ザ・シークレットマン

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

「ザ・シークレットマン」

原題:Mark Felt:The Man Who Brought Down

         The White House

監督:ピーター・ランデズマン

2017年 アメリカ映画 103分

キャスト:リーアム・ニーソン

     ダイアン・レイン

     アンジェロ・ラノ

 

1972年、ニクソン大統領が再選を目指していた時期に、

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕される。

彼らの経歴からFBI副長官フェルトは政権幹部の関与を疑うが、

捜査は早々に打ち切りが決まってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 骨太で見ごたえのある内容でしたが、

終盤少し端折った感じがしています。


自己犠牲の精神


リーアム・ニーソンを見たら「96時間」(2008)の娘を

溺愛するものすごく強いパパとしか思えないのですが、今映画

ではほとんど無表情で笑顔すら浮かべない仕事人間を演じています。
時代はベトナム戦争反対デモが全米で起き、いわゆるヒッピーたちが

自然回帰を目指しコミューンをあちこちに形成していたのです。

映画内ではそのコミューンにフェルトの娘ジョーンがいるシーンが
あります。

 

ザ・シークレットマン
出典:IMDb

 

そして共和党のニクソン大統領は再選を目指し、目の上のタンコブ

的存在のFBI長官フーヴァーの退任を望んでいたのです。なんせFBIは

政治家の隠しておきたい嗜好や不倫、家族環境まですべて知り尽くして

おり、それをいつ活用されるかわからないので、絶対に政権の傘下に

置きたいと思ったのです。

しかしFBIは独立機関であり、約50年にわたって長官を務めた

フーヴァーによってその力は絶大なものでもありました。
フーヴァーについては、レオ様主演の「J・エドガー」(2011)

でリアルに描かれていました。
そのフーヴァーが急死すると、あっという間に「公的機密資料」を

廃棄、焼却するFBI職員の姿が映ります。さらに次期長官と思われた

フェルトは副長官のままで、司法省からグレイが長官代理として赴任
するのです。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

これには次期長官になると信じて、今まで私生活を犠牲にして

きたフェルトの妻オードリーは落胆極まりないし、そもそも

FBI職員は生え抜きが出世していくと信じていたので、職員内

にも動揺が走ります。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

この時のフェルトの表情が全然変わらないんですよ。

リーアム・ニーソンの演技がすごい。
そして起きたウォーターゲート事件を当然のことながら

グレイ長官代理は早々に捜査終了する指示を出します。なぜに

こんな大きな事件を小さな目的で行ったと済ませるのか、普通

疑問に思うけれどまあ、そんなことは今となっては幾つもあって、

「慣れ」はこわいと思うほどです。
そして反旗を翻すのが、FBIに仕えて30年のフェルトです。

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした犯人のうち4人が元CIAで

あり、現政権と近い人々であれば、本丸は誰か言わずもがな。

しかしそれに触れることは自分の地位を捨てることに等しい

どころか罪に問われるかもしれません。それでもフェルトは

「アメリカの正義」であると言い切り。猪突猛進するのです。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

これは明らかに周りを巻き込んでの強引すぎる手法ですが、

そこまで彼を行動させた原動力は何でしょうか。そこは彼の

自己犠牲の精神という精神論で終わらせたくないですね。
ニクソン大統領が「第二次世界大戦におけるドイツは正しかった」

と発言していると言うセリフを聞くと、フェルトの「正義」と

いうものの存在があぶり出されてきます。しかしそれは彼個人の

もので、彼の家族や同僚にとって同じものであったかどうかは

何とも言えない感じです。
この映画よりかなり前に観た「ペンタゴン・ペーパーズ」(2017)

はウォーターゲート事件の前のワシントン・ポスト紙記者の姿で

あり、それも含めて権力に屈せず、事実を真実として報道する
ことの重要さを確認できるものです。

真実を曲げるのはあまりにも簡単なことなのかもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3060 最後に更新した日:2019/10/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM