The Witch/魔女

3

JUGEMテーマ:韓国映画全般

 

魔女

出典:IMDb

 

「The Witch/悪女」

原題:The Witch:Part1,The Subversion

監督:パク・フンジョン

2018年 韓国映画 125分

キャスト:キム・ダミ

     パク・スヒン

     チェ・ウシク

     チョ・ミンス

     キム・ジョンフン

 

牧場経営しているクは、ある日、敷地内に倒れている

血まみれの少女を発見する。ク夫妻はその少女を

ジャユンと名付け我が子同様に育てることにする。彼女が

高3になった時、母が認知症となり、さらに牛の価格が

急落したことでお金が必要になったジャユンは、親友

ミョンヒの勧めでオーディション番組に応募し、賞金を

手に入れようと考えるが、その番組の放映後、彼女の周りに

不審な人物が現れるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ SF、アクション、サスペンスと

多くの要素が入り込んだ内容ですが、まさかの展開に絶対

に驚くはず


「あの日」のできごと


オープニングはすごい映像なんです。まあ暗くてよく判別

できないけれど、おそらくは死体の山にシーツがかけられて

いて、一方で森の中を走って行く血まみれの子供が映るの

です。それは実は2人いて少年は大人に連れ戻されます。

もう一人少女は、のどかに牛が草を食べている場所に倒れこむ

のです。そしてそこのク夫妻によってその少女は病院で治療を

受けさせてもらい、その家の子供として育てられていくのです。

この過程は一切カットされ、次はあっという間に高校生に

なっている少女ジャユンが登場します。

 

魔女
出典:IMDb

 

ジャユンには前髪にカーラーをつけて薄化粧をしている親友

ミョンヒがいて、彼女の父親は警察官です。またジャユンの

母はどうやら認知症を患い始めているみたい。その上、牛の

価格が暴落し、この家の家計はひっ迫しています。それを

知ってミーハーのミョンヒは「スター誕生」というオーディション

番組に応募することを提案するのです。ジョンヒ役の

キム・ダミが韓国女優さんにしては地味目の顔立ちで、だから

こそ個性があふれているし、後半のバイオレンスシーンで

にっこり笑うときの表情が何とも言えません。
しかしその番組の予選で、彼女は「特技」として「手品」を

披露するのです。これはテレビ映像ではその姿を見る両親の

表情のみで、何をしているのかわかりません。ただこれが会場の

誰もが驚くような「手品」らしい。これも後半にならないと

わかりません。
そして予選を勝ち抜いたジャユンは、ソウルで収録される番組に

出るために、ミョンヒと列車に乗るのですが、その席の前に

座っているのが謎の男です。

 

魔女

出典:IMDb

 

この男ゴンジャ役は「パラサイト 半地下の家族」(2019)

のチェ・ウシク。あの映画の時よりシュっとしたイケメンに

見えるのは役作りでしょうか。
しかしジャユンは時々ひどい頭痛に襲われるし、鼻血も出して

しまいます。やはり冒頭のあの施設で何かされていたに違い

ありません。(そんなことは誰でもわかるって。)

 

魔女
出典:IMDb

 

このテレビ放送を見てにんまり笑う女性は冒頭に登場した施設の

リーダー的存在の人で、「やっと見つけたわ」とか何とか言うの

です。

 

魔女

出典:IMDb

 

彼女のそばにいるのはミスター・チェという顔に傷のある男性。
ここからジャユンはめっちゃ怪しげな車(アメリカならギャングが

使うタイプ)に追われるんですが、その間に遺伝子研究者の家で

一家殺害、放火事件を起こしているゴンジャ組がその車に乗って

いるのでジャユンはク夫妻は無事かどうか大そう焦ります。先回りを

頼んだ相手はミョンヒのパパの能天気な警察官だし...。空っぽの

パトカーだけが自宅の前に止まっているのを見たら、絶対に何か

あったと思いますよ。

 

魔女
出典:IMDb

 

大丈夫です、なにもありません。こんな風に中盤くらいまでは過去の

記憶が一切ないジャユンの身に少しずつ危険が迫ってくるのを

感じるだけの映像が流れます。
そして中盤、深夜ジャユンの家に男たちが侵入し、ミョンヒの首に

刃物を突き立てようとした時から一気にストーリーが動き出すのです。

ジャユン、ウルトラ強い!!!あのおとなしい顔立ちの少女が
ここまで立ち回れるとは、韓国版「アトミックブロンド」と言える

かもしれません。いやブロンドじゃないか。
そしてジャユンはそこでその集団にある場所に連れていかれるのです。

だいたい死体の山があって、銃にも刃物にも彼女の指紋がベタベタ

ついているのだから、ここにいられるはずもありません。
その集団というのはゴンジャが率いていて、これがどいつも何か

ありそうな奴ばかり。そういうジャユンも何かあるはずです。いや

それはもうわかっているんですが、問題は、もう一集団ジャユンを
追う者がいて、それは冒頭にドクターペクの叱られていた

ミスター・チェ。なぜにドクターがチェ外しをしたのかちょっと

わからなかったけれど、たぶんあまり使えないやつだからなんでしょう。
ここからまさかの展開になります。思い描いていたものと全く

変わってくるのでぜひ見てのお楽しみにしてください。
遺伝子操作された脳を持つ集団の中でも最高傑作であるジャユンと

ゴンジャのタイマンも見ものです。
題名を見るとPart1とあり、ラストシーンは続編につながる内容です。

緻密なストーリーと華麗なアクション、バイオレンスシーン、そして

謎解きもあり、久しぶりにぞくぞくとする映画を見ました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM