恋人たち

4

JUGEMテーマ:邦画

 

恋人たち

出典:IMDb

 

「恋人たち」

監督:橋口亮輔

2015年 日本映画 141分 PG12

キャスト:篠原 篤

     成嶋瞳子

     池田 良

     安藤玉恵

     光石 研

 

ハンマーで橋を叩いては不具合をチェックする仕事に

就いているアツシは、3年前愛妻を通り魔によって

奪われている。彼が犯人家族への訴訟を起こすことを

勧めていた弁護士四宮は、完璧主義者で同性のパートナー

と別れたばかり。一方弁当屋にパートに出ている瞳子は、

自分に無関心の夫と姑がおり、偶然出会った肉卸しの

男性と関係を持ってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆ どこがどん底かわからないけれど、

自分への些細な共感で、少しだけ上を向けるような気が

します。


腹いっぱいになって笑うことはいい


この映画のどこに恋人たちが登場するんだろう。
朴訥とした語りから始まるこの映画が、どういう方向を

向いているのか見極めるのに時間がかかります。

 

恋人たち

出典:IMDb

 

ハンマーで橋を叩いてチェックをしていく男、弁当屋で弁当を

詰めるパートをしている時に、ひたすらヒステリーを起こして

いる女。橋を叩くという作業では「耳」が頼りで、大声を出す

ことなど一切ないのに、弁当屋の女のヒステリーはどこまでも

続きます。この対照的な映像から、突然アツシの過去が語られる

のです。彼は3年前通り魔事件によって、最愛の妻を亡くし、

犯人への憎悪と妻を失ったことへの喪失感から自暴自棄の生活を

送っています。部屋はいたるところに服が置きっぱなしだし、

食べ物はカップ麺、そして煙草を吸い、ビールを飲む。彼の

緩んだ身体が、その不健康な生活を物語るのです。

突然愛する者を何の理由もなく奪われたあげく、その犯人が

心神耗弱で措置入院という判決になったとしたら(そういう

例はいくつもあります)、さらに被害者なのに、事件のせいで

家族の日常が壊されていく一方だとしたら、どこに怒りを

ぶつければいいのでしょう。

 

恋人たち
出典:IMDb

 

そのアツシが加害者の家族を相手に訴訟を起こすことを提案した

5人目の弁護士四宮は、自信満々で、自分中心の生活を送って

います。こんな人間が被害者に寄り添えるはずもなく、

あくまでも自分の経歴に傷がつかない案件を扱おうと考えている

わけです。彼はゲイであり、パートナーと暮らしているものの、

ある日そのパートナーに去られてしまいます。これは当然

なんだけれど、四宮の胸にいつもあるのは、同級生の存在で、

彼がいるから自分というものを保つことができているという

ことに気づいていません。

 

恋人たち

出典:IMDb


さらに弁当屋にパートで働く瞳子は、頭髪の薄い夫と姑と

暮らし、二人とも瞳子には無関心なのです。こういう家庭は

今の日本にそれほどないかもしれませんが、確実に存在

し続けていますよね。
この家族の描き方がまことにリアルです。一人息子かな。息子を

溺愛し、嫁は女中程度にしか思わない姑は、姑に瞳子が冗談を

言ったことに腹を立て、彼女を平手打ちした息子を見て

「当たり前だ。父さんが生きていたらこれくらいじゃすまない」

と言ってのけるんです。こんな男は今の時代絶対に「結婚」と

いう対象から外れてほしい。その的のはるか彼方に行ってほしい。
そして瞳子は弁当屋に肉を下ろしていた男と、ひょんなことから

関係を持つのです。皇室に憧れ、夢見る乙女(見た目は全く違う)

である瞳子は、その男が自分を変えると思ってしまうんです。
このようにほとんど交わることのない(瞳子は男二人とは一切

関わることはない)3人の姿を映しながら、明日は違う日が

待っていると願う、望む、思う普通の人間が、実は翌日はもっと

悪い日を迎えてしまうという現実を目にしていきます。
この映画の中に本当に善人がいるとしたら、アツシの上司の黒田

でしょうか。黒田の1つ1つの言葉が、立ち上がる術を失って

いるアツシの上に細い細い糸のようなものをたらし続けます。
「殺したら話せないじゃん」
この言葉を受け入れるのに勇気がどれほど必要かわかりませんが、

受け入れることができたら、少しだけ息苦しさが消えるんだろうな。
生きていくのには辛いことが多い世の中で、何を拠り所にするか、

自分の頭でしっかり考え、行動することが必要だと思います。

怒りや一時の衝動に駆られることでは何の未来ももたらさないと
感じます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3167 最後に更新した日:2020/07/06

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM