ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ナイブズアウト

出典:IMDb

 

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」

原題:Knives Out

監督:ライアン・ジョンソン

2019年 アメリカ映画 130分

キャスト:ジェイミー・リー・カーチス

     アナ・デ・アルマス

     マイケル・シャノン

     クリス・エヴァンス

     トニ・コレット

     ダニエル・クレイグ

 

大作家かつ大富豪のハーロン・スロンビーが自らの

屋敷で喉をかき切った状態で発見される。警察は

自殺と判断するが、名探偵ブノワ・ブランのもとに

匿名の人物から捜査の依頼が舞い込み、彼は警察官と

ともに屋敷に住む人々の話を聞き始める...。


<お勧め星>☆☆☆半 豪華な顔ぶれと謎解きを楽しめ

ますが、そもそもの設定がありきたりなのが少し残念

です。


ボンドは寡黙でいてほしい


この映画に私立探偵役で登場するブノワ・ブラン役の

ダニエル・クレイグがとてもよくしゃべります。

「007」シリーズのように寡黙かつ華麗なアクションを

決め、カーチェイスだってばっちり楽しませてくると

いう立ち位置ではないんですね。
オープニングは最もありきたりパターンで、食事を運んで

行ったメイドがドアを開けると屋敷の主ハーロンの姿が

見えません。そうか、違う部屋ね、と次の部屋を膝で

押して開けると、ますメイドの顔がみるみる変わるのです。

もちろんそこに横たわっているのは喉を鋭いナイフで

掻き切った状態のハーロンです。前の晩85歳の誕生日

パーティーを家族で祝ったばかりなのに。

 

ナイブズアウト
出典:IMDb

 

さてこの出来事は一応「自殺」として扱われたんですが、

なぜか警察が事情聴取にやってきます。エリオット警部補と

ワグナー巡査のほかに後ろでピアノをポンと押す人物が

います。その人物は屋敷の住民の話を聞いていくうちに、

ここで終わりという時にポンと押すんですね。この人だれ?
屋敷にはこれまたよくあるパターンで、父親の財力に頼る

子供や孫が住んでいます。
1、次男ウォルト
ハーランの著作物の出版をすべて担っている。妻ドナと

ネオナチのジェイコブがいる。(ジェイコブのネオナチ

設定がいるのか、そもそもこの子は1度だけ役にたった

くらい)
2、長女リンダ
自ら立ち上げたブランドの社長をしている。夫リチャード

と息子ランサムがいる。(ランサム役はキャプテン・アメリカ

ことクリス・エヴァンス)
3、亡くなった長男の嫁ジョニ
長男ニールの妻であり、夫亡き後もこの家の財力に頼って

いる。娘メグは大学生。
4、ハーロンの母ワネッタ
この人幾つでしょう。ハーロンが85歳だから、少なくとも

100歳は越えてるはず。
5、メイドのフラン
6、ハーロンの看護師兼話し相手のマルタ

 

ナイブズアウト
出典:IMDb

 

警部補たちが1人ずつ事件の晩の様子を尋ねていきます。

しかし映像は実際に起きていたことを流し、当人の口からは

全く異なる言葉が発せられるのです。つまり嘘を言って

います。

ここでものすごくおかしい人がいて、マルタは嘘をつくと

「嘔吐」するという体質なのです。したがって絶対に嘘を

つけない人物とも言えます。この体質をなぜブノワは

知っていたんでしょう。
但し、嘘ではなく、事実だけを並べるのであれば「嘔吐」

はしないのです。事実を正しい順序で話せば、そこに抜け

落ちた事柄があったとしても普通にいられるんですね。
序盤は登場人物の紹介を兼ねての事情聴取シーンで、この

屋敷の住民が、ウルグアイからの移民であるマルタに対し、

全く偏見を持っていないように感じられます。ネオナチは

違うと思うけれど、発言しないので害はありません。また

屋敷内の豪華な調度品も目を楽しませてくれます。

特にロビーにある剣のオブジェは燦然と輝き、なぜか丸い

空洞があるというデザインです。
ところが「遺言書開封式」が行われると様子は一変するの

です。内容は予想通りですね。ここから欲にまみれた人間の

本心が現れていくのは本当によくあるパターンです。

 

ナイブズアウト

出典:IMDb

 

今まで親友のように付き合ってきたメグさえもマルタへの

態度が変わってしまいます。
ただここまででまだわからないのが、

「誰がブノワを呼んだのか」

です。そもそも彼を呼ばなければ、この事件は「自殺」で

片づけられたんですよ。それをなぜわざわざ細かな捜査を

させたがったのか。
マルタのもとに届く脅迫状やら、証拠品が保管されている

検視局への放火やら、限りなくのろいカーチェイスやら

(ほんの少しだけ)があった後に、ブノワの灰色の脳細胞が

全てを解明します。
知っていたらもっと早く動けよ!と思うけれど、それは

証拠や自白がないから無理なんでしょうか。マルタの

「嘔吐」癖が役に立つとは思わなかったので、そこは気分が

いいです。ただしストーリー的には目新しいものは感じられず、

現在のアメリカでの差別の状況と絡めるレビューもありますが、
そこまで深読みしなくてもいいと思う内容でした。

 

ナイブズアウト
出典:IMDb

 

南部訛りの英語を話すダニエル・クレイグの英語は、どこが

南部訛りだったんだろう。クイーンズイングリッシュじゃ

なかったんだね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM