運び屋

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

運び屋

出典:IMDb

 

「運び屋」

原題:The Mule

監督:クリント・イーストウッド

2018年 アメリカ映画 115分

キャスト:クリント・イーストウッド

     ブラッドリー・クーパー

     ローレンス・フィッシュバーン

     マイケル・ペーニャ

     ダイアン・ウィースト

 

デイリリーの栽培に明け暮れ、家族と疎遠になった

アールは、時代に乗り遅れ、農園を差し押さえられて

しまう。彼は 唯一連絡を取り合っていた孫娘の婚約

パーティーで、ある男から「運び屋」の仕事を持ち

掛けられるのだった。


<お勧め星>☆☆☆ 大そう丁寧に作られた映画ですし、

景色も美しい。でもこれをカッコいいと思った時代は

終わったんじゃないのかしら。


時間は取り戻せない


ベースは2014年6月「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」

に掲載された「シナロア・カルテル 90歳の運び屋」という

記事です。メキシコからデトロイトへ大量のコカインを運んで

いたレオ・シャープという男性は逮捕時87歳で、この映画を

撮影した当時のクリント・イーストウッドの年齢と同じです。

主人公アールが本当にお爺さんで、やや背中が曲がり、足は

ガニ股気味、そして少し歩くとゼイゼイ言う姿は、ありのままの

姿なんでしょうね。
この映画を見終わった時、なぜか頭をよぎったのが、

日本ボクシング連盟元会長の言葉

「私は歴史に生まれた歴史の男でございます」。

全然つながらないはずなのに、アールが本当に一昔前の「男性」
そのもののように見えてしまいました。かつて朝鮮戦争で戦った

退役軍人であり、人種差別用語が平気で口から飛び出すし、

お金が手に入れば、家族ではなく、自分の周りの人たちにふるまって、

いつも仲間の中心でいたいという極めて自己中心的な人間なのです。

さらに90歳になってもきれいなお姉さんにチヤホヤされるのが

大好きだし、車はガソリン垂れ流しのような「エコ」とは真逆に

位置するものがお好みのよう。

 

運び屋

出典:IMDb

 

最初はオンボロのトラックだったけれど、お金が入ったら速攻

購入したのが、黒のリンカーン・マークLTというわかりやすい

成金ぶりです。そんな車に乗ったら、仲間にお金をたかられてしまう!
いや、そうやって仲間に必要と感じてもらえるのが彼にとって

一番うれしいらしいのです。

 

運び屋
出典:IMDb

 

ひたすらデイリリーの栽培に没頭し、妻とは別れ、一人娘には

口もきいてもらえないアールが唯一連絡を取っていたのが、

孫娘のジニーで、この役はタイッサ・ファーミガ。

そしてインターネットの普及に乗り遅れ、農場を手放すことに

なったアールを再び家族が受け入れてくれるのだろうかという

ことともに、不法な仕事で荒稼ぎしていく様子が並行して映ります。

何を運ぶのか知ってもそれを続けたのは、かつてのような華やかな

生活が一瞬蘇ったような気がしたからかもしれませんね。友に

頼られ褒められ女性にモテて...。なんとなく寂しいなあ。

 

運び屋
出典:IMDb

 

また運び屋の仕事をしているアールを描くとき、アメリカ国内に

はびこる差別問題を絡めています。その部分が監督自身の考え方

と同じなんだと感じ、私は好きにはなれなかったです。これが

かっこいいと思う時代はもう終わっているんだけれど、それに

気づかないのか気づかないふりをしているのか、どちらにしても

受け入れがたいです。でも今また広がっている考えかもしれない。

だから嫌なんです。

 

運び屋
出典:IMDb

 

DEA(麻薬取締局)の捜査官ベイツ役は「アメリカン・スナイパー」

(2014)のブラッドリー・クーパー。彼に対し

「家族を大事にしないといけない」

と語るアールの姿は、もちろん自分を振り返っての言葉なのですが、

気づくのが遅すぎるとしか思えなかった。
とはいえ、組織の人間にスマホを渡されても「メール」が打てず、

通話も危うそうな雰囲気にはなぜか笑えてしまいました。

本当は使えるのかしら...。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3019 最後に更新した日:2019/07/23

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM