ジュラシック・ワールド/炎の王国

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ジュラシックワールド

出典:IMDb

 

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

原題:Jurrassic World:Fallen Kingdom

監督:J・A・バヨナ

2018年 アメリカ映画 128分

キャスト:クリス・プラット

     プライス・ダラス・ハワード

     レイフ・スポール

     ジャスティス・スミス

 

インドミナス・レックスとT-REXの戦いで崩壊した

ジュラシック・ワールドのあるイスラ・ヌブラル島は

火山噴火の危機に瀕していた。恐竜たちを救出するか

そのまま放置するか議論が割れる中、かつてのパークの

責任者クレアは、恐竜行動学者だったオーウェンと共に

島を訪れるが..。


<お勧め星>☆☆☆半 「ジュラシック・パーク」を思い

出すようなシーンが随所に見られ、迫力あふれる映像の中で

強いメッセージを感じます。


過去には戻れない


邦題の副題を「炎の王国」としてあるので、火山の爆発で

1つの王国ができがってしまったのかと思うと、いやいや

原題の副題を見てよ、と思います。

「Fallen Kingdom」=崩壊した王国です。
かつてジュラシック・ワールドがあったイスラ・ヌブラル島の

火山が今にも噴火しようとしており、そこにまだ生存している

恐竜たちをどうするかという議論から始まります。

マルコム博士は「噴火で全滅するのも運命だ」
と一見残酷に思える意見を述べますが、実はそれこそ「正論」

なのです。元々絶滅していた恐竜を人間のエゴで再生し、

それに対処できなくなって放棄した人間が再び保護を主張する

のは、あまりにも利己的な主張なのに、「恐竜保護」という

言葉で、それはカバーされてしまう。「正論」を「異論」に変

えてしまうのは、小さなエゴの集結ではないかと感じてしまいます。

マルコム博士は「ジュラシック・パーク」時代からずっとそれを

訴え続け、それなのに耳を貸さない人々のせいでどれだけ被害を

被って来たのか。
かつてパークの責任者だったクレア役は、前作と同じく

ブライス・ダラス・ハワード。一回りほど大きくなっていますが、

今回はハイヒールで走り回らず、最初からスニーカーを履いて

いるので、私的には好感度アップです。クレアで思い出すのは、

恐竜の飼育係をしていたオーウェンで、この役も前作と同じで

クリス・プラットが演じています。

 

ジュラシックワールド
出典:IMDb

 

クレアの属する恐竜保護団体のジーアとフランクリンも加わり、

ジュラシック・パーク創設者の一人ロックウッドの財団の

代表ミルズの好意的な援助で、彼らは島へ向かうのです。同行

する探検隊隊長ウィートリーたちがやけにいかめしい姿だし、

かなりの数の部隊がいるのはなぜだろう。ってもうここで誰が

「悪」なのかわかってしまいます。それも黒幕までわかると

いう親切な説明シーンが流れ、疑心暗鬼になることは一切なく、

島でのウィートリーたちの蛮行や遂に噴火した火山の噴石や

溶岩流から逃れようとする4人の姿に、ただハラハラするの

です。前作でパークを回るために使われた丸い移動器具が今作も
一応大活躍?

 

ジュラシックワールド
出典:IMDb

 

活用したい恐竜のみ捕獲するという人間の強欲さが既に目に

焼けつけられているのに、それが終盤にはこれでもかと見せられ

続けます。
一方騙されて島に行ってしまったクレアたちは、なんとか船で

一緒に戻ることができたのですが、そこからミルズたちと4人の

対決が始まるのです。そこにはロックウッドの孫娘メイジーを

加わっており、彼女がちょいちょい聞き耳を立てたり、邸の

地下室に忍び込んだりして、ミルズの悪業を知っているので説明は

不要。

 

ジュラシックワールド

出典:IMDb

 

ジュラシックワールド
出典:IMDb

 

前作では「ものすごく大きい」インドミナス・レックスが

作られていたけれど、実際にT-REXと戦っていた時には、その

大きさが全く感じられませんでした。今作は大きさではなく、

戦闘能力にたけたインドラプトル(名前からして何と何を

掛け合わせたかわかるという)が試作されているのです。これを

何に使うかはいわずもがなですね。
猛獣を子供の頃から育て、それをハンティングするという残酷な

行為を遊びにしている大金持ちが存在するように、お金が有り

余った人、もっとお金が欲しい人の考えることは、たいていろく

でもないことだと思います。「ホステル」参照。
それでも勧善懲悪のストーリーなので、もう愉快爽快!!

とはいえラストにマルコム博士の語った言葉は重いです。それと

三部作の二本目ということなのか、冒頭のインドミナス・レックスが

その後登場しなかったことは説明がなかったです。助かったと

思ったところを大きな口がパクリとか、突然背後に姿が浮かび上がる

恐竜、という驚かし方はわかっていてもスリルがあります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
はじめに期待度ハードルが下がっていたので、見上げるほど、はるかに面白かった。
  • 或る日の出来事
  • 2019/12/06 11:45 PM

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3100 最後に更新した日:2020/01/24

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM