDb

 

それでも副官のオズボーン中尉が彼を何とか支えていたのですが、

上層部の指示でドイツ軍に急襲をかけ捕虜を連れ去り、侵攻する
情報を聞き出す任務が下されます。それに参加させられるのは

将校2名と兵士10名。急襲するために必要な準備期間より、

その結果の報告をする夕食会の日程が優先されるというあまりに

非情な命令です。
これが戦争なのです。戦地の前線で戦う兵士はコマの1つに過ぎず、

それを現場で指揮する者は、遠く離れた安全な場所で好物を

食べながら作戦を練る上層部の指示に従うしかないのです。
また急襲することは、明らかにドイツ軍の反撃を呼ぶことは間違い

ないのに、援軍、武器の補強はなく、撤退もないと言われる。

つまりここで死ぬことが決定したことにほかなりません。
スタンホープに会いたくて入隊したラーリーも少しずつ現場の

過酷さを実感していき、さらには急襲作戦のメンバーになった

ことで、初めて「戦争」「死」を体感することになります。

作戦は成功したと言えるのでしょう。しかし聞き出せた情報と

失った命が同じ重さであるとはどうしても思えないのです。

 

ヘルフロント
出典:IMDb

 

その後予想通り起こる戦闘風景は、ぬかるんだ塹壕に頭を隠して

いても、銃弾がヒュッヒュッと容赦なく兵士を襲い、爆発が起き、

仲間が次々と倒れていきます。そういえばこの塹壕も、フランス兵の
遺体をそのまま埋めて作り上げたと序盤に語っていたことを

思い出しました。
彼らは何のために戦うのか、領土のため、民族のため、信仰のため、

ひいては自国への愛国心のため。しかしそのどれをとっても

「戦争」を正当化する理由は1つもなく、いとも簡単に口にすべき

言葉ではないと心から思うのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM