ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

3

JUGEMテーマ:洋画

 

ワンスアポンアタイムインハリウッド

出典:IMDb

 

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

原題:Once Upon a Time in Hollywood

監督:クエンティン・タランティーノ

2019年 アメリカ映画 141分 PG12

キャスト:レオナルド・ディカプリオ

     ブラッド・ピット

     アル・パチーノ

     ブルース・ダーン

 

かつて売れっ子テレビ俳優だったリックは、映画界への

転身を目指して不遇の日々を送っている。彼の付き人

兼スタントマンのクリフの支えもあり、なんとか仕事を

こなしているが時々役に立たなくなった自分を認めては

涙にくれるのだった。そんな時自宅の隣に

ロマン・ポランスキー監督と妻で女優のシャロン・テート

が引っ越してくる...。


<お勧め星>☆☆☆半 60分あたりまで耐えて見ていると、

そこからどんどん楽しくなってきます。


火炎放射器と番犬は大事


ロマン・ポランスキー監督といえば
「ローズマリーの赤ちゃん」(1968)でルックスも

ファッションもとてもキュートなミア・ファロー主演の

ぞくりとする恐怖を体験し、
「チャイナタウン」(1974)では私立探偵が関わった

調査から殺人事件に発展し、そして露呈する過去の愛憎劇に

驚き、
「おとなのけんか」(2011)での子供のけんかを話し合いで

穏便にすませるはずの2組の夫婦が次第に本気のけんかに

なってしまう姿に笑ってしまう
など数多くの映画を手掛け、そのほとんどが優れた内容で

あると評価されています。ただ監督本人は少女への性的暴行

事件のためアメリカを出国し、主にヨーロッパに活動拠点を

置いています。
その映画監督としての仕事とは別に、彼の妻であった

女優シャロン・テートが友人とともに、チャールズ・マンソン

率いるカルト教団によって惨殺された事件でも有名になりました。

この事件を知っていれば主人公のリックの家の隣

(隣と言っても豪邸なので坂を下りてまた坂を上らないと

着きません)にロマン・ポランスキーとシャロン・テートが

引っ越してくるシーンを見ると、「まさかあそこで?」
と思ってしまうのです。それがいつなのかドキドキしっぱなし

です。

 

ワンスアポンアタイムインハリウッド
出典:IMDb

 

シャロン・テート役のマーゴット・ロビーはこんなミニスカート

と白いブーツを履いて、街を闊歩するので、「Oh、モーレツ!」

の小川ローザを思い出してしまいます。

「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」(2017)

のトーニャ役とは全く違った雰囲気で、自分の出演した映画

(端役)を観に行って、自分の登場するシーンにうっとりする

ようなとても可愛い女性です。

 

ワンスアポンアタイムインハリウッド
出典:IMDb

 

さて、レオ様演じるかつてはテレビ番組「賞金稼ぎの掟」で

大人気だったリック・ダルトンは既に過去の人間となっており、

新人スターに殴られるような役で映画に出演している身の上

なのです。
このテレビ番組映像がしばしば出てきますが、西部劇であり、

とにかく派手に撃って撃って撃ちまくるアクション物。その

スタントを演じていたのが、ブラピ演じるクリフ・ブースです。

クリフは落ちぶれた自分を嘆くリックを慰め、一緒に酒を飲み、

煙草をスパスパ吸いながら、大きな車(キャデラック)の運転も

務めます。本当にアメリカの楽しかった時代そのものを反映して

いるように思えるのです。

 

ワンスアポンアタイムインハリウッド

出典:IMDb

 

リックがセリフがとんでしまい、思い切り自己嫌悪に陥って

へこんでいても、クリフが必ずそばにいます。そのクリフは

チャラそうに見えて、結構堅実なんですよね。ヒッチハイクの

ヒッピー娘を車に乗せても、何をするでもなくちゃんと目的地

まで送り届けます。(年齢確認を忘れていません)しかしそこは、

ヒッピー村であり、そこに生活する若者たちの異常な姿と異様な

雰囲気には、「何かが起こりそう」と感じるのです。

 

ワンスアポンアタイムインハリウッド
出典:IMDb

 

そしてこれが最後のシーンへの伏線であると気づくのは、無事に

クリフがそこを車で走り去った時です。
終盤のリックの自宅での怒涛のシーンの連続は、さすが

タランティーノ監督らしい手加減のない暴力の連続かつ、そこに

なぜか笑いが込められていて、やはり見ていてよかったと思うはず。

さらにこれが真実だったら尚更よかったのにと思ってしまうのです。
クリフの愛犬ブラディ役のピット・ブルはカンヌ映画祭で

パルム・ドッグ賞を獲得しています。ドッグフードの缶詰を

開けているときのブラディの表情が本当に可愛いです。すごく

いっぱい食べるんですね。そして番犬としてはものすごく有能

なんですね。ドッグランには来てほしくないワンコだけれどね。

映画内で流れる約60の曲も懐かしいものがたくさんありました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3109 最後に更新した日:2020/02/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM