家族を想うとき

4

JUGEMテーマ:洋画

 

家族を想うとき

出典:IMDb

 

「家族を想うとき」

原題:Sorry We Missed You

監督:ケン・ローチ

2019年 イギリス=フランス=ベルギー映画 

100分

キャスト:クリス・ヒッチェンズ

     デビー・ハニーウッド

     リス・ストーン

     ケイティ・プロクター

 

元建設業者のリッキーは配送業者に個人事業主という

形態で雇用される。彼はこれによって借金を返済し、

念願のマイホームを購入し家族を喜ばせようと考えるが、

使用するバンの頭金のため、車を売った妻アビーは
バスで向かう訪問介護に疲れ、息子セブは父に反抗的で

あり、娘ライザは幼児退行していくのだった...。


<お勧め星>☆☆☆☆ これまた社会の矛盾を突いた映画で

あり、理想と現実とのギャップがあまりに広がりすぎている

ことに気づかされます。


週6日1日14時間労働

 

監督は「ルート・アイリッシュ」(2010)

(アメリカだけがイラク戦争の被害者ではないと痛烈に批判

した作品)、

「天使の分け前」(2012)(樽の中での熟成中、年に

2パーセントほど蒸発するその減り分=天使の分け前を
を通して更生していく人々の姿を描く)

「わたしは、ダニエル・ブレイク」(2016)(社会的弱者

には行政がとことん無力であることを思い知らされる)などの

ケン・ローチです。
今回の主人公はイギリスの典型的な労働者階級に属するリッキーで、

彼は訪問介護をしている妻アビーと高校生のセブ、小学生のライザ

の4人でアパート暮らしなのです。彼は自分たちよりも良い暮らしを
子供たちにさせるため十分な教育を受けさせたいし、20年前に

ローンを組む寸前で手に入れることができなかったマイホームを

手にしたいと願ってやみません。今回も運送サービス会社の面接を
受け、それが「個人事業主」という形態であることを知りつつ、

働いた分だけ対価をもらえるということに魅力を感じ、その仕事を

始めます。しかし配送のためのバンは自分で用意しなければならず、
会社からレンタルするよりも自分で買った方が得だと考え、

妻アビーの車を売ってそれを頭金にして、バンを購入するのです。

 

家族を想うとき

出典:IMDb

 

妻アビーも訪問介護の仕事をしており、移動には車が不可欠なの

ですが、バスを乗り継いで、手のかかる老人や障がいを持つ人々の

介護をするために向かいます。この2人の仕事に代表される

ような仕事の形態を「ゼロ時間契約」といい、リッキーは

個人事業主という立場であるがゆえに、過酷なノルマが課せられ、

保障や休みはなく、逆に違反すると大きなペナルティーを

払わなければなりません。それは雇用主に極めて有利かつ、政府

にとっても失業率抑制という意味ではたいへん有効な働かせ方なの

です。それはアビーも同じで、訪問ヘルパーは福祉経費削減に

よって、自分の担当の顧客を全て回るために、決まった時間で

業務終了ということはありません。さらに移動手段の経費は自分

持ちなのす。つまり移動時間や訪問と訪問の間の待機時間が

報酬に含まれないため、限りなく低い賃金で働かされる状況に

陥っています。これがイギリスのおける訪問介護従事者の半数を

超える人たちに当てはまるというから驚かされます。

(イギリス人事開発協会のホームページより)
つまり夫妻共に「働けど働けど楽にならない」という状況なの

です。それでも彼らは息子セブや娘ライザのために、身を粉に

して働き、彼らには自分たちのような暮らしを送ってほしくない、

ちゃんとした大学に入り、ちゃんとした会社に就職し、希望の

ある未来を切り開いていってほしいと願います。
ところがまずセブは、登校せず、仲間と街のあちこちの塀に

スプレーアートをする日々を送っているのです。賢いライザは

そんな兄を起こし、登校し、一人で帰宅すると、冷蔵庫のパスタを

チンして食べる毎日です。

家族のだんらんというものはいつが最後だったのでしょうか。
映画内でアビーが介護する老人に写真を見せるシーンがあって、

「この時はバラ色の人生だったのよ」と語ります。それはリッキー

と知り合ってバーで騒いでいる姿や買うはずの家の前で家族そろって
撮った写真、お腹にライザがいて幼いセブと夫妻が大笑いして

いる写真などです。彼女の向かう先は、誰もが時間通りに終われる

相手ではありません。認知症の老人はわざと食事をテーブルから

落とすし、全身不随の若者は「今は起きたくない」と言い、他にも

からだ中に糞便をつけまくった老女の世話をしたことを電話で

話すときは、事務所の職員相手に涙をこぼしてしまいます。

サービス料を払っているからすべて介護者任せにしている人は

必見です。被介護者から暴力を受けてもヘルパーという立場では、

それをどこへも訴えることができないのです。
リッキーはリッキーで、配送先での小さな言い争いや駐禁切符を

切られそうになり、食事やトイレもままならず、ただ車で走り回って

仕事をし、一日のノルマをこなすと、二人とも泥のように眠って

しまう始末です。
「誰でもできる仕事だから賃金が安い」と話す人を見たことが

ありますが、その誰でもできる仕事を誰かがしているから、人々の

暮らしがスムーズに進んでいくのであって、それが滞ったときの

不便さに想像力を働かせてほしい。

 

家族を想うとき
出典:IMDb

 

それでも楽しい時間もあり、ライザがお休みの日に、リッキーの

配送バンに乗ってお手伝いをすると、顧客がチップをくれるの

です。何分か車から離れるとスキャナーがアラーム音を出す

けれど、それも無視してサンドウィッチをほおばります。これは

後で「配送のバンに誰かを乗せていた」というクレームに

なって事務所に知らされるのですが。

 

家族を想うとき
出典:IMDb

 

またアビーへの夜の突然の呼び出しに、リッキーのバンで向かい、

アビーが仕事をする間、3人で大騒ぎをして楽しむのです。

こんな小さなことでも家族は笑い合えるのです。
ところがセブが学校で喧嘩をし、呼び出しがあったのに、仕事が

終わらずリッキーは校長に会えないまま、14日間の停学に

なったこと、さらにセブは万引きをして捕まり、リッキーは

仕事をキャンセルして警察に向かわなければならない羽目に

なります。家族の時間が必要であっても「やすめない」のです。

休むためには「代役」を自分で手配しなければなりません。

それができなければ「罰金」を支払う必要があるのです。

この蟻地獄のようなシステムは誰が考えたんだろう。要するに

便利、快適な生活を送ることに慣れた人々が、それを生み出す

ためにかなり多くの人々の犠牲を伴っていることを忘れてしまった

結果ではないでしょうか。
「前のような家族の戻りたい」
バラバラになりかけた家族の中でライザが涙ながらに訴えます。

さらにセブについても夫妻は彼の落書きのような絵を理解しようと

するのです。これで家族が再生していくかって?いや根本的な
問題は一つも変わっていないのです。ラストはそうするしかない

リッキーの姿に胸が締め付けられる思いでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM